2013年12月12日 [20:59]   FIFAワールドカップ | スポーツ | WC/ブラジル2014 

2014WCブラジル組み合わせ決定

12月6日深夜と言うか、日本時間では12月7日未明、来年のWCの組み合わせが決まった。

グループA ブラジル、クロアチア、メキシコ、カメルーン
グループB スペイン、オランダ、チリ、オーストラリア
グループC コロンビア、ギリシャ、コートジボワール、日本
グループD ウルグアイ、コスタリカ、イングランド、イタリア
グループE スイス、エクアドル、フランス、ホンジュラス
グループF アルゼンチン、ボスニア・ヘルツェゴビナ、イラン、ナイジェリア
グループG ドイツ、ポルトガル、ガーナ、アメリカ
グループH ベルギー、アルジェリア、ロシア、韓国

日本の試合スケジュール
6/14 22:00 Recife コートジボワール vs 日本
6/19 19:00 Natal 日本 vs ギリシャ
6/24 16:00 Cuiaba 日本 vs コロンビア


日本は悪く無い組に入ったと言えるだろう。
グループDとかグループGで、コスタリカやアメリカの代わりに入っていたらと思うと目も当てられないだけに、この相手であれば、GL突破も可能だろう。
ただ、勝ち上がった場合、グループDの1位か2位と対決ですから、ベスト8は遠い気もしますけどね。

とはいえ、当たり前だがWCで簡単な相手などいない。
これは良く言うが、日本の立場ではなく相手の立場に立てば、そりゃそうだろうと言えるだろう。
例えば、ブラジルやスペインにとってみても、相手が日本だったとしても、過去、WCではないが、五輪の舞台で日本相手に負けているという過去を持つ。
つまり、勝てると思っていても、絶対勝てるとは限らない。
それどころか、彼らにとってみれば日本は勝点3を取らないといけない相手ではあるが、自分たちは優勝を狙っており、GLの最初辺りから全力で戦っていてはもたない、その辺の匙加減次第が、対戦相手としては付け入る隙になる。
その意味では、今回の日本の立場よりも、1強3弱のようなグループで、2戦目以外でその1強と当るような組み合わせがもしかしたらベストなのかもしれない。
1強3弱であれば、1強に負けるのは計算に入っていて、残り2国相手にどう勝つか、と同時に、その1強との負け方が重要になり、まだ本調子ではなく、7割か8割の初戦か、もしくは、既に突破を決めている3戦目で当ると負けるにしても、1点差とかで行ける可能性が出てくるので、残り2試合で引き分けとかで勝点が並んでも可能性が高くなる。
ま、皮算用かもしれませんがね。

実際には、ほぼ横一線のグループに入った。
力関係で言えば、コロンビア、コートジボワール、ギリシャ、日本の順であろうと思うが、しかし、その差は、その試合の時のコンディション次第でひっくり返る程度の差だろう。
横一線の力関係である以上、お互いに油断して試合に挑むような事は無い。
どの試合にしても、勝点を稼げる可能性がある分、取りこぼしは避けないといけないとするが、それは対戦相手も同様で日本相手に負けるわけにはいかないとなるだろう。
つまり、何処との試合においても、相手は油断したりして、余裕というか力をセーブしてくるような事も無く、3試合トータルで考えるだろうが、4ヶ国ともが、GL突破に全力を尽くすグループになりそうですね。
ベスト16のあいてが、どうなるか、先に書いたように正直ベスト8は厳しいと言えるが、それと同時に、前回大会よりも初戦から気を引き締めて挑まないといけない。
前回は、カメルーンはチーム内のゴタゴタもあり、上手く日本のサッカーがはまって、勝って勢いに乗る事が出来た。
今回も、初戦のコートジボワール戦が重要になり、ここからの日本にとっては、コートジボワールに的を絞った強化試合を組めれば組んでいきたい所だろう。
とにかく、組み合わせは決まった訳で、後は、6月14日に向けてどれだけしっかりと準備し、良い状態で試合に挑めるかどうか。
オランダやベルギーに勝てたり、イタリアを追い詰めたり、コンディション次第で日本は十分結果を出せる力をあると自信を持って行けるようにしたい所だ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。