2013年12月31日 [23:49]   徒然なるままに | ブログ | 徒然なるままに 

2013年十大ニュース

2013年も残り僅か。
今年も色々ありましたが、個人的に十大ニュースを・・・。
何と言うか、年を取ると1年が早くなるのだが、2013年に関して言えば、いつもよりも長かったように思える。
それだけ、色々な事があった1年でもありますが、しかし、充実していたかと聞かれれば・・・totoも当らなかったですしね、あまり良かったとは言えないか・・・
私的な部分で言えば、仕事の質・量ともに増えて、確かに景気回復と言う点で嬉しい部分もあるが、グータラ社員を目指しているだけに、何と言うか不本意な(ぉぃ)、もとい、大変な1年になってしまいました。
さて、そんな訳で、今年の十大ニュース。

10位 2020年東京五輪開催決定
見事に東京五輪開催を決めましたね。ま、流行語とかはどうでも良いですが、来年のソチをはじめ、リオや平昌という冬季・夏季五輪の開催がなかなか施設工事が進まないなど問題があった事から、確実に開催できるだろう東京が選ばれたという面も確かにあるかもしれない。後は、安全面や金銭面と言うのも大きいでしょうけどね。
ただ、竹田恒泰氏がTV番組で語ったように、前回の失敗があったのは、その後、東日本大震災があり、そうなると返上しないといけないという事もあったとすれば、逆に震災からの復興と言う面を見せる事が出来る今回は、日本にとっても非常に良かったかもしれませんね。
しかし、最後に肝心の猪瀬知事が辞任する事でケチがついた気もしますがね。

9位 特定アジアの暴挙
中国と韓国の暴走は昨年に引き続き、続いていますが、ま、実際に中国に関してはある程度話は通じるし、事実、最後の首相の靖国参拝も中国には話が通してあったらしいしね(ま、そもそも他国の宗教に口を出さないのは国際常識ですけどね)
中国は、当面の敵国として対応していくのは大切ですし、今の安倍政権は、一切妥協しないので頼もしい限り。
ただねぇ、韓国はどうにかならないかな。中国も自分たちの反日教育の影響で、コントロールできない面が出来て、力が落ちての軍部の統制が取れていないようだが、それ以上に韓国は、上から下までクズだらけになりましたね。
捏造歴史を言いふらすだけでなく、大統領が悪口外交しかせず、仏像を返さず条約を無視する司法と、国内の問題をほったらかしての反日で、それに国民が喝采って、中国が分裂するかどうかと言う話もあるが、韓国は破綻するんじゃないか。
そうなったら、この状況でも日本が助けるとか思っているようだが、今の安倍政権ならきっちり切り捨ててくれると信じたいですね。

8位 長崎の大躍進
今季からJリーグに参加した長崎。
元来、Jリーグに上がったばかりのクラブはJ2で下位に沈んでいるんですが、まさかと言うと失礼かもしれないが、事実、まさかの大躍進でPOまで進みましたからね。
惜しくもJ1昇格はなりませんでしたが、来季が非常に楽しみでもありますね。
ある程度研究された来季にも、今季と同等以上の結果を出せるなら、早いうちにJ1昇格を果たしてくれるかもしれませんね。
そうなったら、王国九州の復活もあるかもしれませんね。

7位 ブラジルWC出場決定
正直、十大ニュースにあげるべきか迷った。
確かに、大きなニュースかもしれないが、現在のアジアの状況を考えれば、日本のWC出場と言うのは言ってしまえば当たり前。
必要なのは、WCでどういう成績を残すのかと言うフェーズにまで日本は上がってきていると考えると、WC出場よりも、CCでの活躍とかの方が重要なニュースかもしれませんね。
残り半年となったWCまで、GLは悪く無い組み合わせですし、2大会連続ベスト16へと行って欲しいですね。
忘れられている、2005年の誓いでは、2015年に世界の10位以内に入っている事になっている。
その目標のためには、最低限ベスト16、出来ればベスト8はいっておいてほしいですね。

6位 横浜Mのベテラン勢の大活躍
最後の最後で失速して優勝は逃したが、横浜Mの活躍は素晴らしく、久々に強い横浜Mが戻ってきた。
現在も、天皇杯決勝へと駒をすすめましたしね。
そして、その躍進には、MVPに輝いた中村俊を筆頭としたベテラン勢の活躍があった。
サッカーの世界では30歳を超えるとベテランとして扱われて、時として、ベテランよりも若手を重宝する風潮はある。
確かに、同じ事が出来るなら、ベテランよりも若手の方が将来性も金銭面もメリットが大きい。ただ、ベテランにしか出来ない事、その経験を活かすという点で、横浜Mは見事なベテランの活躍があった。
その上で、中村俊を助けた、富澤清や中町公という所の活躍もあり、今の横浜Mはチームとしてまとまっている強さがありますね。

