2014年05月09日 [21:12]   toto | スポーツ | toto/2014 

J1/2014第12節他 toto第692回結果と感想

GWの連戦、そのGWの最終日に行われたJリーグ第12節。
各クラブ、連戦と言う意味では、週末の13節で終わりだが、その13節でもって、ブラジルWCメンバーが決まるという事で、この連戦は最後のアピールの場でもある。

J1第12節
仙台 4 - 3 神戸 (13:04/ユアスタ/12,945人) 予想(2) 結果(1) 外れ
鹿島 1 - 2 名古屋 (15:04/カシマ/15,122人) 予想(1) 結果(2) 外れ
F東京 0 - 1 大宮 (13:03/味スタ/23,722人) 予想(1) 結果(2) 外れ
甲府 0 - 0 浦和 (16:04/国立/36,505人) 予想(2) 結果(0) 外れ
新潟 2 - 1 清水 (14:04/デンカS/35,533人) 予想(2) 結果(1) 外れ
G大阪 3 - 0 徳島 (19:04/万博/12,654人) 予想(1) 結果(1) 当り
鳥栖 1 - 0 柏 (15:04/ベアスタ/14,457人) 予想(1) 結果(1) 当り

J2第12節
札幌 2 - 2 熊本 (13:03/札幌ド/12,302人) 予想(2) 結果(0) 外れ
富山 0 - 2 北九州 (13:04/富山/4,021人) 予想(2) 結果(2) 当り
長崎 1 - 1 水戸 (13:03/長崎県立/4,478人)
大分 0 - 2 松本 (13:03/大銀ド/11,650人)
横浜C 0 - 2 京都 (14:03/ニッパ球/7,153人)
岡山 1 - 1 福岡 (14:04/カンスタ/10,743人) 予想(1) 結果(0) 外れ
讃岐 0 - 1 東京V (15:01/丸亀/3,388人)
群馬 1 - 1 山形 (16:04/正田スタ/2,787人)
湘南 2 - 1 栃木 (16:04/BMWス/9,185人) 予想(1) 結果(1) 当り
愛媛 0 - 1 磐田 (18:05/ニンスタ/8,295人) 予想(2) 結果(2) 当り
岐阜 2 - 2 千葉 (19:04/長良川/6,524人) 予想(1) 結果(0) 外れ


結果は5勝8敗。
大外れぇ~。
それも、いつものドローだからとかじゃなくて、完全に逆うっていますね。
予想でき易いと思っていたんですがねぇ。

さて、今節はACL勢がACLの試合の為に抜けていて延期。
で、その間に順位は大きく動きましたね。
鳥栖が、ここにきて首位。
徐々に順位の間が開く時期になってきて、ここで首位に立った事は大きいですね。
また、チームが勝っている事は、先に書いた、ブラジルWCに向けての選手選考に影響を与える可能性は十分ある。
その意味では、豊田陽は自らの活躍でチームを勝たせると同時に、チームが勝つことで彼の評価を上げるという効果がある。
また、今週号の「GIANT KILLING」に書いてあって、良い言葉だなと思ったのは、途中の順位は最後の順位に関係無いわけではなく、各チーム毎試合本気で勝ちにいっているのであり、最終的に勝てば良いと思っている訳じゃない。
つまり、今首位に立っているのは、今最強だという事。
毎節のように首位が入れ替わっているわけではありますが、少なくとも、12節段階では、鳥栖がJリーグで最強だという事だろう。

そして、それを証明するような結果を出しているのが、J2首位の湘南。
間違いなくJ2最強でしょう。
まさかの12連勝。何となく結果だけで言えば勝っているというか、あまり試合を観た訳ではないので、観た試合が偶々そうだった可能性もあるのですが、湘南は勝ってはいるが、そこまで強い印象は無かった。
しかし、実際に負けない。
そこには、今のチーム状態的に、負けないどころか、絶対勝てるという自信が出ているからじゃないかな。
この辺が勝負事の面白い所でもあると言えるんでしょうね。
実際に、五分の条件で、例えば10回戦えば、6回は勝てるかもしれないのだが、連勝してきていて自信をもって挑んでこられたら、気が付けば負けている。裏を返せば、10回中4回しか勝てない相手に対して、その4回を引き当てる事が出来る、そういうのも実際にあるから面白いし、toto何かを難しくする要因なんでしょうね。
本当に、湘南の連勝がどこまで行くのか、楽しみですからね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。