2016年11月23日 [09:14]   Jリーグ | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016最終節他 結果

ついにJ2とJ3も最終節。
まだ、POや入れ替え戦などもありますが、一旦、今季のJリーグは、これで全て終了。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月22日 [09:11]   セレッソ大阪 | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016 最終節 C大阪 vs 熊本

J2もついに最終節。
既に今季のJ2で4位に確定、後は、POでどう勝ちあがるのかを考えての戦いになるC大阪。
中盤以降なかなか調子が上がらず、中位から下位に低迷してしまった15位熊本。
どちらもモチベーションの難しい試合。

Jリーグ2016 Division2 最終節
キンチョウスタジアム/11,452人
C大阪 1-0 熊本
(C大阪) 杉本健勇(80分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月21日 [09:05]   松本山雅FC | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016 最終節 松本 vs 横浜C

J2もついに最終節。
前節、町田に敗れてしまって3位へと落ちてしまった松本。
既にPO圏内への進出も無くなった8位の横浜C。
2位の清水とはまだ勝点で並んでいるので、松本としては自動昇格の為に絶対に勝たないといけない試合。

Jリーグ2016 Division2 最終節
松本平広域公園総合球技場/19,632人
松本 3-2 横浜C
(松本) 高崎寛之(48+分PK、50分)、三島康平(82分)
(横浜C) 野崎陽介(9分)、西河翔吾(54分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月19日 [09:00]   Jリーグ | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016第41節他 結果

J1は既に終わったが、J2も残り2節となる第41節、そして、J3も残り2節となる第29節。
昇格と降格に向けて残り僅かの正念場。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月15日 [09:24]   京都サンガF.C. | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016 第41節 京都 vs 愛媛

J2も残り2節となる第41節。
PO圏内を確保、後は、6位に落ちず、上手く2連勝で4位のC大阪を超えたい5位京都。
既にPO圏内も無ければ、降格も無い10位の愛媛。
どちらも少々モチベーションに欠けるかもしれないが、京都にとってはホーム最終戦は勝って終えたい所。

Jリーグ2016 Division2 第41節
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場/7,193人
京都 0-1 愛媛
(愛媛) 瀬沼優司(69分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月08日 [08:51]   アルビレックス新潟 | スポーツ | Jリーグ/2016 

J1/2016 第34節 新潟 vs 広島

J1最終節。
ここ5試合1勝4敗、何とか残留圏にいるが、16位名古屋と勝点で並ぶ15位新潟。
昨季の強さを失い、前節で何とか連敗を3で止めたが、結局6位と優勝争いに絡めなかった広島。
新潟としては、勝てば得失点差から残留が決まるが、負けると降格の可能性があるだけにとにかく勝ちたい試合。

Jリーグ2016 Division1 最終節
デンカビッグスワンスタジアム/27,081人
新潟 0-1 広島
(広島) ピーター・ウタカ(21分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2016年11月07日 [08:41]   名古屋グランパス | スポーツ | Jリーグ/2016 

J1/2016 第34節 名古屋 vs 湘南

J1最終節。
ここ5試合を2勝1分2敗として、何とか残留しようとしているが、しかし、まだ16位と降格圏の名古屋。
17位が既に確定して、降格が決まっている湘南。
残留に向けて、絶対に勝たないといけない名古屋の一戦。

Jリーグ2016 Division1 最終節
パロマ瑞穂スタジアム/18,474人
名古屋 1-3 湘南
(名古屋) シモビッチ(50分PK)
(湘南) 山田直輝(6分、60分)、高山薫(37分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。