5位 広島が2連覇
広島が見事に最終節の逆転優勝を決めた。
ACLの出場などで出遅れた部分もあったのだが、主力が浦和などに移籍した中でも、見事に安定して勝利を重ねた。
3連覇すれば、新しいスタジアム建設と言う市長の公約もありますから、この勢いで、3連覇を見せて欲しいですね。
ただ、個人的には、やっぱり、来年はACLも本気で取り組んで欲しいとも思います。

4位 四国勢初のJ1クラブ誕生
POの結果、徳島がJ1への昇格を決めた。
どうしても、出遅れていた感があった、四国だが、ここにきて、漸くのJ1昇格。
徳島と言えば、個人的には四国ですが、関西圏と言う雰囲気もあって、来季のJ1では、昇格を果たしたG大阪と神戸、そして、ACL出場権を得たC大阪といった所との戦いを期待していきたい。
特に、柿谷曜が海外移籍をしないのであれば、彼を今のようなプレイヤーに育てた徳島とC大阪の対決が一つのダービーとして盛り上がりそうですね。

3位 J1の2ステージ制決定
未だに怒りのおさまらないニュースですね。
これほど安易な暴挙は無いと思える。本当にJリーグをどうにかしたいなら、もっと他にも手はあった。
そもそも、観客を増やしたいのか、スポンサー料を増やしたいのか・・・
Jリーグの本質で言えば、観客を増やしていく方が重要であって、今回の手は、スポンサー料の為ですからね。
本質を見失っては、一時的に良くなったように見えても、将来的な衰退が見えている。重要なのは一時的な損をしても、観客を、サッカーを観るという機会を増やす事であり、色々と言われている、ネットでの無料放送のようなものだって、やっていくべきだと思うんですよね。
それだけに、電通との契約の為にかという穿った見方をしてしまえて、最低なニュースにしか感じないですね。

2位 大東社長の射殺
最後の最後で衝撃的なニュースが来ましたね。
未だに理由は不明ですし、犯人も捕まっていませんが、一日も早く事件を解決してもらいたいです。
個人的には、先日も王将に行ってきました。王将も突然の事で大変だと思いますが、頑張ってほしいですね。
あちらこちらに店が出されるが、メインとなるメニューを除けば、各店舗の裁量に任せた、ある意味地域密着型の経営と言うのは、色々な分野で参考になると思うんですよね。
偉大な社長のご冥福を祈りたいと思います。

1位 G大阪効果
一部では、ガンバの日本訳である「脚」から、「アシノミクス」とも言われているG大阪効果。
G大阪がJ2に降格した事で、J2各チームとG大阪の試合が、軒並み観客増。
G大阪との試合で今季最多観客動員数を記録したクラブの多さ、何よりも、クラブ史上最多動員数を記録したりと言う所でG大阪と戦う事によるメリットをJ2各クラブが享受したわけですね。
確かに、G大阪にとってはJ2降格は痛いし、単純な順位で言えば、昇格の為の枠を一つ奪われるという意味でも痛いのだろうが、こういうクラブがJ2へと降格するとJ2が盛り上がるという事で、メリットも大きいですね。
来季は磐田が、こういう存在になれるかどうか、なれたら良いんですけどね。

番外1 マスコミの暴走
元々マスコミは真実を報道していないのは、今更の周知の事実ではあったが、しかし、今年ほど、それが顕著に出た年は無いですね。
特定秘密保護法案に対するアホみたいな煽りにしろ、必要な事を報道せず、無駄な世論誘導をする。
とはいえ、昔よりも情報伝達手段が増えた事で、世論誘導が効かずに、マスコミの暴走だけが浮き彫りになってきましたね。
必ずしも新聞社などが中立である必要は無いのですが、だからこそ自分たちの立場を明確にしての公明正大な記事作りをして欲しいですね。少なくとも中立を謳いながら、一方的な報道をする今の姿勢は報道機関を名乗る資格は無いですね。

番外2 食品偽装
中国のお家芸かと思えば、ホテルなんかでもやるとはね。
しかも、話では星付の店でも偽装があったとか。正直、誤表記とか誤魔化す姿勢は許せないのですが、食べている人は、どうだったんでしょうかね。
ようは、例えば、それこそ一生に一度の記念に食べに来るような人を騙すような行いは許せないが、普段から、こういうレベルの店で食べてた人は、気付かなかったのか?
普段から食べていた人は、それが美味いと思っていたなら、それで良いじゃないかとも思いますけどね。
後は、値段が妥当かどうかだが、その値段で妥当だと思ったから、足を運んだんでしょうしね。ま、ただ、名前でしか味を判断できてない馬鹿舌が多かったという事でもあるかもしれませんがね。

さて、残り2013年もわずか。
今年は、Jリーグ関連で色々とニュースが多かった。
来年はWCがあり、出来る事なら、来年の十大ニュースでWCの活躍をニュースとしてあげたいですね。
その為にも、ミラン移籍となった本田圭をはじめ、各選手が試合の中で経験を積んで、更なるレベルアップを狙って欲しいですね。

それでは、皆様よいお年を(^^ノ~~~
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。