2013年12月14日 [19:34]   Jリーグ | スポーツ | Jリーグ/2013 

2013Jリーグアウォーズ

J1では広島が2連覇を達成し、ACL出場権は、横浜Mと最終節で横浜Mに勝った川崎Fが獲得。
J2ではG大阪が優勝、2位の神戸と1年でJ1復帰、POの結果、徳島が四国勢初のJ1昇格を果たし、JFLからは讃岐がJ2に上がってくる。
そんな1年を総括する、Jリーグアウォーズが発表された。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月11日 [22:37]   Jリーグ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1/2013最終節 結果と感想

ついに今年のJリーグも終了。
J1への昇格クラブ、ACL出場クラブ、そして、J1の優勝チームが決まった。
今年も最後の最後まで分からないシーズンになった。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月10日 [21:25]   浦和レッズ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1/2013 最終節 浦和 vs C大阪

今季のJ1も最終節。
4位浦和、6位C大阪ともに優勝の可能性は無いものの、共に勝てば、3位以内に入ってACLへの出場権を得る事が出来るだけに、勝つためのモチベーションは残している両チームの対決。

Jリーグ2013 Division1 最終節
埼玉スタジアム2002/54,905人
浦和 2-5 C大阪
(浦和) 原口元気(24分)、興梠慎三(72分)
(C大阪) 杉本健勇(40分)、南野拓実(46+分、86分)、柿谷曜一朗(53分、76分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月09日 [21:34]   鹿島アントラーズ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1/2013 最終節 鹿島 vs 広島

今季のJ1も最終節。
現在2位の広島は、勝つのが条件で、横浜Mが引き分け以下なら2連覇を決めることが出来る。
そして、3位鹿島は勝って、横浜Mが敗れ、その上で得失点差で9の差を超える事が出来れば優勝。
鹿島にとっては厳しい状況ではあるが、可能性を残した両チームの対決。

Jリーグ2013 Division1 最終節
県立カシマサッカースタジアム/26,897人
鹿島 0-2 広島
(広島) 石原直樹(35分、80分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月08日 [17:44]   京都サンガF.C. | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1昇格プレーオフ/2013 京都 vs 徳島

J1昇格プレーオフ決勝。
準決勝で6位長崎との戦いをスコアレスドローで終えて決勝に進んだ3位の京都。
同じく準決勝で、5位の千葉相手に1-1で引き分け上がってきた4位の徳島。
共に引き分けでの突破であるが、この決勝でどちらが勝つのか。
リーグ戦での直接対決では、1-2と1-1の徳島が1勝1分であり、分からない試合。

Jリーグ2013 J1昇格プレーオフ 決勝
国立競技場/23,266人
京都 0-2 徳島
(徳島) 千代反田充(39分)、津田知宏(43分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月07日 [17:48]   川崎フロンターレ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1/2013 最終節 川崎F vs 横浜M

今季のJ1も最終節。
現在首位、前節敗れてしまったが、勝てば文句なく優勝を決める事が出来る横浜M。
対する川崎Fも現在は5位だが、勝てば3位になる可能性を残している。
引き分け以下だと得失点差で優勝を逃す可能性がある横浜Mとしては、勝って優勝を決めたいが、難しい試合になる事は間違いない。

Jリーグ2013 Division1 最終節
等々力陸上競技場/20,151人
川崎F 1-0 横浜M
(川崎F) レナト(54分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年12月05日 [21:25]   Jリーグ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J1/2013第33節 結果と感想

J2はJ1への昇格プレーオフに入っており、J1も残り2節。
降格は既に3チームとも決まっている訳ですが、優勝争いは最後までもつれそうだ。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。