2007年02月24日 [16:12]   Jリーグ | スポーツ | XSC/2007 

ゼロックススーパーカップ 浦和vsG大阪

昨年と同じカードのこの一戦。
昨年1年間は、このカードで始まり、この2チームが日本のサッカーを引っ張ってきた。

ゼロックスで浦和が勝ち、Jリーグで浦和の1勝1分、そして、天皇杯決勝は浦和が勝利。

今年1年を占う為にも、この1戦果たしてどちらが勝つのか?

G大阪は、チームの要宮本を、かたや浦和は、攻撃の基点である三都主を同じオーストリアのレッドブル・ザルツブルクへと移籍した。
しかし、G大阪はバレーを、浦和は阿部勇という今冬の大きな移籍の話題ももっていっただけに、本当に互角ですね。
でも良く考えれば、攻撃を志向するG大阪がバレーで、守備の浦和が阿部勇というのもチームの色らしいですね。

ゼロックススーパーカップ
浦和 0-4 G大阪
(G大阪) マグノ・アウベス(31分、67分、85分)、二川(42分)

↓Open.

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。