2012年12月20日 [04:47]   第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回天皇杯 

第92回天皇杯4回戦 結果と感想

天皇杯4回戦。
既に、リーグ戦は終り、今年の日本サッカーも、残すところ、天皇杯を残すのみとなりました。
いや、高校サッカーもあるんですけど、あれは1回戦だけですしね。
ま、そういうと天皇杯決勝は来年になるんですけど、感覚として、天皇杯は今年の大会って感じですね。

完全に個人の感覚ですが・・・

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会
4回戦
G大阪 3 - 2 町田 (13:00/万博/4,576人)
C大阪 4 - 0 清水 (17:00/長居/6,547人)
千葉 5 - 0 福島 (13:00/フクアリ/5,238人)
鹿島 3 - 1 磐田 (13:00/カシマ/7,522人)
浦和 0 - 2 横浜M (16:00/熊谷陸/12,634人)
名古屋 5 - 2 熊本 (15:04/瑞穂陸/4,125人)
大宮 4 - 3 川崎F (13:00/NACK/7,503人)
柏 1 - 0 武蔵野 (13:03/柏/5,298人)


おぉ? PK戦無しか。
良く考えると珍しい?
ま、ここまでくれば、ジャイアントキリングも無く、ここまで勝ち上がってきていた福島と武蔵野も、順当に敗退。
順当と言うと失礼かもしれませんが、やっぱり、ジャイアントキリングは、こういう大会の醍醐味とは言え、昨年みたいに、J2勢が優勝争いをするような事態は、それはそれで興醒めに近い感覚になりますからね。
その意味では、ほぼJ1勢が勝ち残った今年は順当ですし、これが本来の形でしょうかね。
千葉がJ2勢で唯一残っていますが、相手が福島でしたから、J1勢が残ったという事で間違いないでしょうね。

さてさて、一部では罰ゲームのようにも言われる天皇杯ではありますが、やはり、日本で最も権威のある大会であることは間違いなしですし、その上で、勝てばACL出場権を得る事が出来るという事で、最後まで優勝を狙うクラブも増えて、面白くなりそうだ。
とはいえ、外国籍選手では帰国していたり、レンタル契約だったりが切れたりで、どうしても、リーグ戦よりも落ちるチームも多いのも事実ですからね。
それでも、優勝を狙うクラブが増えた事は大いに嬉しいですし、それがあれば、それこそベストメンバー規定のようなものは不要になりますしね。

ところで、以前にも書いたような記憶があるのですが、今回、G大阪や千葉が優勝したらどうするのだろうか?
確か、ACL出場権はJ1のクラブが優先と言う事になっていたかと。
昔、東京VがJ2ながらも出場しましたが、それは例外だったかと。
確かにG大阪であれ、千葉であれ、その戦力的には、単純にJ1のクラブと比較しても大差が無いと言えるでしょうね。
ただ、J2は世界的に比較しても、結構なハードなリーグですからね、そこで戦いながらのACL出場と言うのは、並のハードさじゃないような。
そんな中で勝てるなら良いが、勝てないようなら、J1の4位の横浜Mが出た方が良い気もしますけどね。
そもそも、ACLの開催のタイミングで、J1ではNCをやって、ACL出場クラブはシードにしているが、3チームにすると、少々歪なものになるし、そもそもACLの試合のタイミングでJ2の試合もあるだろうとすれば、どうするんだって話ですね。

来季のJ2は、現状の情報のままのG大阪の状態なら、おそらくG大阪包囲網と言うべき状態になりそうですけども、その上でACL出場となると、どうなるんでしょうかね。
ま、とらぬ狸の何とやらって事で、まだまだベスト8が出そろっただけで、先がありますし、他のクラブが勝つ可能性も高いのですからね、その時に考えるのでも良いのかもしれませんけどね。
とにかく、まずは8チームが出揃った、今年の日本サッカーを締めくくるのは、どの2チームになってくるのでしょうかね。


・・・・・・・・・

今年の日本サッカーをという表現をすると、既に今年を象徴するクラブの中で、優勝した、広島、甲府、躍進した鳥栖、POを制した大分、残留を最後に決めた新潟が既に負けている事を考えると、やっぱりG大阪決勝行きフラグと思えてしまうなぁ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。