2015年02月21日 [08:49]   ヴァンフォーレ甲府 | スポーツ | その他/2015 

2015年Jリーグ補強 甲府

J1の各クラブの補強状況を確認してきましたが、そろそろ終わりが見えてきた13位。
そろそろXSCも行われて、2015年のシーズンが始まる、その前に何とか最後まで行けそうですね。

そんな訳で、今回は甲府。

昨季の成績
J1 13位 勝点41 34試合 9勝 14分 11敗 得点27 失点31 得失点差-4
NC グループB3位 勝点10 6試合 3勝 1分 2敗 得点10 失点5 得失点差5
天皇杯 4回戦敗退


終わってみれば、今季は13位で終了と、甲府にとっては過去最高位という事になる。
開幕直後は良い結果を出して、確かに下位にいたものの、残留圏にいる事が出来たが、WCの中断明け、夏場に一気に調子を落として、一時は降格圏まで落ちたものの、その後立ちなおして、結果を出し、最終的に13位、確かに何度か降格圏に落ちたり、最後の方まで残留争いに巻き込まれていたとも言えるが、しかし、順位的には15位以上をキープし続けることが出来たとも言える。
また、NCに関しても、惜しくもグループ突破こそ出来なかったものの、2位の柏と勝点は1であり、後少しの所まで行っていたなど、決して悪いシーズンではなかった。

補強状況

[IN]
GK
河田晃兵(ガンバ大阪) 完全移籍
DF
熊谷駿(仙台育英高) 新加入
渡邉将基(ギラヴァンツ北九州) 完全移籍
MF
野田紘史(V・ファーレン長崎) 完全移籍
堀米勇輝(愛媛FC) 復帰
ブルーノ・ジバウ(パルメイラス(BRA)) レンタル
FW
伊東純也(神奈川大) 新加入
ウィリアム・エンリケ(ヴィトーリア(BRA)) レンタル
アドリアーノ(徳島ヴォルティス) 完全移籍

[OUT]
GK
岡大生(ジェフユナイテッド千葉) レンタル
DF
佐々木翔(サンフレッチェ広島) 完全移籍
青山直晃(ムアントン・ユナイテッド(THA)) 完全移籍
MF
金子昌広(ツエーゲン金沢) 完全移籍
イルファン・バフディム(コンサドーレ札幌) 完全移籍
井澤惇(徳島ヴォルティス) 完全移籍
マルキーニョス・パラナ 退団
水野晃樹(ジェフユナイテッド千葉) 完全移籍
FW
キリノ 退団
ジウシーニョ 退団
河本明人(栃木SC) レンタル
クリスティアーノ(柏レイソル) レンタル


評価は10点。
昨季はキャンプ期間を短縮せざるをえなかったなど、予算状況が厳しいというのも分かるが、戦力低下は間違いない。
正直言えば、0点にしようかとも思ったが、補強が出来なかった訳でもないので10点としたくらいですからね。
まずは、戦力的に厳しい中でも、昨季の好成績とした城福監督を解任して、樋口監督を獲得した事、決して横浜M監督時代に悪い成績を残した訳ではなく、かつては、大宮でもそれなりの成績を残しているから、悪くはないかもしれないが、果たしてどうなるか。
そして、樋口監督がどういうサッカーを甲府でするかは不明だが、それでも、CBの主力である青山直と佐々木翔の二人が抜けた事は大幅な戦力ダウンの要因であろう。
一応、渡邉将を獲得し、残った山本英とでCBのコンビを組む事は可能だが、何かあった時、もしくは3バックを選択する際には、心許ないことになる。
中盤に目を移しても、マルキーニョス・パラナが退団、代わりにブルーノ・ジバウを期限付きで獲得しているが、まだまだ未知数と言え、更に右サイドのジウシーニョも退団と、ここでも主力の放出という事になってしまった。
前線では、何とか盛田剛を残留、更にかつてG大阪やC大阪で結果を出したアドリアーノを獲得したが、昨季、徳島ではボールが前線で入らず得点0という結果になった。
つまり、アドリアーノを使いこなせるかと言う事にもなるだろう。
諸々含めて、抜けた主力の穴埋めが出来ず、戦力ダウンは間違いない状況で、これをひっくり返すには、未知数と言うべき戦力の覚醒が必須と言う厳しい状況であると言える。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。