2013年05月05日 [20:25]   toto | スポーツ | toto/2013 

J1/2013第9節他 toto第623回結果と感想

GWに行われるJ1第9節。
ここが、序盤最初の連戦であり、各チーム戦い方が重要になってくる所。

J1第9節
大分 0 - 2 大宮 (13:05/大銀ド/11,334人) 予想(0) 結果(2) 外れ
甲府 2 - 1 磐田 (14:04/中銀スタ/14,062人) 予想(0) 結果(1) 外れ
清水 1 - 2 新潟 (15:04/アイスタ/16,380人) 予想(1) 結果(2) 外れ
横浜M 1 - 1 鹿島 (15:34/日産ス/40,034人) 予想(1) 結果(0) 外れ
湘南 0 - 3 C大阪 (16:03/BMWス/10,947人) 予想(2) 結果(2) 当り
鳥栖 2 - 3 F東京 (18:04/ベアスタ/14,024人) 予想(2) 結果(2) 当り
川崎F 2 - 1 名古屋 (19:04/等々力/16,292人) 予想(2) 結果(1) 外れ

J2第12節
山形 3 - 1 富山 (13:04/NDスタ/7,292人)
栃木 1 - 0 岡山 (13:03/栃木グ/4,702人) 予想(0) 結果(1) 外れ
松本 1 - 1 群馬 (13:03/松本/11,881人) 予想(0) 結果(0) 当り
福岡 0 - 0 神戸 (13:03/レベスタ/5,710人)
長崎 1 - 0 北九州 (13:03/長崎県立/4,336人)
熊本 3 - 2 水戸 (14:03/うまスタ/6,442人)
札幌 0 - 1 京都 (16:04/札幌ド/11,981人) 予想(2) 結果(2) 当り
東京V 1 - 3 横浜C (16:03/味スタ/15,022人)
鳥取 0 - 1 徳島 (16:03/とりスタ/6,123人) 予想(2) 結果(2) 当り
千葉 2 - 0 愛媛 (19:03/フクアリ/10,296人) 予想(1) 結果(1) 当り
G大阪 2 - 0 岐阜 (19:03/万博/12,729人) 予想(1) 結果(1) 当り


結果は、7勝6敗。
少し戻したが、しかし、どうにも結果に繋がらないなぁ。
今回は、連戦という事で引き分けが多いかと思っての思い切った0予想だったのだが、思った程引き分けなかったな。
噂では、今後totoの対象を海外の試合も含めてという新しいものが出るそうですが、Jリーグだけでやっても無理ですからねぇ。
当てられそうにないな。

試合ですが、広島、柏、浦和、仙台がACLの影響で開催日が5月29日になっているが、それ以外のチームでの対決で、大宮がここでも負けずというか、ここにきて勝っているんですよね。
横浜Mが鹿島相手に面白い試合をしたが、しかし、結果はギリギリで追いついてのドローで、勝点が開きましたね。
ただ、その大宮と対決した大分が、ここでも敗れた事で、未だ未勝利。
大分ファンには悪いが、予想通り、これで大分の降格は決まったも同然でしょうね。

そして、17位と低迷している磐田は、ここで森下監督を解任。
当分は、長沢ヘッドコーチが暫定監督として指揮をするそうですが、後任の監督がどれだけ早く決まるかどうか?
タイミング的に、連戦の途中での交代は、リスクが高いが、しかし、結果が出ていないという事で、これ以上傷を広げる前にという事なんでしょうね。
次の監督は、どうなるかですが、戦力はありながらも降格と言う意味では、昨季のG大阪の例があるだけに、磐田としては、力を発揮する為にも、早く監督を決めないといけませんね。

上位陣で言えば、ドローでしたが、やはり鹿島が不気味な位置につけてきましたね。
今節浦和が試合が無かったので、上位陣に動きは無かったが、浦和と鹿島の勝点が並びましたからね。

さて、GWの連戦の最後の試合になる6日の試合は、大宮は昨年王者の広島相手ですし、横浜Mは天皇杯王者の柏が相手。
柏は唯一ACLでGL突破と、ここから勢いに乗ってくるかもしれませんし、広島は同じくACLで完敗と言う結果から、奮起をしたいと、方向性は違うが、ACLのGLが終わった事によるチーム状態の変化が出てくる可能性があり、その最初の試合として、大宮と横浜Mが、どんな試合をするのか、そして、大宮の無敗を止められるかって所ですかね。
ただ、6日は、J1よりも、J2で優勝争いをしている首位神戸と、無敗で2位のG大阪の直接対決の方が興味深いですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。