2010年10月12日 [22:07]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

国際親善試合 韓国 vs 日本

アルゼンチン相手に勝利と言う最高の滑り出しとなった日本代表。
2戦目は因縁の相手である韓国。
今年既に2度対戦して2度の敗戦、更に、先日は親善試合ではなく、肝心のU-19代表が韓国相手に負けて、2大会連続U-20WC出場を逃す事となった。
勝利よりも内容である事は確かだが、韓国の後塵をこれ以上拝するわけにはいかない。
内容のあるサッカーで勝って欲しい所だ。

国際親善試合
ソウルワールドカップスタジアム
韓国 0-0 日本

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年10月08日 [22:00]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

キリンチャレンジカップ2010 日本 vs アルゼンチン

弟分とも言うべきU-19代表は中国で、GLを3連勝で1位通過を決めた日、ザッケローニ監督の初陣となる対戦相手は、現世界最優秀選手であるメッシのいるアルゼンチン。
いつも親善試合でも、その時の全力を出してくれるアルゼンチンが相手ですから、日本にとって、これ程ありがたい相手はいない。
その相手に対して、新しい日本がどんなサッカーの片鱗を見せてくれるのか、そこに興味はつきる。

キリンチャレンジカップ2010
埼玉スタジアム2002/57,735人
日本 1-0 アルゼンチン
(日本) 岡崎慎司(19分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年10月01日 [01:19]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

キリンチャレンジカップ2010 日本代表メンバー発表

さて、ザッケローニ新監督就任後、ついに最初の代表戦。
そのメンバーが発表された。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年09月07日 [21:56]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

キリンチャレンジカップ 日本 vs グアテマラ

WC後、最初の代表戦であるパラグアイ戦は、サッカーとして非常に娯楽に満ちたものになっていた。
ザッケローニ新監督に対しても、良いイメージを与える事が出来たように思える。
興行中心の試合になってしまうが、それでも、今後のACに向けて、新しい日本代表メンバーとして、ザッケローニ新監督にどれだけ各選手がアピールできるのか?
中米のグアテマラは、初対戦なのかな?
何となくの印象ですが、中南米の相手は、とにかく本気で試合に挑んでくれるので、ホームの親善試合でも、日本にとっては、非常に良い練習にはなる。

キリンチャレンジカップ2010
大阪長居スタジアム/44,541人
日本 2-1 グアテマラ
(日本) 森本貴幸(12分、20分)
(グアテマラ) M.ロドリゲス(22分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年09月04日 [21:32]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

キリンチャレンジカップ 日本 vs パラグアイ

日本がベスト16まで進んだ南アWCから約2ヶ月。
次のブラジルWCに向けて、その前に、来年のACに向けて、新生日本代表最初の試合。
残念ながら、新監督決定が遅れたため、現在来日中のザッケローニ新監督はビザの都合でスタジアムからの観戦となるが、まずは、この9月の2試合で、南アで培ったものを取り戻しておきたい所だ。
多分に興行的だが、日本のベスト8を阻んだパラグアイが最初の対戦相手となる。

キリンチャレンジカップ2010
日産スタジアム/65,157人
日本 1-0 パラグアイ
(日本) 香川真司(64分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年09月01日 [00:19]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

日本代表監督、アルベルト・ザッケローニ氏に決定

WC終了から約1ヶ月半。
漸く、日本代表の新監督が決まった。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2010年08月28日 [02:28]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2010 

パラグアイ、グアテマラ戦メンバー発表

WC終了から約2ヶ月。
ついに、新しい日本代表の最初の戦いが始まる。
始まる・・・

・・・・・・

・・・始まらねぇ~

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。