2015年04月12日 [08:40]   ジェフ千葉 | スポーツ | Jリーグ/2015 

J2/2015 第7節 千葉 vs 大宮

J2第7節。
ここ5試合を3勝2分、今季は未だ負け無しで2位につける千葉。
ここ5試合を2勝2分1敗、千葉に比べると結果が出ていないが、それでも7位につける大宮。
共に昇格候補、J2優勝候補である両チームの対決。

Jリーグ2015 Division2 第7節
フクダ電子アリーナ/11,580人
千葉 2-0 大宮
(千葉) 井出遥也(77分、80分)
ホーム千葉のスタメンは、21 高木駿、4 北爪健吾、20 キム・ヒョヌン、2 大岩一貴、17 中村太亮、5 パウリーニョ、7 佐藤勇人、26 井出遥也、11 ネイツ・ペチュニク、8 谷澤達也、9 森本貴幸の4-2-3-1。
アウェー大宮のスタメンは、1 加藤順大、13 渡部大輔、2 菊地光将、3 河本裕之、22 和田拓也、18 横山知伸、5 カルリーニョス、15 大山啓輔、39 泉澤仁、17 横谷繁、8 ムルジャの4-2-2-2。

千葉が勝利
序盤から試合の主導権を握ったのは千葉で、中盤で素早くプレッシングを仕掛けてボールを奪うと、そこからサイドを活かして素早く攻める形で、大宮はなかなか思うようにポゼッションをして、前にボールを繋いで行けない。
千葉は前半パウリーニョが負傷から一時ピッチを離れるものの、何とか復帰、後半に入っても千葉がペースを握っているが、大宮も何とか押し返そうとするが、77分、左サイドでの田中佑の仕掛けから、佐藤勇が中で基点となって、再度左サイドへとボールを出すと、田中佑のゴールに向かうようなクロス、これにニアサイドGKの目の前に飛び込んで井出遥が足先でコースを変えてゴール、千葉が先制する。
更にその2分後、中盤で井出遥が動いてボールを回すと、中村太が縦に入れたボールをペチュニクが落として、それを受けた井出遥がDFをかわしてミドルシュートを決め、千葉が早々に追加点を奪う。
最後まで大宮は攻め手を見出せないまま、結局、試合は、千葉が支配したまま終了。

完全に千葉が制した試合
J2の優勝候補、そして、昇格候補同士の対決は、まさかの力の差を感じさせる試合になった。
序盤から千葉は、大宮の中盤にプレッシングを仕掛けて、ボールを奪うと、両サイドからの攻めを見せて試合の主導権を握って行く。
ただ、ボールもゲームも支配しているものの、大宮もゴール前では体を張るのと、千葉自身の攻撃の精度が低くてゴールを奪うにはいたらず。
そのまま時間が経過していき、このまま千葉が勝つか、もしくは引き分けかという展開ではあったが、井出遥の2ゴールで千葉が勝利。
本来の実力差はそんなにないと思うのだが、この試合に関しては、完全に千葉のサッカーの前に大宮のサッカーが沈黙して、千葉が圧倒した試合になった。

中盤を抑えられた
大宮としては、カルリーニョスを中心にパスを繋いでポゼッションをしておいて、ムルジャの仕掛けなどにもっていきたい所だったのだろう。
ただ、その部分でプレッシングを仕掛けられて、更に、縦に攻める所もブロックを作られて攻める事が出来ず、自分たちのサッカーをほとんどさせてもらえなかった。
そうなった時に、全く異なる訳ではなく、少し目先を変えるようなプレーが出来たら良かったのだが、それが出来ず、交代選手で家長昭が、何とか彼自身がボールを引き出すことで少し改善したものの、更にサイドからの突破を意識させるためだと思うが、渡邉大を投入したタイミングで、先制点を許してしまった事で、完全に浮き足だってしまった。
確かに押し込まれていて、劣勢の中で失点を許した事で、勝ちが遠退いた感があって、慌てる気が出てくるのは分かるが、しかし、中盤を抑えられていて、攻め手を欠いている所で、折角の選手交代も機能しなくなってしまった。
もう少し、何らかの試合運びの方法が見出せれば良いが、今の大宮がそれを見出せなければ、もしJ1に昇格したとしても結果を出すことが出来ないだけに、このJ2で、そういう柔軟性も見つけ出して欲しい所だ。

中盤の守備能力
これで千葉は負け無しを継続。
色々と要因はあるだろうが、この試合で感じたのは、中盤の守備能力の高さだろう。
昨季も含めて、パウリーニョのタックル数、そして成功率がリーグトップだったように、中盤の底で千葉の守備を支えているが、佐藤勇とのコンビで完全に抑えてしまう事で、そこからの攻撃参加で、更に前の選手が受けて攻める事が出来る。
また、彼らが支えることでセカンドボールを拾う事も出来る為に、サッカーを安定させることが出来る。
そこを飛ばされた時にどうすればいいのかとか、もしくはかわす方法をとってこられた時に、どう対処していくのか、そういう部分での考慮は必要になるだろうが、今の千葉のサッカーの基盤となっているのは中盤の守備であり、それが効いている現状を考えると、当分は千葉のサッカーは安泰であるかもしれない。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。