2014年01月15日 [21:20]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第92回高校選手権 

第92回選手権優秀選手

第92回高校サッカー選手権大会は、史上初の北陸勢対決を延長の末の逆転勝利で、富山第一が初優勝で幕を閉じました。
その冬の選手権の優秀選手38名が発表されました。

GK
近藤大河(星稜)、永井建成(京都橘)、志村滉(市船橋)
DF
寺田弓人(星稜)、森下洋平(星稜)、竹沢昂樹(富山第一)、藤井徹(富山第一)、坂圭祐(四日市中央工)磐瀬剛(市船橋)、柴戸海(市船橋)、渡辺黎生(修徳)、高橋壮也(立正大淞南)
MF
寺村介(星稜)、前川優太(星稜)、西村拓真(富山第一)、野沢祐弥(富山第一)、大塚翔(富山第一)、中野克哉(京都橘)、中山俊輝(京都橘)森島司(四日市中央工)、成田悠冴(市船橋)、久保祐貴(修徳)、菊池禎晃(日章学園)、石川玲(履正社)、多田将希(履正社)、渡辺夏彦(国学院久我山)、山田武典(青森山田)、松田天馬(東福岡)
FW
仲谷将樹(星稜)、渡辺仁史朗(富山第一)、小屋松知哉(京都橘)、宮吉悠太(京都橘)、小林颯(四日市中央工)、井手川純(四日市中央工)、石田雅俊(市船橋)、石川大地(水戸啓明)、山田貴仁(帝京長岡)、木戸皓貴(東福岡)


当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、基本的に上位進出した学校から多く選ばれている。
結構面白い面子ではあるが、海外遠征の時には、何人かはJリーグ所属の為に参加できないんでしょうね。
また、現状では、次のU-20WCを目指す現U-19代表が、ベトナムで行われたU-19国際フットボール大会に出場していて、いい成績をおさめたが、そちらは大会期間の関係で、クラブユース所属が選ばれ、唯一、冬の選手権の本大会出場を果たせなかった中京大中京の宮市剛のみが参加しているだけでした。
更に言えば、昨年のU-18代表の活動も、ほとんどがクラブユース所属メンバーが主体であり、先の宮市剛を除けば、小屋松とか位か?
クラブユース主体になりつつあるのは、ある意味仕方が無い面もあるのでしょうが、ただ、今回優秀選手に選ばれた、彼ら38名は、決して、現U-19代表メンバー相手にしても見劣りするメンバーではない。
今年も、XSC前の前哨戦として、クラブユース選抜と高校選抜が戦う「NEXT GENERATION MATCH」において、彼らには、クラブユースに一矢を報いて欲しいというか、今年というか2013年のU-18世代最強は、高校の流経大柏であったわけで、一部の高校サッカー不要論をぶち上げているような評論家に対して、高校サッカーの力も決してクラブユースに劣るものではない、それどころか、高校選手権で得た経験でクラブユースを凌駕する力を見せて欲しいし、見せてくれそうな面子ですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。