2014年08月22日 [21:09]   アジア大会 | スポーツ | 仁川2014 

アジア大会U-21代表メンバー発表

9月から始まるアジア大会に出場するU-21日本代表メンバーが発表された。
メンバーはこちら。

【スタッフ】
監督
手倉森 誠 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】
GKコーチ
川俣 則幸 【日本サッカー協会ユースサブダイレクター】   ~9/11
リカルド・ロペス・フェリペ 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】 9/10~
コンディショニングコーチ
早川 直樹 【日本サッカー協会ナショナルコーチングスタッフ】

【選手】
GK
1 牲川 歩見 1994.05.12 194cm 88kg ジュビロ磐田
18 杉本 大地 1993.07.15 186cm 79kg 京都サンガF.C.
DF
2 室屋 成 1994.04.05 174cm 65kg 明治大学
3 遠藤 航 1993.02.09 178cm 75kg 湘南ベルマーレ
4 岩波 拓也 1994.06.18 186cm 72kg ヴィッセル神戸
5 西野 貴治 1993.09.14 187cm 73kg ガンバ大阪
6 山中 亮輔 1993.04.20 171cm 65kg ジェフユナイテッド千葉
20 植田 直通 1994.10.24 186cm 77kg 鹿島アントラーズ
MF
7 大島 僚太 1993.01.23 168cm 64kg 川崎フロンターレ
8 原川 力 1993.08.18 175cm 72kg 愛媛FC
10 中島 翔哉 1994.08.23 164cm 58kg カターレ富山
11 金森 健志 1994.04.04 171cm 69kg アビスパ福岡
12 矢島 慎也 1994.01.18 171cm 67kg 浦和レッズ
15 喜田 拓也 1994.08.23 168cm 58kg 横浜F・マリノス
16 吉野 恭平 1994.11.08 182cm 70kg サンフレッチェ広島
17 野澤 英之 1994.08.15 180cm 70kg FC東京
19 秋野 央樹 1994.10.08 176cm 65kg 柏レイソル
FW
9 鈴木 武蔵 1994.02.11 185cm 74kg アルビレックス新潟
13 野津田 岳人 1994.06.06 175cm 69kg サンフレッチェ広島
14 荒野 拓馬 1993.04.20 180cm 60kg コンサドーレ札幌
JFA公式サイトより抜粋[PDF])


このメンバーが、2年後のリオ五輪のまずはベースになる。
前回大会でも、このアジア大会で得点王となった永井謙が、ロンドン五輪でも大活躍を見せて、日本のベスト4へと貢献したように、今大会での活躍はリオを占う上でも重要。
とはいえ、ここで選ばれていないメンバーも、ここから2年で成長していく事もある。

ただ、今大会のメンバーは、これまでの日本代表のような前の選手と言うよりも、後ろの選手に才能が豊富なのは、U-16の頃からはっきりしており、最終ラインで選ばれた、岩波拓、西野貴、植田直は、誰がスタメンとなるのか?
手倉森監督は、アギーレ監督と同じ方向性という事で、4-3-3をやると言っているので、CB候補、それこそ、次のロシアWCでもCB候補とも言うべき3人のスタメン争いが始まるって言えるだろうね。
その上で、日本と言えば中盤の人材ですが、彼らがU-20世代以前では、どうにも小粒感があったのだが、最近では、川崎Fでの活躍で自信をつけつつある大島僚だったり、FW登録ではあるが、野津田岳なんかも中心となりえる存在だろう。
先に書いたように4-3-3を志向するとした場合、今回のFW候補は素直なFW候補と言うよりも、1トップとしての鈴木武と荒野拓という所で、野津田岳はどちらかと言うと中盤で起用だろうね。
しかし、そうイメージすると、4-3-3というよりも、4-1-4-1っぽくなるかな?

今回の日本代表が優勝できるかどうかはわからないが、この大会でもって彼らが何かを掴めるか、WC出場よりも厳しい五輪出場に向けて重要な大会になってくる。





ところで、大会自体開催できるのか・・・?
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。