2006年12月17日 [21:22]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

CWC インテルナシオナルvsバルセロナ

レーマンのPKメモに1億5000万円
特にCWCに関係は無いが、WC繋がりで。
1億5000万円って、ただのメモの筈だが…? っていっても、ドイツファンの余としてはちょっと欲しいかも…。
額に入れて飾ると言うところまではしない…いや、してたりして(^^;ゞ

ライカールト監督(バルセロナ) 決勝前日会見要旨(スポーツナビ)
インテルナシオナル 決勝前日会見要旨(スポーツナビ)
一発勝負、どちらが勝ってもおかしくないのは事実ですし、昨年も下馬評ではリバプール有利(今回のバルセロナ程ではないが)と言われていて、サンパウロが勝ったという事実ですからね。
ただ、バルセロナを押さえるのにロナウジーニョだけをどうにかすれば良いと言う訳ではない。
もしその程度でどうにかなるのであれば、ここまで来れるわけが無いのですからね。しかし、やはりロナウジーニョをどうにかしないと勝つのが厳しいのもまた事実。
どちらが、自分達のサッカーを出来るかが鍵ですね。


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
決勝 南米王者 vs 欧州王者
SCインテルナシオナル(ブラジル) 1-0 FCバルセロナ(スペイン)
(インテルナシオナル) C.アドリアーノ(82分)


↓Open.

Comment:5 | Trackback:2 | Edit | Page Top.↑

2006年12月17日 [18:18]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

CWC アルアハリvsクラブアメリカ

1週間に渡って繰り広げられたクラブワールドカップも今日で終了。
何度も言うように、この大会の意義自体は無いが、それでも思った以上に面白い試合が観れたのも、また事実。
お祭りとしては、面白かったと思いますよ。その裏で真剣勝負ならアジア大会で見れたからというのもありますけどね。
とはいえ、お祭りにも参加できず、真剣勝負にも加われない日本サッカーのレベルアップが必要だなと言うのは、心底感じましたがね。

TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
3位決定戦 アフリカ王者 vs 北中米カリブ王者
アルアハリ(エジプト) 2-1 クラブアメリカ(メキシコ)
(アルアハリ) アブトレイカ(42分、79分)
(クラブアメリカ) カバニャス(59分)


試合中にフォーメーション出すなって、試合の状況が観えない放送ってどれだけ迷惑だと思っている?
しかも、試合開始前に一度スタメン紹介しているんだからいらねぇ。
サッカーはフォーメーションでするものじゃないんだから、そんな事をする暇があれば、プレーしている選手が誰かを伝えろよ。
日テレは、サッカーを野球と勘違いしているのか? 確かに野球ならポジションや打順って重要だしなぁ。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月15日 [21:18]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

CWC 全北現代vsオークランドシティ

久々に面白い試合を観たという感じだった、バルセロナの試合でした。
テナ監督(クラブアメリカ) 準決勝後会見(スポーツナビ)
ライカールト監督(バルセロナ) 準決勝後会見(スポーツナビ)
テナ監督が言うように、バルセロナは完全に格上で、レベルが違ったと思う。ただ、それでもライカールト監督が改善点とあげている通り、序盤はバルセロナもバタついていた。そこをつくことができていれば、もう少し違った展開もあったかもしれない。
ただ、間違いなく言えることは、あの試合を面白くしていたのは、バルセロナだけでなく、クラブアメリカも非常に高いクオリティを見せてくれたおかげだと思う。

岩本輝雄(オークランドシティ) 5位決定戦前日談話(スポーツナビ)
何故か監督会見が記事になっておらず、岩本の談話のみがあったりしますが、それってどうなのでしょう?
個人的には、監督の会見結果も知りたいのだけど…。
内容を読む限りは、やはりこの試合で引退をするのだろうか? 明言しているようなしていないような感じですが…。
ただ、負傷の結果契約が出来ず、不完全燃焼だった感があったんだろうから、最後は悔いの残らないプレーを見せて欲しいところだ。
余としては、岩本の選手生命にピリオドを打つという意味で、意味のある大会であったとなって欲しいな。
って、何か大会の意味を考えないといけない大会ってどうなんでしょうね(^^;ゞ


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
5位決定戦 アジア王者 vs オセアニア王者
全北現代モータース(韓国) 3-0 オークランドシティ(ニュージーランド)
(全北現代) イ・ヒョンソン(17分)、キム・ヒョンボム(31分)、ゼ・カルロ(73分)


↓Open.

