2014年05月01日 [21:24]   セレッソ大阪 | スポーツ | Jリーグ/2014 

J1/2014 第10節 C大阪 vs 大宮

J1第10節。
前節神戸相手に引き分けて、ここ5試合未勝利の3分2敗で、順位を11位まで下げたC大阪。
こちらは現在4連敗中、同じく5試合未勝利で、1分4敗で、16位と低迷する大宮。
両チームとも今、リズムが良く無くて、ここで内容を伴ったゲームをしていきたい所。

Jリーグ2014 Division1 第10節
ヤンマースタジアム長居/19,367人
C大阪 1-1 大宮
(C大阪) 杉本健勇(94+分)
(大宮) ズラタン(70分)
ホームC大阪のスタメンは、1 武田博行、23 山下達也、3 染谷悠太、4 藤本康太、17 酒本憲幸、6 山口蛍、2 扇原貴宏、14 丸橋祐介、8 柿谷曜一朗、5 長谷川アーリアジャスール、10 フォルランの3-4-2-1。
アウェー大宮のスタメンは、21 江角浩司、27 今井智基、2 菊地光将、17 高橋祥平、14 中村北斗、34 片岡洋介、38 増田誓志、30 渡部大輔、41 家長昭博、28 富山貴光、11 ズラタンの3-4-2-1。

C大阪が追いつきドロー
C大阪のサッカーを研究してきた大宮がC大阪の攻撃を封じにいっているので、C大阪はなかなか大宮を崩しきれないが、しかし、ボールを支配して、優勢に試合を進めるC大阪の前に、大宮は攻撃に転じる事は出来ず、時間が経過していく。
後半に入ると、完全にゲームを支配したC大阪が度々大宮ゴールを襲うが、ゴールを奪いきる事が出来ず、少し攻め疲れたのか、一瞬攻撃の手が緩まった所で、大宮が左CKのチャンスを得ると、このボールをニアサイドでの競り合いを抜けてファーに流れた所で待ち構えたズラタンが頭で合わせてゴール、劣勢だった大宮が70分先制。
1点を追うC大阪は前線の人数をかけていくのだが、なかなか大宮の守備を崩しきれず、アディショナルタイムには、GK江角浩の好セーブもあり、このまま大宮が逃げ切るかと思われたが、左CKからのクリアボールを拾ったC大阪が、ゴール前に放り込み、ファーサイドで合わせた杉本健がゴールに蹴り込み、同点に追いつく。
そのまま、試合終了。

気持ちの入った試合
両チームとも、ここ5試合勝ちが無いために、何が何でも勝ちたい試合で、それが、お互いのサッカーに良く表れていたように思える。
C大阪は、前節で上手く機能していたサッカーから、この試合も1トップ2シャドーで挑んだ試合は、積極的に前にボールを入れていく形でゴールを狙って行く。
それに対して、大宮は、そのC大阪のサッカーを研究していて、5バックでラインを作って、縦に入ってくる所を狙う事で、C大阪のサッカーを跳ね返し、そこからワンチャンスにかけていく。
結果としてというべきか、ある意味大宮の狙い通りと言う展開で、スコアレスで試合が進んだ中で、一瞬の隙をついて大宮が先制。
すると、これが大宮の狙い通りだった事もあって、そこから試合を締めにかかって、高い位置からプレスを仕掛けず、しっかりと最終ラインと中盤でラインを作って、縦に入れてくるボールを狙って刈っていく事で、守り切っていった。
C大阪の攻めを最後まで集中して守り続けた大宮が、このまま勝ってもおかしくなかったが、C大阪も、前線に人数をかけて、とにかくゴールに圧力をかけていく事で、点を狙って行く中で、最後の最後、ゴール前に放り込んだボールに対して、二人以外にも、逆サイドからも飛び込みがあるなど、思い切った最後の最後まで狙った事でゴールに繋がった。
最後まで気を抜けない試合になった。

もしかしたら采配ミスか
大宮は、最後の最後で点を奪われて勝点2を失ったように思える。
そこまでは良く守れていて、アディショナルタイムも守り切れると思っていたが、しかし、後少しという所で失点をしてしまったのだが、その要因は、ラストプレーを切る事が出来なかった事も大きいかもしれない。
確かに、相手は前線に人数をかけてきていて、後少し、アディショナルタイムだけであれば、後ろの人数を増やす事で対応しようとしたのは分からなくもない。
ただ、家長昭を村上和に交代した事で、跳ね返したボールを抑える事が出来なかった。
そこまでは、跳ね返したボールを一旦家長昭がキープして時間をかけて、守備陣形を作り直すことも出来ていたのだが、ラストプレーの所では、確かに一旦外に出していたのだが、跳ね返したボールを抑えきれずにゴール前に放り込まれてしまった。
必ずしも家長昭が居れば良かったとなったかは分からないが、あそこで一枚抑える事が出来る選手がいたら、それで試合を終わらせる事が出来たかもしれない。
そこまでのプレーを考えても、これが采配ミスになったとも言えるかもしれない。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。