2013年11月13日 [21:21]   Jリーグ | スポーツ | その他/2013 

Jリーグの放映権について

2ステージ制の祭りが収束してきた所で、問題があって、再考という話で火消しもあってと話題を続けているが、これが、もしかして、Jリーグが語っているPRをするという事か?

昔の松田聖子でもあるまいし、問題を起こして話題を作るなど下策だろう?
さて、現在Jリーグの放映権は、Jリーグが全て一手に受けて販売して、分配金として各クラブに払っているのですが、以前から各クラブに放映権を与えるべきだという主張が途絶えることが無い。
たいてい、この話をするのは、海外サッカーの状況を観て、Jリーグとの現実の違いを理解していない事が多いんですよね。
ま、その辺の否定は、以前から何度かしているから、今回は置いておく。

で、今回の2ステージ制では、そこで得た利益はクラブへの分配金にせずに、Jリーグの広報活動に使うという事を語っている。
ただ、その広報活動と言うのは何であるか?
最近、聞いた所では、これがTVなどを利用したもので、「Jリーグの試合を地上波で放送する」「ニュース番組などへのコンテンツを提供する」という事らしい。
しかし、それって広報活動としてJリーグの人気をあげる事に役立つのか?
確かに、地上波で放送するというのは、試合を観てもらえる可能性を高める事になって、新規開拓になるかもしれない。
但し、Jリーグは、その理念として地域密着でやってきた。
それ自体は悪く無いどころか、個人的には正しいと思うのだが、事、TV放送と言う面で言えば弊害になる。
何故なら、全国区のクラブと言うのが存在しないからですね。
極端な話ではあるが、関西でG大阪、C大阪、神戸、京都の試合ではなく、柏や鹿島、浦和、横浜Mの試合を放送したとして、どちらが視聴率が良くなるのか?
それ以前に、関西で鹿島の試合を放送して、鹿島の試合を観たいと思ったとしても、では、その視聴者がスタジアムに足を運べるのは、年1回、ま、近くのクラブとの試合があったり、カップ戦も含めると、5、6試合になるかもしれないが、G大阪であれば、17試合になる事を考えると意味合いは低くないか?

プロ野球のようにと言うイメージがあるのかもしれないが、申し訳ないが、あちらもほぼ巨人で視聴率はもっている。
唯一、ある程度考えられるのは阪神くらいで、他の10球団は全国的には視聴率を稼げないのは、巨人が出ない日本シリーズなどの視聴率からも明白だろう。
今年、回復したという意見もあるが、今回は阪神がCSに出ていたのと、パ・リーグでは田中投手の存在が大きい。
つまり、全国区のチームか、もしくは全国区になるスター選手の存在が、地上波全国放送で成功するためには必要になるという事だ。

先に書いたように、Jリーグが地方密着である以上、そうそう全国区のクラブが出てくる事も無いので、スター選手の存在が必要となる。
スター選手であれば、日本代表と言う存在があるが、しかし、日本も最近では海外に選手が出て行く事が多く、現実として、現A代表のスタメン候補でJリーグの選手は、柿谷曜、遠藤保、今野泰の3人のみ。
日本サッカーとして、海外移籍がどうこうというのは、一旦は置いておくが、Jリーグの視聴率と言う意味では、スター候補が全てJリーグから出て行く現状はマイナスだろう。
最近は柿谷曜を持ち上げようとしていたが、彼自身もオファーを受けているようですし、そもそもC大阪は海外移籍で成功しているクラブだけに、来年はどうなるか分からない。
また、一つの問題は、代表の試合であれば、視聴者もいるが、残念な事に有識者の中で、ネガティブキャンペーンと辛口を勘違いしているかのように、マイナスの事を語れば自分は詳しいのだと思い込んでいるような評論家もいる。
その結果、サッカーを詳しくない代表戦を観た観客が、Jリーグへと波及しないという事も起こっている。
こういうのもどうにかしないとね。

閑話休題

ようは、スター選手がJリーグに留まる事が出来ない土壌だとすると、なかなか全国区で放送しようが、客は呼べないという事になる。
そんな視聴率が取れないコンテンツに対して、どうやって放送を維持させるのか?
放送する局にお金を払うのか?
放送の為のコンテンツ制作料をJリーグが払うのか?
どちらにしたところで、先に書いたように地元のクラブの試合を放送しない限り、観客増員への手としては、あまり意味が無い。
もしどうしてもというのであれば、個人的にやって欲しいのが、現状ではホームの試合は地元の地方局で放送されたりするが、これを逆転して、地元の放送局で放映できるのはアウェーの試合と言う事にすれば、地方に行けないので、アウェーはTVで、ホームはスタジアムでというフローが出来るが、全国区の地上波にこだわっているようである以上、それは望めませんね。
ま、アウェーの試合を放送する為には、機材の移動などもあって、放送する為の費用がかさむので、資金的に苦しい地方局がのるかは分かりませんけどね。

続いて、ニュース番組へのコンテンツ提供に関しても、どうだろうか?
そもそも、サッカーと言うのは、他のスポーツに比較してニュースなどでの扱いは良い方だろう。
確かにプロ野球と比較すると圧倒的に足りないと思えるかもしれないが、それでも週に何本かの専用番組がある上に、スポーツニュースで専用コーナーのあるようなスポーツなのですからね。
だいたいにして、プロ野球はほぼ毎日試合があるのに対して、週一回のサッカーでは、ニュースとして扱い辛い。
試合結果をやれば、翌日からの6日間はどうするのか? ま、出来るなら、次の試合の展望を勝敗予想なんかも含めて議論のようなやり方とか、各試合の戦術のようなものを説明するような番組があれば、観たいですし、コンテンツとして作っていけるが、これは、そもそもサッカーに詳しい人間向けになってしまい、新規開拓には繋がりにくい。
つまり、こういうのも多少のプラスにはなるだろうが、あまり効果は期待できない。

その上で、確かにTVは未だに大きな宣伝媒体ではあるが、インターネットを含めて、コンテンツが多様化している現在において、こういうのが効果を発揮する可能性は低い。
そもそも試合を見せたいのなら、インターネットで無料放送するとかも含めて、現状でも、それ程費用をかけずにやれる方法は出てくるだろう。
お金を集めて、それで効果があまり期待できない対策を打つ前に、お金をあまりかけなくても、露出を増やすような知恵を絞る方が先でしょうね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。