2015年04月03日 [08:55]   ナビスコカップ | スポーツ | NC/2015 

NC/2015 GL第1節、第2節 結果と感想

2015年のNCが開幕。
昨年は、昇格直後のG大阪が見事に優勝して、3冠の一つを獲得したが、今年制するのか?
リーグ戦とは異なる短期決戦の総当たり戦と勝ち抜き戦だけに、Jリーグで勝てるチームが必ずしも勝てるとは限らない。

第1節
グループA
鳥栖 2-1 松本 (ベアスタ/4,741人)
F東京 2-1 新潟 (味スタ/9,476人)
湘南 1-0 甲府 (BMWス/5,541人)
グループB
川崎F 1-3 名古屋 (等々力/12,253人)
山形 3-1 清水 (NDスタ/4,025人)
仙台 1-0 横浜M (ユアスタ/7,099人)

第2節
グループA
新潟 0-0 広島 (デンカS/12,049人)
鳥栖 0-0 湘南 (ベアスタ/7,694人)
松本 1-1 F東京 (松本/13,870人)
グループB
横浜M 2-0 清水 (ニッパツ/10,192人)
名古屋 3-2 仙台 (瑞穂陸/6,918人)
神戸 3-1 山形 (ノエスタ/5,617人)


まぁ、何と言うか、予想通りとは違うのですが、リーグ戦と同じく、少し意外な結果もありますね。
いや、意外な結果を予想通りとはこれいかにって感じですが・・・
ただ、NCねぇ。
折角のスポンサー名が冠されたカップ戦ではあるが、やはり、その役目は終えてきていると思えるのだが、どうなんでしょうかね。
そもそも、今、Jリーグはサッカーを観てもらおうと、色々と手をつくして、それが斜め上の方向とも言うべき2ステージ制にした訳ですが、リーグ戦だけでなく、サッカーを、Jリーグを見てもらうという意味では、こういうカップ戦も大切にしないといけないと思うんですよね。
にもかかわらず、本来であれば人を集める必要がある試合に対して、一つは代表戦の穴埋め的な扱いはどうだ。
確かに代表戦と同日に行うような真似はしませんが、代表メンバーが抜けた状態での試合、それも、今回は代表メンバーを多く招集しているのですから、メンバーが抜けて戦う状態であれば、本来の試合が出来るのかという面がある。
そして、それ以上に問題は、リーグ戦をとにかくTV放送をするなどして、目に触れる機会を増やすという話もあったが、そもそもJリーグの放映数が増えていない気もする上に、NCはグループステージの間は、結局、TV放送は特別な放送でしかない。
つまり、目に触れさせる機会が減っている、中日の開催だったりもしますしね。
入場者数も少ないまま、正直、本気でJリーグを盛り上げようという風には見えないなぁ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。