2013年02月21日 [21:53]   PS4 | ゲーム | ゲーム全般 

PlayStation 4の正式リリース発表

2013年2月21日、任天堂のWii Uに続く、次世代ゲームハード「PlayStation 4」の情報をソニー・コンピュータエンタテインメントが正式リリースを発表した。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2013年01月11日 [05:07]   感想 | ゲーム | ゲーム全般 

2012年の個人的なゲームの感想

たまには、オタクらしく、2012年にやったゲームの感想なって書いてみようかと。
ま、暇つぶしにつらつら考えていた事を文書化してみようかと。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2009年06月03日 [21:15]   ニュース | ゲーム | ゲーム関連 

Wii成功にあやかる

アメリカはロスで、E3が始まった。
それぞれ、今年の年末商戦に向けた、各メーカーの戦略を知る事が出来る場所。
今年は、果たしてどう動くのか?

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2008年01月12日 [22:26]   ゲーム | ゲーム | ゲーム全般 

Wiiを購入した今、PS3を考える

サッカーを中心にしている当ブログですが、本日はサッカーではなく、ゲームについて書いておきたいと思います。
昨年末に、発売から1年経ったこともあって、漸くWiiを購入したのですが、その際に、PS3が新しい40GB版が出て安くなっていたのですが、買う気がしなかった、何故だろうという事を少し考えて見たい。

↓Open.

Comment:3 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2007年03月12日 [22:13]   ときメモ 

ときめきメモリアルONLINE サービス終了

3月と言えば別れの季節。
あちこちの学校では、卒業式が行われて、それぞれ学校を卒業して次の道へと進んでいく。
また、来週には、終業式もあり、学年が変わる事で別れる人も出てくるでしょう。

さて、そんな中で先週余の下に1通のメールが届きました。

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年11月11日 [17:30]   今日は何の日!? | ニュース | ゲーム全般 

PS3発売

本日、世界に先立って、日本でPlayStation3が先行発売されました。
次世代CPU「セル」や次世代DVD「ブルーレイ・ディスク」を搭載した話題の次世代機だが、下位機種が4万9980円、上位機種がOPEN価格ながら、本日の状況ではおよそ6万円ほどの価格設定と非常に高価。

また、ブルーレイ再生機の開発の遅れから初期8万台のみの発売になってしまった。
どうなることかと思ったが、蓋を開けてみれば、予約と当日発売で、本日15時段階では、ほぼ売り切れたようだ。


いよいよ発売前夜!--PS3を転売する中国商人が日本の小売店に集結か(CNET Japan)
PS3、日本で先行発売 初回出荷8万台か、一部混乱も(asahi.com)
So-net 、「プレイステーション 3」向けにHD映像ダウンロードサービスを無料で提供(CNET Japan)
PS3発売に盛り上がる、ヨドバシカメラマルチメディアAkibaで、SCE佐伯雅司氏に聞く(CNET Japan)
フォトレポート:PS3発売の熱気に包まれる秋葉原--ヨドバシカメラに2000人の行列(CNET Japan)
PS3発売に1000人が列--ビックカメラ有楽町店の様子をレポート(CNET Japan)

↓Open.

Comment:0 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

2006年09月22日 [21:44]   ゲームショー | ゲーム | ゲーム全般 

東京ゲームショー2006 開幕

日本最大=世界最大=おそらく太陽系最大
そんな東京ゲームショーも本日の開幕で10年を数えるようになりました。
ただ、千葉幕張メッセで行われるゲームショーに行った事は一度も無いんですけどね。

東京ゲームショウ2006開幕直前! 主な見所を紹介
これは、昨日の記事ですが、今回は、当初から予想の通り、PS3が話題の中心となっているようです。
元々、独自路線を行っている任天堂はゲームショーへの参加をしていませんが、やはりPS3、Wiiと既に発売しているXbox360という次世代機の戦いでしょうね。

【東京ゲームショウ2006】PS3を電撃値下げ,廉価版にHDMIを付けて税込み4万9980円に
【東京ゲームショウ2006】あり余るCPUパワーと巨大ネットでPS3ゲームは現実を作り出す---久多良木氏が夢を語る
プレステ3はWeb 2.0の理念を踏襲する--久夛良木氏が語る未来像
そんな中、本日の目玉は、そのソニー・コンピュータエンタテインメントの久夛良木社長の基調講演ではないでしょうか。
内容に関しては、夢を見ているなという気もするが、元々ゲームというもの自体が、夢の一つであるといえます。
また、PS3自体が恐ろしくハイスペックであることは言うまでもありません。
その意味で、確かに面白い未来図であると言えます。

そんな中、基調講演後の質疑において、PS3の価格を下げることを発表されました。
これには、単純には、WiiやXbox360の低価格化に対して、3倍ほどの値段差があっては勝負にならないという事でしょう。

多様性に対応できるものだけが生き残る--スクウェア・エニックスの危機感
以前は、あるゲームソフトをやりたいから、それをするためのゲーム機を買う。
例えて言えば、DQやFFをしたからPSを購入すると言った感じ。
しかし、現在は、所謂大作ソフトと呼ばれるものと言えども、そこまでの購買欲求を起こさせることができない。
もしDQをするために6万だしてPS3をしないといけないのだとすれば、2万だして、Wiiを購入して別のRPGを買うだろう。
また、携帯を弄る機会が多い人や、携帯で遊ぶ事が多ければ、わざわざゲーム機を購入してまでゲームをしようとはしないであろう。
結果、ソフトを開発する側としても、購入するユーザが多くいるところにキラーソフトを出す。
つまりは、ソフトを出すからそれが出来るハードを買うのではなく、ユーザが持っているハードにソフトを出さざるを得なくなる。

結果的にどれだけのユーザをハードメーカは確保できるか?
今現在のPS2が一番ユーザを確保しているだろう・・・。
しかし、数年後PS3が一番であるか分からない、いや、あまりに他との価格差がありすぎると、単純に不利になるだろう。
それで価格を下げざるを得なかったというところでしょうね。

さて、今回のゲームショー、果たして勝者は誰になるか。
面白いのは、各ソフトメーカが全て携帯コンテンツに興味を示していること。
終わってみれば、3社共倒れの、携帯電話の勝利となるかもしれませんね。


↓クリックしてくれると嬉しいです。
ブログランキング FC2ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Comment:4 | Trackback:0 | Edit | Page Top.↑

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。