2011年02月02日 [00:28]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AC2011総括3 課題とこれから

ACの総括の第三弾にして、一旦最後。
ここまで、大会の結果の評価、そして、ザッケローニ監督の采配についてを書きましたが、最後に、やっぱり、今大会にあらわれた課題とかをまとめておきたい。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年02月01日 [01:15]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AC2011総括2 ザッケローニ監督の評価

ACの総括の第二弾。
先日のエントリーで、優勝した事による、今後の日本サッカーについて言及した。
次は、少し内容に突っ込んで、今回、絶賛されているザッケローニ監督の采配について語りたい。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年01月31日 [00:31]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AC2011総括1 結果の評価

日本が史上最多4度目の優勝で幕を閉じたAC2011カタール。
アジア全体のレベルアップもあって、非常に苦戦した大会だったものの、優勝という最高の結果を残した。
結果を出した以上は、この後も結果を出し続けるために、今大会をどう評価し、総括し、そして、次にどうするのかを考えていかないといけない。
AC優勝は見事な結果だった。
ただ、ここで終わりではなく、この瞬間から、次のブラジルWCへの結果を出すために、そして、2050年に向けて、次のスタートを切っている。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年01月30日 [02:48]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AFCアジアカップ2011 オーストラリア vs 日本

ついに第15回目のACも最後の決勝。
若い選手が多く、負傷者も多く、更には主審の笛にも悩まされて、日本が一大会で2人も退場者を出すと言う異常事態の大会であったが、それでもついに決勝進出。
2004年以来のアジアでトップになる4度目の優勝を目指して、そして、日本の強化のためにCC出場のためにも優勝しなくてはならない。
その決勝の相手は、準決勝の韓国とは別の意味で因縁の相手であるオーストラリア。
AFC所属だが、アジアの一国じゃないオーストラリアにACを渡すわけにもいかない、何が何でも優勝するべき戦い。

決勝の相手がウズベキスタンじゃなくて良かった。
おかげで、決勝の主審はアジアNo.1のIrmatov氏になりましたからね。

AFCアジアカップ2011カタール
M32 決勝 ハリーファ国際スタジアム/37,174人
オーストラリア 0(Ex)1 日本
(日本) 李忠成(109分)

↓Open.

Comment:2 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年01月29日 [02:10]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AFCアジアカップ2011 ウズベキスタン vs 韓国

アジアカップも残すところ、後2試合。
先に行われるのは、3位決定戦。
オーストラリア相手に、いい勝負をしていたものの退場者を出して一気に集中が切れ、終わってみれば6失点の大敗を喫したウズベキスタン。
そのオーストラリアとはGLで対戦し引き分け、今大会ここまで唯一オーストラリアから得点を奪っており、日本戦もギリギリで追いついたもののPK戦の末、敗退した韓国。
オーストラリアで行われる次回大会に関して、予選免除がオーストラリアの決勝進出でどうなるか不明だが、確実をきっするために3位に入っておきたい両チーム、力でいえば、互角だと思えるだけに面白い試合も期待。

AFCアジアカップ2011カタール
M31 3位決定戦 アル・サッドスタジアム/8,199人
ウズベキスタン 2-3 韓国
(ウズベキスタン) GEYNRIKH(45分PK、53分)
(韓国) 具滋哲(18分)、池東源(28分、39分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年01月27日 [01:02]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AFCアジアカップ2011 ウズベキスタン vs オーストラリア

アジアカップ準決勝。
第1試合で、今大会初のPK戦まで行われた激闘は、日本が勝利。
その日本と決勝の舞台を戦うのは、共にベスト4初進出の両チーム。
ソ連から分離し、WC出場のためにAFCに所属、ただ、長らく力を発揮できなかった眠れる獅子と言うべきか、ポテンシャルはあるだろうが、結果が残せなかったウズベキスタンが、多少組み合わせに恵まれたとはいえ、ここまで勝ち上がってきた。
そして、前回大会からAFCに所属、初めての大会ではベスト8、そして、今大会はベスト4に駒を進めたオーストラリア。
初の決勝進出をするのは、どちらか?

AFCアジアカップ2011カタール
M30 準決勝 ハリーファ国際スタジアム/24,826人
ウズベキスタン 0-6 オーストラリア
(オーストラリア) KEWELL(5分)、OGNENOVSKI(34分)、CARNEY(65分)、EMERTON(74分)、VALERI(82分)、KRUSE(83分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2011年01月26日 [01:25]   アジアカップ | スポーツ | AC/カタール2011 

AFCアジアカップ2011 日本 vs 韓国

アジアカップも準決勝。
次回大会がオーストラリアで、開催国になるオーストラリアがベスト4に残っていることで、もしかしたら、このベスト4は全て予選免除の可能性はあるが、確定ではないですし、何より日本が成長するためには、優勝してCCへの出場が大切。
その意味では、どこが相手でも負けられないのですが、しかし、韓国と言う相手は、やはり日本にとって避けては通れない道。
若手主体にしてきた両チーム、そして、お互いにCBが出場停止、五分の戦いで、日本は韓国を叩き潰せるか?

AFCアジアカップ2011カタール
M29 準決勝 アル・ガラファ・スタジアム/16,171人
日本 2(3PK0)2 韓国
(日本) 前田遼一(36分)、細貝萌(97分)
(韓国) 寄誠庸(23分PK)、黄載元(120分)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。