2013年05月17日 [21:43]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL2013 R16 全北 vs 柏

連年、Jリーグ勢の苦戦が目立つが、まさかの今大会は、1チームのみの突破となったGL。
その唯一GLを、グループHを無敗で首位通過した柏。
前回大会では、このラウンド16で、Jリーグ勢が全滅(GL敗退のG大阪を除く)
浦和、G大阪に続いて、柏にはACL制覇の為に、このまま無敗で駆け抜けて欲しい。
その為の、大事な初戦。

AFCチャンピオンズリーグ2013 ラウンド16
【M5】韓国・全州 全州ワールドカップ競技場/9,431人
全北現代(韓国) 0-2 柏(日本)
(柏) 工藤壮人(3分)、増嶋竜也(74分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年04月11日 [21:19]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL2013第4節 浦項 vs 広島

ACL第4節。
昨季のJリーグ王者も、ここまでグループ3連敗で最下位。
前節ホームで敗れた浦項相手に、勝たないとグループ敗退がほぼ決まるだけに、何が何でも勝たないといけない試合。

AFCチャンピオンズリーグ2013 グループG
【M8】第4節 韓国・浦項 浦項スティールヤード/5,882人
浦項(韓国) 1-1 広島(日本)
(浦項) ファン・ジンソン(67分)
(広島) 石原(62分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年04月03日 [21:26]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL2013第3節 広島 vs 浦項

ACL第3節。
ここまで大苦戦のJリーグ勢。
昨季王者の広島が2戦終って連敗中でグループG最下位。
グループ突破のためには、勝たないといけない試合。

AFCチャンピオンズリーグ2013 グループG
【M6】第3節 日本・広島 広島広域公園陸上競技場/5,365人
広島(日本) 0-1 浦項(韓国)
(浦項) ペ・チョンソク(18分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年03月13日 [21:13]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL2013第2節 浦和 vs ムアントンU

ACL第2節。
初戦、アウェーで広州相手に完敗、最下位スタートとなった浦和。
2戦目の相手は、初戦で全北現代相手に引き分けたタイ王者のムアントンU。
グループ突破のためには、ホームでは絶対に負けられない試合。

AFCチャンピオンズリーグ2013 グループF
【M3】第2節 日本・埼玉 埼玉スタジアム2002/23,246人
浦和(日本) 4-1 ムアントン・ユナイテッド(タイ)
(浦和) 柏木陽介(8分)、関口訓充(64分)、原口元気(69分)、OG(78分)
(ムアントン) ダグノ・シアカ(90分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年02月28日 [22:17]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL2013第1節 広州 vs 浦和

Jリーグ開幕よりも一足早く開幕したACL。
昨年、J1で3位の浦和は、アウェーで中国王者の広州との一戦。
ここ数年、ACLでは苦戦しているJリーグ勢としては、初戦に勝って勢いに乗っていきたい。
また、今年は開催国枠が日本ではないため、CWCに出るためにはアジア王者になるしかない。
元王者として、浦和には結果を期待したい。

AFCチャンピオンズリーグ2013 グループF
【M1】第1節 中国・広州 天河体育中心体育場/39,876人
広州恒大(中国) 3-0 浦和(日本)
(広州) LUCAS BARRIOS(16分)、MURIQUI(65分)、OG(91+分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年01月24日 [21:27]   ACL | スポーツ | ACL/2013 

ACL出場クラブに渡航費8割負担

ここ数年、ACLで勝てなくなっているJリーグ勢に対して、今年こそ王座奪回を目指して、Jリーグもバックアップに回る事にしたようだ。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。