FC2ブログ
2019年02月16日 [18:12]   2019年映画感想 | 映画 | アニメ映画感想 

コードギアス 復活のルルーシュを観てきました

コードギアスの劇場版4部作、最後の1本。
『コードギアス 復活のルルーシュ』を観てきました。

ここから先、結構ネタバレがいつになく多くなりますので、ご注意ください。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年02月02日 [08:18]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 日本 vs カタール

ACも決勝戦。
ここまで苦戦を続けながらも6連勝、ギリギリの勝利を繰り広げてきた日本は、準決勝で優勝候補筆頭のイランに快勝、見事に決勝まで駒を進めた。
対するカタールも、次のWC開催国として積極的に強化策をうって、今大会得点王をほぼ手中をしている19番ALIを筆頭に力を見せて、準決勝では開催国のUAEを大勝でくだしてきた。
史上最多のAC5度目の制覇を目指して、成長著しいカタールに対して王者の貫録で勝ち切って欲しい。

AFCアジアカップUAE2019 ノックアウトステージ
【M51】決勝 ザイード・スポーツ・シティ・スタジアム/36,776人
日本 1-3 カタール
(JPN) 南野拓実(69分)
(QAT) ALMOEZ ALI(12分)、ABDELAZIZ HATIM(27分)、AKRAM HASSAN AFIF(83分PK)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年01月29日 [06:05]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 イラン vs 日本

何だかんだで苦戦しながらも勝ち上がってきた日本。
その日本にとって最大の難関となる現アジア最高位のイラン。
ここまで、日本と対照的に相手を圧倒して勝ち上がってきている感があるイランを相手に、1点差ゲームを切り抜けてきた日本がどう戦うのか。
所謂、事実上の決勝戦とも言われる試合ではあるが、この試合で、日本の力が問われるとも言える。

AFCアジアカップUAE2019 ノックアウトステージ
【M49】準決勝 ハッザーア・ビンザイード・スタジアム/23,262人
イラン 0-3 日本
(JPN) 大迫勇也(56分、67分PK)、原口元気(92+分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年01月25日 [06:03]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 ベトナム vs 日本

難敵であるサウジアラビア相手に勝利をおさめてベスト8へと駒を進めた日本代表。
準々決勝の相手は、ヨルダンに勝ってきたベトナム。勝ったという事はベトナムの方が強いとなるが、日本にとってみれば、ヨルダンよりも組し易い相手。
とはいえ、成長著しい東南アジア勢の中でも、ここまで勝ち上がってきたベトナムは油断できる相手ではない。
おそらくイランとあたる事になる準決勝を視野に入れておいて、どう戦うか。

AFCアジアカップUAE2019 ノックアウトステージ
【M45】準々決勝 アルマクトゥーム・スタジアム/8,954人
ベトナム 0-1 日本
(JPN) 堂安律(57分PK)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年01月21日 [23:03]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 日本 vs サウジアラビア

2019年のACも、ここからはKS。
今回から1試合多くなっているが、このKS初戦の相手はサウジアラビア。
トータルでは勝ち越している相手ではあるが、直近の試合では敗れているだけでなく、スピードのある相手で日本にとっては、やり辛い相手。
相手のスピードを封じて、どうやって日本がペースを握るのか、課題のバランスが問われる試合。

AFCアジアカップUAE2019 ノックアウトステージ
【M40】R16 シャルジャ・スタジアム/6,832人
日本 1-0 サウジアラビア
(JPN) 冨安健洋(20分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年01月18日 [05:48]   アジアカップ | スポーツ | AC/UAE2019 

AFCアジアカップ2019 日本 vs ウズベキスタン

アジアカップのGSも最終節。
結果だけで言えば、グループFは順当にGS突破を決めた両チームの対決となった。
現在得失点差で日本を上回って1位につけているウズベキスタンに対して、正直、ここまでの2試合は、本調子ではないと言うべきか、苦戦を強いられている日本。
負傷者もあるが、それ以上に、チームのバランスが崩れている感があるが、この試合は、これまでと異なる選手起用で、その辺の修正方向を探るのか。

AFCアジアカップUAE2019 グループF
【M34】 最終節 ハリファ・インターナショナル・スタジアム/7,005人
日本 2-1 ウズベキスタン
(JPN) 武藤嘉紀(43分)、塩谷司(58分)
(UZB) ELDOR SHOMURODOV(40分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2019年01月14日 [17:27]   高校サッカー | スポーツ | 第97回高校選手権 

第97回選手権決勝 青森山田 vs 流経大柏

平成最後の高校サッカー王者を決める決勝。
勝ち上がってきたのは、ある意味、予想通りの両校か。
一昨年の優勝校、個人技と組織プレーを高レベルで融合して戦う青森山田。
昨年の準優勝校、堅守を軸にこの世代でもしかしたら最も勝ち方を知っているのではないのか流経大柏。
個人レベルでは、両校CBによる、高校No.1DFを決める戦いとも言える、4057校目の敗者と4058校の頂点を決める一戦。

第97回全国高校サッカー選手権大会
決勝【M47】 埼玉スタジアム2002/54,194人
青森山田(青森) 3-1 流通経済大学柏(千葉)
(青森山田) 檀崎竜孔(40分、63分)、小松慧(89分)
(流経大柏) 関川郁万(32分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。