2014年11月14日 [03:09]   天皇杯 | スポーツ | 第95回天皇杯 

第95回天皇杯大会形式等の変更について

今月末に天皇杯の準決勝、来年のACの為に決勝は12月13日となる。
それに対して、来年の天皇杯、再び決勝が元旦に戻るのだが、しかし、大きく方式を変えてきた。
天皇杯全日本サッカー選手権大会 大会形式等の変更について(JFA公式サイト)
国立競技場は改修中であるため、決勝は、別会場になるが、まさか味の素スタジアムとは・・・
確かに収容人数が5万弱ありますが、今年は日産スタジアムであり、かつてのWC決勝会場で、収容人数が7万超。
折角やるんだから、もう一度、来年も日産で出来ないのかな? それが無理なら、埼玉とかさ。
正直、日本最高峰のカップ戦の決勝の舞台としては、やっぱり、それなりの格式と言うのかな、収容人数とかも欲しいし、ただ、東京だからで選ばれた訳ではないと思うが、味スタと言うのはなぁ。

ただ、それ以上に参加チームの条件が、個人的には天皇杯の格を落とすことにならないか?
因みに、参加条件は以下の通り。

-ACL出場4チームは4回戦から出場する。
※ACL出場チームが、ACL準々決勝に進出しなかった場合は、天皇杯実施委員会にて出場チームを選出する。
-J1 17位・18位(=前年のJ2・2位およびJ1昇格プレーオフ勝者)は1回戦から出場する。
-J2 全22チームは1回戦から出場する。
-1回戦シードチームは、当該年のJFLファーストステージ優勝チームとする。

-本大会の参加資格は第1種加盟登録チームが有する。
※第2種加盟登録チームの参加資格を廃止

(JFA公式サイトより抜粋)


ACL出場チームを優遇するのは良いとして、今回からJ2クラブは1回戦から参加、つまり、初戦で早くもプロ対アマが対戦する事になるのだが・・・
J3はどういう扱いになるのか?
JFLファーストステージ優勝チームは1回戦シードだとして、では、J2からJ3に降格したばかりのクラブなどは、JFLファーストステージ優勝チームよりも下の扱いなのか?
その上で、天皇杯と言う存在を否定するようになるのが、赤字の第1種のみにしたことだろう。
確かに、当たり前だが2種登録の高校生などが勝ち上がる事は難しいが、しかし、個人的には、そういう高校生がJリーグのクラブと戦う事も、そして、そういう試合でジャイアントキリングが起こりえる可能性がある事こそが、天皇杯と言う大会の意義ではないだろうか。
確かに、プロとアマが戦う、それこそ、J1のクラブに対して、JFLのチームが勝つこともある、それはそれで、非常に大きな意味があるのだが、やはり、高校生だって本当の意味で日本一になれるというのが、面白かったんですけどね。
今の世界情勢的に、20歳以下でもトップレベルでやっている選手が出てきている時期であり、そんな年代の選手は、既にJリーグのクラブに所属して言っているが、高校にもそういう選手がいる事がある。
ま、一人スーパーな選手がいれば勝てるほどサッカーは簡単ではないが、サッカーのトップフォームに入る年齢が下がってきている現状で、2種をトップの大会から外すのもなぁ。

Jリーグのクラブを増やした結果、試合数の調整のためなんだとしたら、折角の天皇杯が勿体無いものになったなぁって、思えてしまいますね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。