2012年10月26日 [04:30]   徒然なるままに… | ブログ | 徒然なるままに 

情報セキュリティスペシャリスト試験を受けてきました

先日、いつも通りの情報処理試験を受けてきました。
そこで、思った事をそこはかとなく書き綴ろうかと。
春に、一旦、応用情報技術者試験を受けて、受かったので、この秋は、再びスペシャリストの試験を受けに行ってきました。
個人的な興味は、ネットワークなのですが、秋には無いですし、その上で、ネットワークよりも最近ではセキュリティに興味があるので、こちらを受けています。
ま、このまま進んで、場合によると、何らかの監査資格まで取得できるようになれれば、面白いかとも思っていますが、その辺は、どちらかと言うと、余生での楽しみ方という所かもしれませんね。

さて、試験自体はいつも通りなので、今回は、試験会場で感じた事。

以前少し書いたかもしれませんが、この辺の試験は、配布等々の都合もあるのか、試験開始の20分前に席についてくださいと案内される。
試験の回収で、5分弱の時間が掛かる事を考えると、30分間の休憩時間は実質5分って事になる。
それは仕方が無いと言えば仕方が無いだろう。
何度も同じ事になるとはいえ、注意事項を伝えて、試験問題と解答用紙を配布していく時間を考えて、余裕をもって考えると、10分~15分は時間がいる。
とすれば、20分前に席についておいてというのは、必要な措置だろう。

で、当たり前だが、そういう風に言われるのですから、大概の受験生は、しっかりと20分前には座席に着く。
多少は、トイレが混雑するので、その影響で、少し遅れる人もいるとはいえ、通常は、言われた通りにつく。
別に、20分前に席につかなかったからと言って試験を受けられない訳でもないし、それこそ、退出可能時間の10分前までは遅刻が可能である。
でも、だからと言って、時間通りに席に戻ってくるのはマナーでしょう。
それが、同じ試験会場で受けていた一人が、常に試験開始の3分程前に戻ってくるのがいた。

5分前には、だいたい試験問題とかも配り終わってきていて、全員、座席で開始を待つ状態ですが、その段階で戻ってくる。
それを、全ての時間でする。
先に書いたように、20分前に戻ってくるように言われているが、それを無視しているわけです。
ルール違反ではないが、マナー違反だろう。
穿った見方をすると、20分前に席をついて、試験官がやってくると、15分前には参考書等を仕舞わされる。
それに対して、遅れてくる奴は、それこそ、その入ってくる直前にまでドアの前で参考書を見ておくことだって出来るだろう。
それは、フェアなやり方ではない。

マナー違反は確かに、それ自体が罰則されるわけではない。
ただ、例えば、傘を後ろ向きに持つ人がいる、もしくは、階段などでのぼりと書いている方を下ってくる人がいる。
それ自体は、法令で決まっている訳ではないので、やったからと言って罰せられる訳ではない。
しかし、マナー違反だろう。
そして、ここからは単純な想像力の話だが、後ろ向けに傘を持っているという事は尖った先が、自分から見えない所にいっている、そこに、誰かがいたらどうするのだ?
それこそ、それが子供で、その子の目とかをついたとして、どう責任を取るというのか?
階段を強引に下ったとして、上ってくる人に当って、その人がバランスを崩して階段を落ちて行ったらどうするのだ?
ましてや、ラッシュ時などだったら一人ではなく何人もを巻き込んで落ちていくかもしれない、そういう事を避ける為にもマナーを守る必要がある。

先の件は、マナー以上に、ある程度ルールに近い部分でしょう、何よりも、受験票には、20分前に席に着くように明記されている。
それを守れないような人間は、それくらいならともし思っているのであれば、そういう人こそが、何か大きな問題を起こす可能性も出てくる。
ここ最近の事故の多さと言うのは、まさに、そういう自分位ならとか、このくらいならと言う事の積み重ねによって、起こっている。
あぁいうやつは、注意してやってもいいと思うんですけどねぇ。

いや、私の前の座席の人で、集中しようとしているタイミングだけに、メチャメチャイラッとさせられたからねぇ、私怨も込みですけどね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。