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月14日 [21:19]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

CWC クラブアメリカvsバルセロナ

個人的には意味の無い大会。
特に、最近ではTVをつければ欧州のサッカーを観れるわけで、レベルの高いサッカーを観ようと思えば、いくらでも観れる(それも、民放のようにレベルの低い放送ではなく、ちゃんとした実況と解説で)
確かに、実際の会場で生で観れる機会と言うのは良いのだが、会場が関東のみだしなぁ。観に行けるわけがない。

そう思っていたが、思った以上に面白い試合が観れている。昨日のアルアハリにしても南米王者のインテルナシオナルに対して決してひけをとっていなかった。

ジョゼ監督(アルアハリ) 準決勝後会見
ブラガ監督(インテルナシオナル) 準決勝後会見
お互いの監督が認めるとおり、どちらが勝ってもおかしくなかった。
ただ、アルアハリはミスから失点して敗戦。調子が悪いなりにインテルナシオナルは勝利をおさめた。
この違いが、レベルが上がってもまだまだ南米とアフリカとの力の差になるのかもしれない。

ライカールト監督(バルセロナ) 準決勝前日会見要旨
テナ監督(クラブアメリカ) 準決勝前日会見要旨
お互いの監督は、謙遜なのか、建前なのか、それとも本当にそう思っているのか、相手が有利と見ている。
ま、バルセロナ優勢は動かないだろうが、1発勝負の勝ち抜き戦では、どちらが勝ってもおかしくない。が、クラブアメリカに検討はして欲しいが、バルセロナに勝って欲しいのが、日本人の心理でしょうね(^^;ゞ


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
北中米カリブ王者 vs 欧州王者
クラブアメリカ(メキシコ) 0-4 FCバルセロナ(スペイン)
(バルセロナ) グジョンセン(11分)、マルケス(30分)、ロナウジーニョ(65分)、デコ(85分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月13日 [21:20]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

CWC アルアハリvsインテルナシオナル

さて、アジア大会は、イラクが韓国を1-0で破り、カタールがイランを2-0で破る番狂わせを起こした。
アジア大会決勝は、イラク対カタールになるとは、正直予想外。
因みに、この2チームはA組2位とE組2位…それってどうなの?
ただ、それ以上に、放送無いのかよ! 決勝は放送があるから良いのだが、分かり易いね。日本の試合じゃないと放送しない。

TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
アフリカ王者 vs 南米王者
アルアハリ(エジプト) 1-2 SCインテルナシオナル(ブラジル)
(アルアハリ) フラビオ(54分)
(インテルナシオナル) アレシャンドレ(前半23分)、L.アドリアーノ(72分)


↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月11日 [21:16]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

クラブワールドカップ 全北現代vsクラブアメリカ

さて、クラブWCも初日は、終わってみれば予想通りの結果。
ただ、ニュージーランドのアマチュア軍団であるオークランドシティもその体格差、フィジカルの強さを遺憾なく見せ付けた。
アフリカの選手を吹き飛ばすんですから、恐るべしですね。

ジョゼ監督(アルアハリ) 1回戦後会見(スポーツナビ)
ジョーンズ監督(オークランドシティFC) 1回戦後会見(スポーツナビ)
両監督が認めるとおり、前半はオークランドシティのプラン通りで、後半早々の得点でアルアハリがゲームを支配したと言えるだろう。
やはり、格下の方がゲームには入り易いのかもしれない。
その意味では、以降の試合でも同じ事が起こるかもしれない。そして、その前半でもし格下側が先制すれば、番狂わせも十二分にありえるだろう。
岩本は、5位決定戦には、もう少し早く出場できるかもしれませんね。


TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
アジア王者 vs 北中米カリブ海王者
全北現代モータース(韓国) 0-1 クラブアメリカ(メキシコ)
(クラブアメリカ) R.ロハス(79分)


↓Open.

Comment:2 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

2006年12月10日 [21:23]   サッカー | スポーツ | FCWC/2006 

クラブワールドカップ オークランドシティvsアルアハリ

FIFAがクラブ世界一を決めるための大会として、トヨタカップをベースに作り上げた、クラブチーム世界一決定戦。
今回から、クラブワールドカップの名を冠して、1週間の戦いが始まる。
前回は南米王者が世界一の栄冠に輝いたが、果たして今回はどこが勝つのか?

ただ、残念な事に、各チーム必ずしもベストメンバーが出場できているわけでは無いというところだ。

TOYOTAプレゼンツFIFAクラブワールドカップJAPAN2006
オセアニア王者 vs アフリカ王者
オークランドシティ(ニュージランド) 0-2 アルアハリ(エジプト)
(アルアハリ) フラビオ(51分)、アブトレイカ(73分)


↓Open.

Comment:0 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。