2013年07月05日 [21:12]   J2リーグ | スポーツ | Jリーグ/2013 

J2/2013第20節、第21節、第22節 結果と感想

CC2013でJ1は中断中も開催され続けたJ2。
中日に22節も開催されて、一気に半分が終わっての折り返した。

J2第20節
札幌 4 - 0 岐阜 (14:03/札幌厚別/5,464人)
山形 4 - 1 松本 (18:04/NDスタ/7,128人)
東京V 3 - 3 栃木 (18:03/味スタ/4,210人)
横浜C 2 - 1 富山 (18:03/ニッパ球/4,561人)
G大阪 1 - 1 岡山 (18:03/万博/15,151人)
神戸 2 - 0 長崎 (18:04/ノエスタ/10,014人)
福岡 2 - 0 愛媛 (18:03/レベスタ/5,318人)
鳥取 2 - 3 北九州 (18:33/とりスタ/3,793人)
徳島 1 - 2 千葉 (18:35/鳴門大塚/4,190人)
京都 0 - 1 水戸 (19:04/西京極/10,120人)
熊本 2 - 3 群馬 (19:04/うまスタ/5,966人)

J2第21節
水戸 1 - 3 山形 (18:03/Ksスタ/5,746人)
栃木 2 - 2 京都 (18:03/栃木グ/4,784人)
松本 0 - 1 横浜C (18:03/松本/14,614人)
富山 0 - 0 岡山 (18:04/富山/3,632人)
長崎 0 - 0 福岡 (18:03/長崎県立/6,971人)
千葉 2 - 1 東京V (19:03/フクアリ/11,425人)
岐阜 3 - 1 北九州 (19:04/長良川/4,801人)
G大阪 2 - 0 徳島 (19:03/万博/13,708人)
愛媛 1 - 0 鳥取 (19:04/ニンスタ/3,054人)
熊本 1 - 2 神戸 (19:04/うまスタ/7,926人)
群馬 2 - 0 札幌 (19:34/正田スタ/2,723人)

J2第22節
山形 2 - 3 鳥取 (19:04/NDスタ/5,128人)
東京V 0 - 5 京都 (19:03/味スタ/2,539人)
横浜C 3 - 1 栃木 (19:03/ニッパ球/2,812人)
松本 2 - 0 水戸 (19:04/松本/7,153人)
富山 1 - 2 千葉 (19:04/富山/2,905人)
岐阜 2 - 8 G大阪 (19:04/長良川/11,719人)
岡山 1 - 0 神戸 (19:03/カンスタ/7,652人)
徳島 1 - 0 札幌 (19:04/鳴門大塚/1,875人)
愛媛 1 - 1 熊本 (19:04/ニンスタ/1,104人)
福岡 1 - 0 群馬 (19:03/レベスタ/2,640人)
北九州 1 - 2 長崎 (19:03/本城/2,105人)


さて、J2だけでの開催も、終わって7月6日にはJ1も再開されるが、そのJ1中断期間にも行われたJ2。
そこで、J2で唯一の代表メンバーを抱えるG大阪は、遠藤保と今野泰が抜けた状態で1ヶ月を戦いぬいて、結局、一度も負けずに首位をキープ。
神戸が足踏みをした部分もあって、折り返して22節の段階で、2位神戸との勝点差は5点に広がった。
この辺は、予想通りと言うか、開幕前から言われた通りのG大阪の首位ではあるものの、この時期に足踏みすると予想されていたのですが、そこをしっかりと勝ち抜いたのだから、恐るべしでしょうね。
続く、神戸も悪く無いままなだけに、ここまで1敗と言う状況を踏まえると、G大阪は、やはりJ2にいるのがおかしい存在でしょうね。

とはいえ、中断こそなかったものの、折り返しての一区切りが過ぎて、G大阪の前線のレアンドロと家長が退団したので、ここから少し正念場でしょうね。
22節で岐阜相手に8点の大勝ではありますが、宇佐美が戻ってくるとはいえ、さて、どうなるか。

神戸も、このまま終われないでしょうし、2位でも昇格とはいえ、やはり1位通過をしていきたい所だろう。

3位に関しては、ここまでも長崎が残っている。
京都と千葉に勝点差1で迫られているのですから、ここから長崎も正念場。

ここから先夏場となりますと、どうしても足が止まったりと、苦しい戦いが続いていく事に各チーム成るが、そこでの地力の差が出てくるとなるとやはり長崎は厳しいかもしれませんが、個人的には、このまま行けば、昇格1年目でのJ1昇格と言う快挙もみれるか、残り半分でそれを期待したいですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。