2014年01月18日 [19:37]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回高校サッカーが終わって

史上初の北陸勢対決を制して、富山第一が初優勝して幕を閉じた第92回の高校サッカー。
今年は、カレンダーの関係で準決勝から1週空いたが、それが良い方向に出た気がしますね。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月15日 [21:20]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権優秀選手

第92回高校サッカー選手権大会は、史上初の北陸勢対決を延長の末の逆転勝利で、富山第一が初優勝で幕を閉じました。
その冬の選手権の優秀選手38名が発表されました。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月13日 [16:40]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権決勝 富山一 vs 星稜

国立最蹴章と銘打たれた第92回の高校サッカー冬の選手権も決勝。
現在の国立で最後の決勝を戦うのは、これまでの歴史の中で決勝のピッチに立った事の無い北陸勢対決。
どちらも名門校であり、そして、3度目の正直での初の国立決勝であり、どちらが勝っても初優勝。
国立の歴史に名を残すのは果たしてどちらか。

第92回全国高校サッカー選手権大会
決勝 【M47】 国立競技場/48,205人
富山第一(富山) 3-2 星稜(石川)
(富山一) 高浪奨(87分)、大塚翔(93+分PK)、村井和樹(109分)
(星稜) 寺村介(34分PK)、森山泰希(70分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月12日 [22:27]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権準決勝 星稜 vs 京都橘

今の国立での最後の大会で、ピッチに立つことができた4校による準決勝。
第2試合は、昨年の大会ベスト4で優勝した鵬翔にPK戦で敗れた石川県代表星稜。
対するは、昨年、同じく鵬翔にPK戦で敗れ準優勝となった京都府代表京都橘。
奇しくも、この両校が準決勝で顔を合わせ、決勝行を賭けた一戦となった。

第92回全国高校サッカー選手権大会
準決勝 【M46】 国立競技場/27,335人
星稜(石川) 4-0 京都橘(京都)
(星稜) 仲谷将樹(3分)、寺村介(52分PK)、原田亘(64分)、森山泰希(75分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月11日 [21:36]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権準決勝 富山第一 vs 四中工

ついに国立に登りつめた4校によって争われる準決勝。
第一試合は、ここまで、長崎総科、熊本国府、市立浦和、日章学園を破って勝ち上がってきた富山県代表富山第一。
対するは矢板中央、帝京第三、桐光学園、履正社をやぶってきた三重県代表四中工。
共にノーシードながら、冬の選手権ではおなじみの古豪同士の対決。

第92回全国高校サッカー選手権大会
準決勝 【M45】 国立競技場/22,228人
富山第一(富山) 2(5PK3)2 四日市中央工業(三重)
(富山一) 藤井徹(22分)、細木勇人(57分)
(四中工) 中田永一(44分)、井手川純(73分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月07日 [22:04]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権準々決勝 結果と感想

最後の国立へと後一つとなるベスト8。
この後、約1週間の中断が挟まれるので、ここで各校死力を尽くした戦いが観れる筈。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2014年01月06日 [21:46]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権準々決勝 星稜 vs 修徳

国立への最後の試合であるベスト8。
前回大会に引き続き国立を目指す星稜と初の国立を狙う修徳。
最後の国立のピッチに立つことが出来る4校のうちの1校は、果たしてどちらか。

第92回全国高校サッカー選手権大会
準々決勝 【M43】 駒沢陸上競技場/9,258人
星稜(石川) 0(3PK0)0 修徳(東京A)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。