2015年04月04日 [08:55]   徒然なるままに | ブログ | 徒然なるままに 

18歳参政権について

18歳以上に選挙権をあてるとか何とか・・・
最近話題になる事も多いが、正直、個人的に反対ですね。
反対する理由はいくつかあるが、一番の理由は、選挙権を得る人に対して、その人が責任を取らないし、取れないという事だろう。
選挙権と言うのは、間違いなく、この国をどうするかという事を考えるという義務によって発生する権利であり、日本全体の事を考えるという意味での義務である。
だからこそ、選挙権を行使するという事には責任が伴ってくる。
適当に票を入れた結果は、先の民主党政権下で、鳩山由紀夫と菅直人という、歴史上屈指の無能宰相を日本はいただくことになり、その結果、現在進行形で、日本と言う国の国益を害している。
選挙権は民主主義の基盤になる。
因みに、まれに間違った認識の人がいるが、民主主義とは多数決ではない。
大切なのは、民衆側に主権があるという事であり、その為に、必要な情報を正しく公正に手にするため、そして、その情報を元に、各々が自らの責任でもって判断する事が民主主義である。
その上で、何らかの決定をする時に、少なくとも多数派の意見に従おうというだけの話である。

これ間違った方向に考えているのか、今の沖縄県知事でしょうね。
沖縄の民意が、民意がと鬼の首を取ったように語っていますが、少なくとも、日本全体で見れば、それは少数派であり、沖縄に基地を作る、ただ、現状では危険があるから辺野古移転という方向性、そういう安全保障に関して、果たして、日本全体の民意として知事が語る通りか、それが本当の意味での民意じゃないのかな?

ま、話を戻すと、選挙権と言うのは、自分たちの投票に責任が伴う。
しかし、18歳と言うのは、日本の法律として、その年齢は未熟であり、自らの行動に対して責任を取れないという風になっている。
確かに、一部、例えば有名人で言えば、石川遼選手だったり、錦織圭選手だったりは、18歳どころか、16歳くらいから責任感があるようなしっかりした人物ではあった。
それに比して、未だ20歳とは言え、無責任なというか、自らの行動にすら責任が取れないような人物も多い。
責任が取れない人が多いと考えれば、選挙権は18歳にするよりも、30歳くらいにして、しかも、納税している日本人に限定すべきだと思いますが、それは、一旦置いておく。

18歳にする理由に、先進国でそうだからという意見もあるが、そんなのは議論に値しない。
誰かがそうだからという理由は、思考停止も良い所で、なぜ、そうするのかを全く考えていない。
必要なのは、誰かがやっているからではなく、何故やるのかだ。

もし、18歳にすべきならば、まずは、何故18歳から選挙権を与えるのかどうか。
そして、その為には、18歳は責任を取れるのか。
そういう所をまずは明確にしてもらわないと、これが本当に必要なのかなど分からない。
先に、民法や少年法を変えて、18歳は20歳と少なくとも変わらない責任を取らせて、その上で、18歳に選挙権を何故与えるのかという事を話すべきであり、現状では、明確に、法令で、未熟で、責任もとれないとされている、18歳に選挙権を与えるかどうかなど、本来議論するまでもなく、語る価値すらない事だと思いますね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。