2013年11月05日 [21:32]   Jリーグ | スポーツ | その他/2013 

Jリーグ新制度に問題点

2015年から2ステージ制への移行が決まった訳ですが、ま、バタバタしていますね。
先日は、理事会で問題点が出て、2ステージ制をやめるのかと言う話が出て、慌ててチェアマンが撤回じゃないというコメントを出すなど、ゴタゴタしています。
大東チェアマン、新制度に改めて言及「2ステージ制撤回ではない」(SOCCER KING)
正直、今更感が満載ですね。
試合数を減らさない為に、3位以下のチームを出すとなれば、こういう可能性は最初から考慮に入っていないとおかしいだろう?
日本人の性格上、そう簡単に手抜きとか出来ないでしょうけども、それでも、言っては悪いが、今年のACLで広島がやったり、毎年のように天皇杯であるように、優先順位を置いてくることは往々にしてある。
その結果、最もJリーグが盛り上がるべき最終節で、例えば、既にCSに出場が決まっているクラブは最終節で主力を温存するとか出てくる可能性だってある。
また、3位以下のクラブがというのは、最大で、どちらかのステージ5位のクラブがJリーグ王者という事だってありえるだろうし、そうなると、降格したクラブがJリーグ王者という事になりえる。

この件の問題点は、結局、2ステージ制への移行と、CSなどを行う前提で物事を進めていたという事で、最低限、その移行に関する問題を考えていないという事だろう。
この辺の所は、少し考えれば分かる話で合って、2ステージにすべきかどうかの議論のベースになる所だろう。
であるからこそ、CSなどを導入する上で、2ステージにするよりも良い方法を考えておくなど、比較していく事があってしかるべきだったのだが、それすらしていないという、結論ありきだったという事だろう。

やっていく上で問題点と言うのは出てくるだろうが、これはそれ以前に考えておくべき話であり、個人的には、そういう問題はあるが、結論として、日本人ならそういう事をしないだろうという事で、多少の判断は裁量とするのかと思っていたんですけどね。
また、以前聞いたのですが、天皇杯において、もし高校が優勝したり、アマチュアが優勝したらACL出場権をどうするのかと言う話でしたが、基本的には辞退してもらう。
実際に、海外遠征費は一部しかJFL側がもたないのですから、その資金を出せない場合は、辞退が出来るというルールが出来ているようです。
一応、Jリーグのクラブは出場できるが、J2のクラブも一部を除けば、辞退をしてもらうなど、極力J1のクラブになるようにしているそうです。
つまり、明文化、暗黙化と言う部分も含めて、ルールを作っているのだが、今回の新制度に関しては、そういう問題点に対して、どうするというイメージが全く考慮されていなかったという事だろう。

こういう事をされると、それこそJリーグの理事会に対する不信感が募ってしまう。
それは、とりもなおさず、本来、スタジアムに呼んだりしたい筈の客の足を遠のかせる要因になるという事を考えるべきだろう。
正直、白紙撤回しろとまで言わないが、今一度、それが本当に良い事なのかどうかを含めて、もう少し、サポータの意見を聞くような場を含めて、再考するべきだろう。
それこそ、川崎Fが少しやったような説明会と質問に答えるような舞台を、全国主要都市で、Jリーグが責任をもって開催すべきだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。