2014年03月19日 [20:29]   銀の匙 | アニメ・コミック | 実写映画感想 

劇場版 銀の匙を観てきました

先日、『劇場版 銀の匙 Silver Spoon』を観てきました。
封切りから少し経っているが、いつも通りネタバレもありますから、ご注意を。
ま、元々の原作が面白いから、面白いのは分かっていましたが・・・
タマコが、タマコだったのは笑った。
実際の原作に比べると違うけれども、実際にタマコがいれば、あぁなるんでしょうね。

全体的に原作のキャラクターを重視したようなキャスティングをしていたのか、御影の親父が竹内力だったり、先のタマコもそうだが、校長も少しでかくなってしまうのが残念だが、雰囲気は確かにピッタリでしたし、富士先生など完璧でしょう。
出来れば中島先生と、ベーコンのシーンや輓馬のシーンでは、秘蔵のチーズを奪われるシーンが欲しかったですけどね。

若干の話の流れをくみかえていましたし、出来れば人間輓馬とか観たかったのですが、2時間の中で、銀の匙の雰囲気と、酪農の大変さを描くという意味では、良い形でまとめていたんじゃないかな。
ブタの解体とかも、ギリギリまで描いているのは、個人的には良かったと思いますね。
もしかしたら、エグイ、残酷だという意見を言うような人もいるかもしれない。今の時代、アニメ映画の喫煙シーンがあっただけでクレームを入れるような人がいるからね。
ただ、いつも自分たちが口にしているお肉が、決して、あんな形でその辺から出てくるのではなく、生きている動物を殺して加工しているからこそ、食べられるという当たり前の事を知るためにも、こういうのは大切だろう。

そういう意味では、出来たら子供にも観てもらいたい映画とも言えるかもしれませんね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。