2014年02月15日 [19:37]   FC東京 | スポーツ | その他/2014 

2014年Jリーグ補強 F東京

素晴らしいねぇ。
SPでは史上最高得点である100点を超え、フリーもトップで完全勝利で金メダルをとった羽生結。
彼もそうだが、今回高橋大と町田樹も入賞と言う結果で、本当に良い結果になりました。

それでは、今回はF東京に行ってみよう。

昨季の成績
J1 8位 勝点54 16勝 6分 12敗 得点61(3) 失点47(7) 得失点差+14
Jリーグ公式サイトランキンググラフ
ナビスコカップ グループB敗退 3位 勝点9 2勝 3分 1敗 得点7 失点5 得失点差+2
天皇杯 ベスト4敗退


3位以上に上がってくる事は序盤を除いてなく、かといって2桁順位もほとんどないという所で行ったり来たりをした。
ただ、数字だけ見れば、得点は、浦和、川崎Fに続いて3位、失点も7位と悪く無い数字であり、それだけに結果がついてこなかったというイメージの残るシーズンだったように思える。
試合を観ていても、何か知らないが負けるというのもあったり、勝っている調子が良いのに、何故か順位を上げていけない肝心な所で負けるという、重要な所で勝負弱さが目に付いた。
それが、結局、他のNCや天皇杯でもGL3位で届かなかったり、PK戦で敗れたりと後一歩と言うシーズンになってしまった。

In
マテウス [ ←SEヴィトーリア(ブラジル)/期限付き移籍 ]
羽生直剛 [ ←甲府/期限付き移籍期間満了により復帰 ]
椋原健太 [ ←C大阪/期限付き移籍期間満了により復帰 ]
梶山陽平 [ ←大分/期限付き移籍期間満了により復帰 ]
エドゥー [ ←遼寧足球倶楽部(中国) ]
幸野志有人 [ ←長崎/期限付き移籍期間満了により復帰 ]
武藤嘉紀 [ ←慶應義塾大学 ]
平岡翼 [ ←作陽高校 ]
松田陸 [ ←びわこ成蹊スポーツ大学 ]
圍謙太朗 [ ←桃山学院大学 ]

Out
中島翔哉 [ →富山/期限付き移籍 ]
長谷川アーリアジャスール [ →C大阪 ]
中村北斗 [ →大宮 ]
林容平 [ →岡山/期限付き移籍 ]
重松健太郎 [ →栃木 ]
丸山祐市 [ →湘南/期限付き移籍 ]
平松大志 [ 引退 ]
大竹洋平 [ →湘南/完全移籍 ]
平出涼 [ →富山/完全移籍 ]
ネマニャ・ヴチチェヴィッチ [ →未確定 ]
ルーカス [ 引退 ]


これもまた評価の難しい所ですね。
外れたメンバーは、主力となるのはルーカスと長谷川だけではあったものの、他のメンバーも途中交代で流れを変えたり、便利なメンバーとして使えるメンバーだっただけに、抜けたのはダメージになる。
ただ、獲得したメンバーに関しても、羽生直や椋原健、梶山陽が戻ってきた事は大きい上に、何より評価を難しくしているのは両外国籍選手だろうなぁ。
フォルランの獲得で少し隠れてしまったものの、エドゥーの獲得も日本サッカー界には久々の大物の一人でしょう。
Jリーグで機能するかしないかの未知数な面はあるもののルーカスの穴を埋めて余りあるポテンシャルはある選手でしょう。
ただ、問題は、彼自身がCFタイプの選手で、そうなると、渡邉千とかぶり、天皇杯で結果を出してきていた平山相などもいる事を考えると、同一ポジションが多くなってしまいましたね。
新監督であるフィッカデンティは3トップを志向するという情報がありますが、そうであるなら、前線の選手の組み合わせが難しくなると言えるかもしれない。
もう一人の外国籍であるマテウスだが、実績自体は、ブラジルの2部リーグ以下でのプレーが多かったものの、190cmの身長も含めて強いDFだという話を聞いたが、彼が機能すれば、最終ラインに起用せざるを得なかった高橋秀などが前で起用出来たりできる。
最後に今回、監督交代でフィッカデンティ新監督は、Jリーグ初のイタリア人監督であるが、今の代表監督であるザッケローニ監督のように日本に合う監督もいる事が分かりましたし、元々彼自身は今の長友佑をイタリアで飛躍させた監督でもありますからね。
その意味では、成績と同時に、新人である武藤嘉と松田陸は将来性がある選手であり、彼らを長友佑のように育ててくれる事も期待した。
あっと、忘れていたエドゥーが機能する事を見越して、80点と言う所でしょうかね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。