2006年12月29日 [20:32]   サッカー | スポーツ | 第86回天皇杯 

天皇杯準決勝

G大阪が初優勝(時事通信)
高円宮杯U-15の方ですけどね。
まずは、トップチームに先駆けて、本日の午前中に国立で行われた試合でしたが、F東京にG大阪が勝ちました。
しかし、どうせなら、天皇杯のG大阪の試合を国立でやって、浦和と鹿島の一戦を静岡ですれば良かったのに…。
U-15のメンバーもトップチームの前でパフォーマンスを見せたかっただろうな。

FIFA最優秀選手は、カンナバーロではなくジダン?(スポーツナビ)
嘘ですよ(^^
スペインにもエイプリルフールみたいなのがあるらしいですね。
しかし、カンナバーロは笑えなかっただろうなぁ。

【第6回U-23カタール国際トーナメント(1/21~2/1@カタール・ドーハ)】U-22日本選抜メンバーおよびスケジュール

GK
佐藤 昭大 1986.08.30 184cm/73kg サンフレッチェ広島
林 彰洋 1987.05.07 192cm/83kg 流通経済大学
DF
河本 裕之 1985.09.04 183cm/66kg ヴィッセル神戸
石川 直樹 1985.09.13 180cm/73kg 柏レイソル
辻尾 真二 1985.12.23 180cm/73kg 中央大学
田中 裕介 1986.04.14 181cm/73kg 横浜F・マリノス
平岡 康裕 1986.05.23 182cm/65kg 清水エスパルス
福元 洋平 1987.04.12 181cm/68kg 大分トリニータ
MF
本田 拓也 1985.04.17 177cm/70kg 法政大学
高橋 義希 1985.05.14 170cm/67kg サガン鳥栖
菅沼 実 1985.05.16 173cm/69kg 愛媛FC
西山 貴永 1985.07.11 164cm/60kg 川崎フロンターレ
小椋 祥平 1985.09.08 175cm/64kg 水戸ホーリーホック
中山 博貴 1985.12.13 177cm/70kg 京都パープルサンガ
丹羽 竜平 1986.01.13 176cm/68kg ヴィッセル神戸
狩野 健太 1986.05.02 175cm/64kg 横浜F・マリノス
田 慎一朗 1986.12.06 177cm/65kg サンフレッチェ広島
FW
古部 健太 1985.11.30 180cm/73kg 立命館大学
萬代 宏樹 1986.02.19 184cm/71kg ベガルタ仙台
渡邉 千真 1986.08.10 180cm/75kg 早稲田大学


えぇ~っと、誰?
今回の選出の意図と大会の位置付けが良く分からないのだが?
この時期に、ほぼ全とっかえでメンバーを選ぶ事にどんな意味が? しかも、反町監督ではないし…。
以前から書いている通り、国内で1日2日の合宿をするとか、本気モードとなりにくい親善試合を組むよりも、お互い真剣勝負である公式戦をこそ本当の練習になる。
どうにも、練習のための練習をして、頑張っている、もしくはきっちり強化、準備をしていると勘違いしているように思える。
日本が練習と称している部分は、ただのウォーミングアップや本来は個人練習ですべき事じゃないのか? シュート練習とか、ドリブル、パス練習なんてさ。
何より、試合こそが練習である事を考えれば、前回のアジア大会やカタール国際の方が、新潟や神戸と練習試合をするよりも有意義だと思うんですけどね。

↓Open.

Comment:5 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月23日 [23:08]   サッカー | スポーツ | 第86回天皇杯 

天皇杯ベスト8 結果と感想

U19代表伊藤翔がグルノーブルへ(日刊スポーツ)
先日の宮本や三都主に続いて、海外移籍の話題は、中京大中京の伊藤翔。
今年の高校サッカーは、世界トレンドと異なるかのように、野洲の乾を初め攻撃陣の駒が目白押し。
ざっと思いつくだけでも、静岡学園の杉浦とか滝川二の金崎、国見の田中といる。
その筆頭として、乾と分けるのが伊藤翔でしょうね。
U-19代表ではほとんど出番が無かったが、平山と同じくJリーグを飛び越えて海外へ。
実現すれば、面白いが、平山のように中途半端で追い返されないようにして欲しい。フランス二部は、パスサッカーなリーグ・アンと異なり、当たりの強いサッカーが主体。
そこで、それまで当たりの弱く、無駄にボールを持つ癖のあった松井が強く、そして効果的な球離れをできるようになった。しかし、大黒はそのフィジカルの強さの前に良さを発揮する事が出来なかった。
伊藤翔のプレースタイルがスピード主体だが、それに強さが加われば、日本を代表するストライカーへの一歩となる。
頑張って欲しい。
……若手育成では、やはり日本に居るより良いかも知れないが、外国籍という使い捨ての駒なだけに、どこまで育成に力を尽くしてもらえるか、それだけが不安です。

天皇杯ベスト8
浦和(J1) 3(10PK9)3 磐田(J1)
甲府(J1) 0-2 札幌(J2)
G大阪(J1) 3-1 横浜M(J1)
鹿島(J1) 3-2 清水(J1)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年12月09日 [21:01]   天皇杯 | スポーツ | 第86回天皇杯 

