2012年10月13日 [07:22]   サッカー日本代表 | スポーツ | A代表/2012 

国際親善試合2012 フランス vs 日本

ザッケローニ監督になって初めての海外遠征。
ここまでWCアジア最終予選では、他を圧倒した結果を出してきているが、ここから先、WC本大会を視野に世界レベルでの代表を考えるのであれば、欧州での試合は重要。
個々の選手では、欧州で戦っているものが増えているが、日本代表として、どうか?
フランスを相手に日本のサッカーを出せるか。

国際親善試合2012
フランス スタッド・ド・フランス
フランス 0-1 日本
(JPN) 香川真司(88分)
日本のスタメンは、こんな感じ。
国際親善試合2012フランスvs日本
岡崎慎は負傷で招集されず、前田遼と伊野波が既に負傷で選手が入れ替わっており、前情報の通り本田圭が足を痛めていて出場できず。
これまでの序列通り、岡崎慎の代わりは清武弘、前田遼の代わりはハーフナーが、本田圭の代わりに中村憲が出場。
また、内田篤や駒野友ではなく、右SBには酒井宏が起用されてきたが、日本はベースをいつも通りで挑んできた。

前半
日本のキックオフで試合開始。
立ち上がりからフランスが優勢に試合を進めて、開始15分で、4回のCKなどフランスが日本を攻めるが、しかし、最後の部分で合っていなくて、日本はギリギリで耐える。ただ、前線でボールがおさまらず、基点が出来なくて日本は攻撃に転じる事も出来ない。
時間が経過しても、フランス優勢の状況は変わらず、日本は耐える展開ではあるが、ゴール前でフランスの攻撃自体は対応できているので、決定的なシーンは作らせてはいない為に、どこか膠着したような展開に入る。
31分にはフランスが早い攻めで、ゴール前に日本は人数がいたが10番BENZEMAが仕掛けてから、触ればゴールと言うクロスが入るが、これは誰も触れず。
日本が劣勢の中で38分、フランスは14番MENEZの仕掛けで香川真が倒してしまいFKを与えてしまうが、10番BENZEMAのキックは壁の横を抜けた速いシュートだったものの、川島永が読み切ってパンチングでクリア。
フランスが優勢な状況のまま、日本は耐えたという雰囲気でもないが、それでも守備はフランスの攻撃に対応して、お互いに無得点のまま前半終了。

予想通りの展開
当たり前であるが、日本がアジアを出て戦う場合、アジアでやるように相手にポゼッションで上回って戦えるという事は少なくなっていく。
劣勢だったり、押し込まれた中でどうやって戦っていくのかと言うのが大切になってきて、南アWCでは、現実的と言うか、DFラインの前に阿部勇を置いて、守備を固めて、失点しない事で一瞬のチャンスにかける戦いを狙った。
それ自体が悪いわけではないが、やはり、ダブルスタンダードでの戦い方を続けていては、成長で頭打ちになってしまう。
つまり、相手の方が強いとしても、アジアでの戦いの延長線上で戦うという事、相手がフランスだから、ブラジルだからで戦い方を変えるよりも、自分たちの戦いでどう戦うのかという事になってくる。
その意味では、親善試合と言う事もあってか、この試合は、いつも通りの形で挑んだ日本。
とはいえ、予想通り、押し込まれる展開で、全体的に下がって対応せざるを得なくて、高い位置からのプレスとはいかなかった。
確かに個々で、1対1で劣勢になる部分もあるが、そこまで圧倒されている訳ではないのですから、恐れて下がってしまった状況を改善して、もう少し高い位置でのプレッシングを取り戻して、ラインを高くして戦うという日本らしさを取り戻す必要があるだろう。
攻撃に転じた所で、前半、全く攻められなかった訳ではないのですから、どうやってボールをおさめるのか、早い攻めとキープする戦い方、その上で、上手く中村憲や遠藤にボールをおさめて展開できるかどうか、その為には、やはり、先の全体を押し上げるという部分と同じく、全体をこういう試合の中でも前後をコンパクトに保てるかどうかだろう。


