2012年09月21日 [04:48]   セレッソ大阪 | スポーツ | Jリーグ/2012 

J1/2012 第25節 C大阪 vs 名古屋

J1第25節。
ここ5試合を3勝1分1敗、残留争いの14位ながら、前節からクルピ監督に交代して、勝利をおさめたC大阪。
ここ5試合を3勝2敗、若干ACL出場権に距離があるものの、まだまだ優勝も狙える6位の名古屋。
雷雨の為に開始が1時間以上遅れたものの、両チームとも残留、優勝を考えると、絶対に勝点3が必要な試合。

Jリーグ2012 Division1 第25節
大阪長居スタジアム/24,544人
C大阪 0-2 名古屋
(名古屋) 田口泰士(38分)、ケネディ(68分)
ホームC大阪のスタメンは、21 キム・ジンヒョン、20 高橋大輔、3 茂庭照幸、4 藤本康太、14 丸橋祐介、7 シンプリシオ、2 扇原貴宏、6 山口螢、13 柿谷曜一朗、16 枝村匠馬、9 ケンペスの4-2-3-1。
負傷離脱していた茂庭照が復帰。
アウェー名古屋のスタメンは、1 楢崎正剛、32 田中隼磨、22 ダニエル、4 田中マルクス闘莉王、6 阿部翔平、28 田口泰士、8 藤本淳吾、20 ダニルソン、18 永井謙佑、16 ケネディ、25 金崎夢生の4-1-2-3。
漸く負傷離脱していたケネディがスタメンに復帰してきた。

名古屋完勝
立ち上がりから名古屋が優勢に試合を進めていくが、C大阪もキム・ジンヒョンの好セーブによって、名古屋の攻撃を防ぐが、38分、左サイドで得たFKで壁を巻くようにファーサイドへと蹴った田口泰のキックに、ニアサイドで飛び込んだ闘莉王がGKに対するブラインドとなって、そのままゴールに吸い込まれ名古屋が先制。
C大阪も何度かサイドからの攻撃でシュートまで行くが決定機自体は、ほとんど無い状況。
後半に入ると、更に名古屋ペースが進んで、68分には、自陣から一気に前線に入れたボールをC大阪のDFがクリアしきれず、永井謙が拾うと、そこから藤本淳に預けると、藤本淳は素早くゴール前に流す、これにファーサイドでケネディが合わせて押し込み名古屋が追加点を奪う。
その後もC大阪は攻めきる事が出来ず、名古屋が勝利。

雨を味方につける
試合開始直前の雷雨によって、開始が遅れた試合だったが、その結果を味方につけたのは名古屋だったように思える。
C大阪は、パスを繋いでやドリブルで仕掛けたい所だったが、雨の影響でボールをコントロールし辛かったように思える。
それに対して、名古屋はやはり高さのある選手があって、シンプルなプレーをしてきた事で、雨のピッチを味方に付けたように思える。
事実、先制点のシーンは、放り込むと見せかけて、雨のピッチで滑るボールを利用したシュートを狙ってきたわけですから、それに対するC大阪もサイドを利用して攻めようという意図は観えましたが、ミスが目立ったのも雨の影響だったように思える。
こういう豪雨だったり、雷雨で気持ちが切れる部分もあるかもしれないが、そういう状況下で、どうやってその状況を味方につけるか、この試合は、何よりもそれが大きく試合の内容の差になったように思える。

守備から攻撃
今の名古屋の守備はきっちりとブロックが出来ている。
CBのダニエルと闘莉王の強さは言うに及ばず、そこに、田口泰が前に入って、ここでコースを切る、絶妙なポジション取りでの守りで相手の縦のパスを入れさせない嫌な守備を出来ていて、そこから藤本淳やダニルソンが挟み込んで潰す、これによって、C大阪の攻撃は前線の3シャドーとCHの部分で分断されてしまった。
そういう守備の安定が、前線の思い切りの良い攻めを生んでいる。
また、最終ラインのダニエルと闘莉王は共に展開力もあって、田口泰もテクニックのある選手ですから、後ろから一気に前線へと繋ぐことが出来る事も大きい。
2点目のシーンは、自陣でのFKで、ダニエルが一気に前線に放り込んだボールに対して、相手DFが処理できないボールを蹴る事が出来た部分が大きい。
こういう守備から攻撃へと展開する力が、今の名古屋の強さの要因になっていると言えるだろう。

受け身になったC大阪
なかなかこの試合では思い通りボールを繋げず、攻める事が出来ない中で、名古屋の攻撃に押し込まれて受け身な展開になってしまった。
前半は、それでも、シンプリシオが上手くカバーしながら、GKのキム・ジンヒョンの好セーブもあり守備が頑張って、そこからサイドへと展開してチャンスを作る場面もあったが、やはり3シャドーが思い通り機能しなかった事が、それこそC大阪らしいサッカーを出来なかった要因だろう。
後半には、杉本健を入れて、雨の中でのサッカーとして前線に高さを加えて行くが、ここで思い切った放り込みが出来なかったのと、そこへのカバーと言う形での連動性が無かった事、クルピ監督への電撃交代となった監督交代劇から時間が経っていないという事もあって、チームとして、サッカーの修正できていないという事だろう。
残り試合の中で残留しているとすれば、短期的にクルピ監督のサッカーが出来るようになる必要があるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。