J1・J2入替戦、天皇杯五回戦 結果と感想

Jリーグが終了しても、基本的にサッカーは年中必ず試合がある。
J1は浦和が優勝、その浦和だが、監督交代に加えて、何人かの選手が、不確定だが、海外よりオファーがあるようだ。

ボルトンが三都主獲得へ動く?
昨季まで中田英がレンタル在籍していたボルトンかぁ…。
三都主が行くなら、オランダとか面白いと思うんだけどな。ま、イングランドも良いかもね。
浦和エスクデロが日本国籍取得へ
もし本当に国籍をとって、浦和のメンバーが今季のまま残れば、来季は外国人6人かぁ。
浦和の競争率高くなるなぁ。ただ、U-20にしても、浦和にしてもFWの枚数はあるんだよな。それもタイプが違うのが…。
個人的には、中盤に1人選手が欲しいところ、いや、乾がこちらに来れば良いんだが、出来れば、彼には上でやって欲しいところでもある。

入れ替え戦 東平尾公園博多の森球技場
福岡 1-1 神戸
(福岡) 布部(84分)
(神戸) 近藤(60分)


先に神戸で福岡を0点で抑えたので、アウェーゴールという有利な点が出来た神戸が、それを活かして勝利。
福岡の方が有利かと思ったんですけどね。
前半は、前の試合と同じく、失点を警戒して詰まらないというか、躍動感の無い試合。
しかし、後半神戸が先制点をあげた後、一気に試合が加速。アウェーゴールがあるので、福岡は2点取らないといけない。
FWの枚数を増やして、攻勢を仕掛け、逆に神戸はカウンターを狙うものの攻撃に枚数をかけないのでシュートまではいけない。
ただ、福岡の猛攻も神戸が全員身体を張って守る事で得点を許さない。
同点にして、更に勢いづく福岡。ロスタイムには、福岡の連続シュートをDFが身体を使ってかきだす。
ラストの攻防は本当に面白かった。最後は、落ちるのを防ごうとする福岡と上がろうとする神戸の勢いの差かな?
これで、神戸が1年でJ1復帰を果たした。
逆に、昨年上がってきた京都と福岡が一緒にJ2落ち。しかし、この2チーム因縁あるよなぁ。

とにかく、神戸J1復帰おめでとう!

↓Open.

Comment:2 | Trackback:1 | Edit | Page Top.↑

2006年11月08日 [21:11]   サッカー | スポーツ | 第86回天皇杯 

天皇杯4回戦の結果とドイツWCの検証

ナビスコカップの影響もあって、鹿島と千葉が本日天皇杯4回戦を戦った。
ただ、観ていない試合の方が圧倒的に多いというよりも、今日の千葉と札幌の試合しか観ていないので、感想はざっくりとだけ。

それよりも、漸くサッカー協会がドイツWCでの検証結果をマスコミに発表したそうだ。
10日にDVDとセットで報告書が発売されるようだ。

浦和レッズ(J1) 5-0 静岡FC(静岡)
アビスパ福岡(J1) 1(4PK3)1 京都パープルサンガ(J1)
ジュビロ磐田(J1) 1(9PK8)1 柏レイソル(J2)
ガンバ大阪(J1) 2-1 湘南ベルマーレ(J2)
サンフレッチェ広島(J1) 3-0 セレッソ大阪(J1)
川崎フロンターレ(J1) 3-0 サガン鳥栖(J2)
アルビレックス新潟(J1) 2-0 徳島ヴォルティス(J2)
大宮アルディージャ(J1) 2-1 YKK AP(富山)
名古屋グランパスエイト(J1) 1-0 ベガルタ仙台(J2)
清水エスパルス(J1) 6-4 栃木SC(栃木)
FC東京(J1) 7-0 バンディオンセ神戸(兵庫)
大分トリニ-タ(J1) 4-1 ザスパ草津(J2)
横浜F・マリノス(J1) 1-0 愛媛FC(J2)
ヴァンフォーレ甲府(J1) 3-2 モンテディオ山形(J2)
鹿島アントラーズ(J1) 4-0 Honda FC(JFL)
ジェフユナイテッド千葉(J1) 0-1 コンサドーレ札幌(J2)

調整失敗、初戦敗戦で暗転 日本協会がW杯敗因を分析

↓Open.

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年10月08日 [22:30]   天皇杯サッカー | スポーツ | 第86回天皇杯 

天皇杯3回戦 結果と感想

天皇杯3回戦が終了。
ここで、シードのJ2チームが参戦。
普段、J2にしろJFLにしろ観ていないので、各チームどんな試合をするのか分からないが、どんなサッカーを見せてくれるか楽しみです。

札幌 3-1 新日鉄大分
ホンダFC 1-0 高知大
愛媛FC 2-0 びわこ成蹊スポーツ大
烏栖 4-3 立命大
山形 6-2 三菱自動車水島
湘南 4-1 関大
草津 3-0 FC岐阜
徳島 4-1 宮崎産業経営大
バンディオンセ神戸 1-0 横浜FC
栃木SC 1-0 東京V
仙台 1-0 ロッソ熊本
静岡FC 1-0 水戸
YKK AP 4-2 神戸
柏 3-0 法大

↓Open.

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。