後半
フランスは、2番DEBUCHYを15番JALLET、12番MATUIDIを19番CHANTOME、10番BENZEMAを8番VALBUENAに代えてきて、日本は前半終了のままで、フランスのキックオフで試合開始。
55分、日本は左サイドで香川真と長友佑で攻めてFKを得ると、遠藤が素早くリスタートすると、中村憲のシュートをGKが弾きこぼれた所を、GKより一瞬早くハーフナーが拾って香川真にパス、そこから香川真が中に折り返すがゴール前には誰もおらず。
前半よりも日本は攻める事が出来るようになるものの、試合自体はフランスが優勢と言う状況は変わらず。
日本が大分押し返して、形を作れるようになってきた所で、62分、長谷部に代えて細貝萌、中村憲に代えて乾を投入、香川真が中に入って、左に乾が入る。
フランスは、68分、14番MENEZに代えて7番RIBERYを20番CAPOUEに代えて17番GONALONSを投入する。
73分には、フランスが左CKからファーサイドで9番GIROUDが折り返して21番KOSCIELNYが狙うが川島永が抑える。
74分、フランスは最後の交代で、19番CHANTOMEに代えて18番GOMISを投入する。
76分、日本も左サイドを長友佑が突破からクロスに、GKがキャッチしきれず弾いた所でハーフナーがヘディングで合わせに行くが、これはシュートまではしきれず。
フランスは、交代で入った7番RIBERYがドリブルで仕掛けてきて、日本の守備を崩してくるが、最後の部分で何とか止めるというシーンが増える。
徐々に日本に決定機が増えていく中で、86分、ハーフナーに代えて高橋秀、酒井宏に代えて内田篤を投入する。
87分、右サイドからの突破から、最後は9番が放ったシュートは、GK川島永が見事な反応で止めると、その後のCKからのシュートも川島永が止める、そして、更に左CKからのボールを拾った日本は、カウンターを仕掛けると、今野泰がドリブルで一気に持ち上がって行って、そこから右の長友佑にパスを通すと、ダイレクトで長友佑は中に折り返し、香川真が体勢を崩しながらもゴールに蹴り込んで、88分日本が先制。
そして、日本がそのまま逃げ切り、日本が勝利。

日本の勝利
日本が勝った事、特に今まで一度も勝った事の無いフランス相手に勝利した事は嬉しい限りだ。
内容的には、必ずしも手放しで喜べたものではないかもしれない、結局勝てたのも親善試合で、フランスが選手を交代して、少しチーム全体の形が個人にシフトして、スペースが出来た事が、日本にも攻める隙が出来たという事でもありますからね。
但し、勝ったという部分で、日本はフランス相手に、しっかりと耐え抜いた事、特に得点シーンに関して言えば、その前段階で川島永が何度となく弾き返していた部分もあり、また、前半から、攻め手の無い中でも、今野泰が何とか攻撃に転じる為に攻撃参加を見せたりしていた部分が、得点シーンにも繋がった。
危ないシーンだってあったものの、日本らしさは完全に出たとは言えなかったものの、日本だって十二分に力を出せた試合だった。
スペースが出来た所で、前線のメンバー、特に香川真だったり、乾だったりは力を発揮できる事が分かったので、こういう展開でも強さを出せる事は分かった。
この辺は、普段から欧州でのプレスの中でプレーをしている事が明確に出た、個人の力の部分だろう、となると、それをベースにチームとして、どうやって、こういう相手を崩すのか、特に前半のような展開で、どうやってチームを立て直すのかと言うのが必要になってくるだろうね。
本田圭が居れば、そこで体を張って基点となってくれるかもしれないが、それがいない中でもどうやって基点を作るのか、遠藤がなかなか機能しない中でも、どう戦えるかが大切。
守備面では、7番RIBERYに個人でやられる場面はあったものの、ギリギリで耐え抜いた、川島永が日本守護神の系譜と言うか、神懸ったセーブを見せるシーンもあって守れた部分はあるが、それ以外でも、サイドで数的不利でも耐えた長友佑だったり酒井宏が止めるし、CBの吉田麻が体を張って跳ね返し、今野泰が上手くカバーしていた。
前半は全体的に下がってしまって、どうにも圧倒される展開になったが、後半のように中盤からプレスを仕掛ける事は出来るというのも分かった。
それが出来れば、十分戦えるというのも分かった。



個人的な個人評
1 川島永嗣 6.5 何度となく決定機を防ぐ。
21 酒井宏樹 5.5 後半は1対1でやられるシーンがあるも、十分対応できる事を証明。
6 内田篤人 -- 評価できず
15 今野泰幸 6.5 本日のMOM。守備でのカバーで貢献。だけでなく隙をみた攻撃参加で、得点まで演出。
22 吉田麻也 6.0 しっかり体を張って守り切った。
5 長友佑都 6.0 何回かやられたものの、数的不利でも左サイドは負けておらず。
7 遠藤保仁 5.5 いつもの遠藤。ただ、守備に追われる事で、ボールは回ってこず。
17 長谷部誠 4.0 機能せず。守備に追われる部分はあったが、持ち味を出せず。
13 細貝萌 4.5 全体的なバランスは改善せず。
8 清武弘嗣 5.0 守備に追われる事が多く、右サイドそのものがあまり機能せず。
14 中村憲剛 4.5 前半は基点となれず。後半に入って漸くボールが入ってきた所で交代。
9 乾貴士 6.0 個人の仕掛けなどで、フランス相手に1対1でも勝てる事を証明。
10 香川真司 6.0 得点シーンはお見事。ただ、守備に追われる事が多くて、持ち味を発揮できず。
11 ハーフナー・マイク 5.5 守備で活躍だけでなく、攻撃でもこぼれ球を狙うなどしていたが、あそこで自分で押し込まないとという部分も、ストライカーならね。
20 高橋秀人 -- 評価できず
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。