2012年10月03日 [04:51]   FIFA U-17 World Cup | スポーツ | U-17/UAE2013 

AFC U-16選手権2012

4大会連続のU-17WC出場を目指す、96年生まれの日本代表で、96ジャパンと呼ばれるU-16日本代表。
見事に、準々決勝でシリアを倒して、4大会連続のWC出場を決めた。
風邪をひいたので、今日は簡単に。

今大会、出来れば見たかったのですが、関西では、CS放送しか無くて・・・
結果として、出場を決めた事は非常にめでたい。
前回の代表もそうですが、以前の所謂プラチナ世代と呼ばれたメンバーのような突き抜けたような選手は、あまり聞かなくなりましたが、全体としてバランスよくレベルが高いという事でしょうかね。
後は、今回も彼らを率いている吉武監督の手腕と言うのも大きいのかもしれませんね。
どうせなら、このまま持ち上がって行って、五輪代表監督もつとめても面白いし、どういうチームを作るのか楽しみでもありますね。

16歳と言うと、基本的な日本の学校の仕組みとして、どうしても中学から高校に上がる部分で、経験不足と言うか、1年生は試合に出れなくて、試合勘を失うという事があって、過去には、この世代はアジアを勝ち抜くのは苦戦していたのですが、Jリーグが軌道に乗って、ユース以下の育成が回りだした事もあって、今回の代表メンバーも大半がクラブユース所属。
クラブだって、ユースに上がるなどして、狭間でもあるのですが、それでも、学校のように環境が変わるという事もないですから、その意味では、この世代の持ち味を出せるという事でしょうね。

今回のWCは、UAEでの大会で、奇しくもアジア代表は、日本を除いて全て中東・・・もとい、ウズベキスタンは中アジアでしたかね。
とはいえ、アジア開催の大会になりますし、U-17WCでも結果を出していきたい所。
その前に、イランで行われている今のU-16選手権で優勝を狙って欲しいかな。

後は、本大会までの1年ちょっとの期間、目標を持って成長して欲しい所ですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。