2013年08月09日 [21:35]   toto | スポーツ | toto/2013 

J1/2013第19節他 toto第644回結果と感想

J1も折り返しての2試合目となる第19節。
序盤の勢いから、中断期間を経て、夏場は地力の勝負になってくる。
ここを、どう乗り切るかが各チームの勝負所ですね。

J1第19節
浦和 3 - 1 広島 (18:04/埼玉/42,426人) 予想(2) 結果(1) 外れ
鹿島 1 - 0 大宮 (18:34/カシマ/14,925人) 予想(2) 結果(1) 外れ
仙台 2 - 1 川崎F (19:04/ユアスタ/14,365人) 予想(2) 結果(1) 外れ
柏 2 - 1 鳥栖 (19:03/柏/8,815人) 予想(1) 結果(1) 当り
F東京 2 - 0 大分 (19:04/味スタ/22,309人) 予想(1) 結果(1) 当り
湘南 1 - 2 横浜M (19:04/BMWス/13,786人) 予想(2) 結果(2) 当り
新潟 3 - 1 清水 (19:04/東北電ス/22,650人) 予想(1) 結果(1) 当り
磐田 2 - 3 名古屋 (19:04/ヤマハ/14,272人) 予想(2) 結果(2) 当り
C大阪 0 - 1 甲府 (19:04/金鳥スタ/13,633人) 予想(1) 結果(2) 外れ

J2第27節
群馬 3 - 0 松本 (18:05/正田スタ/6,822人) 予想(2) 結果(1) 外れ
横浜C 1 - 2 北九州 (18:03/ニッパ球/4,458人)
富山 3 - 1 札幌 (18:04/富山/4,071人) 予想(2) 結果(1) 外れ
神戸 2 - 0 栃木 (18:04/ノエスタ/9,198人) 予想(1) 結果(1) 当り
福岡 2 - 3 東京V (18:03/レベスタ/5,218人) 予想(1) 結果(2) 外れ
長崎 1 - 1 愛媛 (18:04/長崎県立/3,565人)
鳥取 0 - 0 熊本 (18:34/とりスタ/3,890人)
徳島 3 - 1 岐阜 (18:34/鳴門大塚/3,904人)
千葉 2 - 0 水戸 (19:03/フクアリ/9,658人)
京都 1 - 1 山形 (19:04/西京極/6,424人)
岡山 2 - 3 G大阪 (19:03/カンスタ/18,269人)


結果は、6勝7敗。
今年はダメだなぁ。
昨季と同じく、J2は今年も早く終わるので、8月に入ったtotoも残り4ヶ月位ですか・・・
中断もあるし、残りは僅かですが、赤字が続くのは避けたいので、何とかそろそろ当てたい所ですが、全く読めないんだよなぁ。

さて、J1も半分以上が過ぎてきましたが、大宮が失速して、広島、浦和が調子が良く、浦和が首位広島を破った事で、非常に上位陣が接近していますね。
大宮が失速してきているが、横浜Mはコンスタントに結果を出している、そして、鹿島が漸く上がってきましたし、何と言うか、徐々にいつものメンバーがという雰囲気になってきたかな。
とはいえ、名古屋や川崎Fは苦戦が続いているし、ここ数年調子が良かった仙台も、今季はやはり苦戦が続いていますからね。
ま、仙台も名古屋も今節は勝っているんですけどね。

で、監督交代で上向くかと思われた磐田だが、やはり勝ち切れない。
何と言うか、悪く無い試合をしていても勝てなかったりと、どこか昨季のG大阪を見ているような気がしてくる。
こうなると、磐田が粘れるかどうかが、後半戦の鍵になりそうですね。
大分はもうほぼ無いでしょうし、甲府と湘南も苦戦中。
甲府は今節C大阪に勝った事で、何とか粘っているが、連年、昇格組は1チームは上位争いをするのが、今季は3チームとも降格の危機。
そこに、昨季快進撃を見せた鳥栖が絡んでいて、その上で磐田か・・・
残留争いは、少々気が早いかもしれないが、この辺が勝負でしょうね。

先にも書いたように夏場は、勢いよりも地力の差、特に選手層が勝敗を分けてくる部分があり、戦い方でどうやって上手く戦うか、と言うのが重要になってくる。
この辺は、選手個々の能力と同時に、監督の手腕が問われる部分でもありますので、さて、どう結果を出す。
今年は、また連年以上に暑い夏になっているだけに、ここを乗り切れるかどうか、だが、それ以上に、大切なのは、この暑さの中で、選手が無事に熱中症などもなく、そして選手だけでなくスタジアムに足を運ぶお客様も含めて、健康には注意して乗り越えて欲しいですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。