2012年11月30日 [05:01]   紅白歌合戦 | 音楽 | 時事ニュース 

紅白歌合戦の選考について

ま、韓国がうるさく言っている紅白歌合戦ですが、正直、ここ10年以上観ていないので興味はない。
ただ、紅白歌合戦自体は、日本の年末の風物詩と言うか、やはり意味のあるものだと思うので、一つ思う事を書いておきたい。

念のために今回の出場メンバー。

























紅組白組
aiko(11)嵐(4)
絢香(6)五木ひろし(42)
いきものがかり(5)HY(2)
石川さゆり(35)EXILE(8)
AKB48(5)NYC(4)
SKE48(初)関ジャニ∞(初)
きゃりーぱみゅぱみゅ(初)北島三郎(49)
香西かおり(16)郷ひろみ(25)
倖田來未(8)ゴールデンボンバー(初)
伍代夏子(19)コブクロ(7)
坂本冬美(24)斉藤和義(初)
天童よしみ(17)三代目J Soul Brothers(初)
中島美嘉(9)SMAP(20)
西野カナ(3)舘ひろし(2)
Perfume(5)TOKIO(19)
浜崎あゆみ(14)徳永英明(7)
藤あや子(18)AAA(3)
プリンセス・プリンセス(初)ナオト・インティライミ(初)
水樹奈々(4)氷川きよし(13)
水森かおり(10)FUNKY MONKEY BABYS(4)
ももいろクローバーZ(初)福山雅治(5)
YUI(初)細川たかし(36)
YUKI(初)ポルノグラフィティ(11)
由紀さおり(13)美輪明宏(初)
和田アキ子(36)森進一(45)


正直、先に書いたように、観なくなって久しいので、誰が出ようが個人的にはどうでもいい。
ただ、今回、わざわざ政治がどうこうと言う事を言わないといけなかったりするのは、結局のところ、紅白歌合戦をどうするのかNHK自体が考えられていないという事じゃないのか?
以前書いたことがあるかもしれませんが、紅白歌合戦は、もう今の状況で考えれば、ある程度、お年寄り向けと言うのかな、大晦日に家にいる人をターゲットにすべきじゃないか?
若い世代、学生レベルなら、だいたい友人と初詣行ったり、もしくは、若い世代は、それこそ他局のバラエティーとかを観たりするし、ネットとかで遊んでいる人も多いんじゃないか?
それに対して、ある程度お年を召した方であれば、未だにTVを観る人も多いだろう。
大晦日の夜は紅白歌合戦と言うのは、ある程度日本の文化的な生活習慣でもあるだろう。
それを維持するためにも、今ならば、やはり50代以上を考えた歌謡曲や演歌主体で良いだろう、中途半端に若い世代に媚びるようなAKBとか呼ぶよりも、もっと年配向けで良いし、逆にあぁいう曲は、それこそゴールデンボンバーのパフォーマンス何て眉をひそめる結果になるだけじゃないか?

そういえば、ゴールデンボンバーで思い出したが、そろそろNHKも考えようよ。
これまでも、とんねるず(野猿)やDJ OZUMAとかでやられた事を反省しておけよ。ゴールデンボンバーなんていったら、それこそ、熱湯風呂だったり、脱いだり飛んだりという事をして初めて、彼らのステージなわけですからね。
そんな彼らを呼べば、当たり前だが問題が発生する可能性が高くなるのは自明。
そういうなんて言うのか、格式のようなものを考えるなら、ゴールデンボンバーを呼ぶなよ。

閑話休題

ようは、どういう世代をターゲットにするかであり、逆に、今年の音楽の集大成と言う立場をとるなら、今年1年の売上とかをもとに、上位何組と言う形で決めるのが良いんじゃないか?
例えば、CD売上枚数とダウンロード回数とか、1年通してNHKでリクエスト音楽番組なんかを放送して、その番組にリクエストが来た件数の上位から決めるというのが良いんじゃないか?
もしくは、それこそオールスターのような投票制でも良いだろう。
結局のところ、中途半端な人気を考慮して、その上で、自分たちの自由に選ぶから問題が発生するんですよね。
個人的には、最初に書いたように50代以上をターゲットにした選曲で行けば良いと思うが、とにかく人気だ何だというなら、その根拠となる分かり易い基準を設けてしまわないとね。
どんなものだってそうだが、自分が誰にアピールするのかあいまいなままで、ターゲットを決めないままでは勝負何て出来ないですからね。
今年はもう決まってしまった訳ですから、来年からどうするのか、今から考えておかないといけないでしょうね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。