2015年08月27日 [08:07]   ACL | スポーツ | ACL/2015 

ACL2015 QF 全北 vs G大阪

AFCもベスト8。
Jリーグ3冠王者として臨んだ今大会だが、まさかの苦戦。
それでも何とかグループを1位通過すると、ベスト16は見事に快勝。
そしてベスト4は、昨年のKリーグ王者を相手に、Jリーグ王者としての力を見せろ。

AFCチャンピオンズリーグ2015
[4]準々決勝 韓国 全州ワールドカップスタジアム/23,633人
全北(KOR) 0-0 G大阪(JPN)
ホーム全北のスタメンは、1 クォン・スンテ、4 キム・ギヒ、18 アレックス・ウィルキンソン、3 キム・ヒョンイル、19 パク・ウォンジェ、25 チェ・チョルスン、17 イ・ジェソン、7 ハン・ギョウォン、33 イ・グノ、10 レオナルド、20 イ・ドングッの4-2-3-1。
アウェーG大阪のスタメンは、1 東口順昭、5 丹羽大輝、8 岩下敬輔、6 金正也、4 藤春廣輝、17 明神智和、7 遠藤保仁、13 阿部浩之、19 大森晃太郎、29 パトリック、39 宇佐美貴史の4-2-2-2。

スコアレスドロー
G大阪のボール回しに対して、中盤からきっちりとプレスを仕掛けてくる全北に対して、全北の縦への攻撃は、ゴール前できっちりと跳ね返すG大阪と言う形で、どちらも、なかなか決定機が作れないような、守備の安定した試合。
ただ、徐々に全北が攻めてきて、前半終了間際には、右サイドのクロスから決定的とも言えるヘディングシュートを放たれるが、ここはDFがギリギリで体を当てていて枠を外させる。
後半に入ると、倉田秋を入れてフォーメーションを4-2-3-1に変化させたG大阪がリズムを作り出して、再び五分の展開に持ち込む。
その後、再び全北がペースを握ってきたが、しかし、G大阪の最終ラインも粘り強く守り、数回の危ないシーンはあったものの、きっちりと守り切って、G大阪にもチャンスを作るも結局試合終了、初戦はスコアレスドロー。

何とか引き分け
90分を総じて観た場合、ほぼ全北の方が優勢だったと言える。
G大阪がリズムを掴んでいる時間帯はあったものの、全体としては全北の方が強かったと言えるだろう。
それでも、G大阪の守備はバランスが良く、所々で危ないシーンはあったが、先日のJリーグの試合で見せたように、昨季の優勝の要因となったような前線からのプレッシングと最終ラインの粘り強さのある守備が復活した。
アウェーという事で、最悪引き分けでも良かったとすれば、この試合では何とかその結果を出すことができた。
とはいえ、アウェーゴールの事を考えたら、1点は欲しかったのですが、失点しなったという事で、まずは良しとすべきかもしれない。但し、その代償が、もし宇佐美貴の出場停止だとしたら、正直痛手ではあるかもしれない。
しかし、まだまだ可能性を残したというよりも、多少なりとも優位に立ったという意味でも、この結果は悪く無いと言えるだろう。
後は、どうやって、こちらがゴールを奪うのかと言う点が課題でしょうけどね。

代表を視野に?
今のG大阪は、何とか自分たちが優勝の為に戦っていかないといけない。
ただ、その中で長谷川監督はもしかしたら選手が代表で戦う事を視野に入れているのかもしれない。
確かに、フォーメーションを4-2-2-2から4-2-3-1へと変化させたのは、相手に読まれてきているからという点もあるかもしれないが、しかし、宇佐美貴の凄味を活かしきれているとは言い切れない左SHでの起用は、ようは、A代表でもそこを任せられる可能性が高いというよりも、起用はそこでされているからという点が大きいように思える。
また、それと同様かどうかは分からないが、この試合、出場できない米倉恒に代えて、右SBで起用されたのが、東アジアカップでも代表では右SBでデビューした丹羽大をもってきた。
形を変えるというのであれば、3-4-1-2や3-4-2-1にしても良かっただろうし、今までであれば、オ・ジェソクなどをSBで起用してきていた。
それを丹羽大にしたのは、もしかしたら本当にA代表を視野に入れているのか。
もしそうだとしたら、クラブの勝利と、日本の強化と言う両面を視野に入れている長谷川監督には脱帽ですね。

点を与えない事
柏の方は、失点してもとにかく点を取る戦いが必要になるように、G大阪は、とにかくホームでの試合は失点しないことが重要になる。
確かに点を取らないと勝てないので、取りに行く必要はある。
しかし、そこでリスクを冒した結果、失点をしてしまうと、G大阪は2点を取らないといけなくなってしまう。
G大阪と言えば、得点力が武器ではあるが、宇佐美貴が出場停止も含めて言えば、点を取るよりも、失点をしない事。
それであれば、最悪、ホームで延長などを戦えることになる。
とはいえ、出来ればそういう消極的な部分は観たくないとも思う。この辺、何が何でも勝って欲しいという点と、面白い試合を観たいという二律背反になってしまいますが、G大阪であれば、守りながらも面白いサッカーをしてくれると期待したい。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。