2015年11月16日 [08:28]   天皇杯 | スポーツ | 第95回天皇杯 

第95回天皇杯4回戦 仙台 vs 松本

最後のシードクラブも参加して行われるベスト16となる天皇杯4回戦。
J1で14位と今季も何とか残留を決めた仙台。
先日の試合でついに降格が決まった16位の松本。
J1同士、そして、下位で争っていた両チームが天皇杯へ向けての対決となる。

第95回天皇杯全日本サッカー選手権大会
4回戦 No.75 ユアテックスタジアム仙台/5,802人
仙台(J1) 2-1 松本(J1)
(仙台) 富田晋伍(67分)、菅井直樹(82分)
(松本) OG(86分)
仙台のスタメンは、21 関憲太郎、25 菅井直樹、2 鎌田次郎、3 渡部博文、23 二見宏志、10 梁勇基、17 富田晋伍、14 金久保順、7 奥埜博亮、20 ハモン・ロペス、11 金園英学の4-2-2-2。
松本のスタメンは、1 村山智彦、30 酒井隆介、4 飯田真輝、2 大久保裕樹、5 岩間雄大、3 田中隼磨、23 工藤浩平、36 安藤淳、24 那須川将大、39 阿部吉朗、22 前田直輝の3-1-4-2。

仙台が逃げ切る
立ち上がりから試合の流れを掴んでいたのは仙台で、何度となく松本ゴールを脅かすような攻撃を見せるが、シュートの精度を欠いてしまうのと、松本DFの粘りもあってゴールを奪えず。
劣勢の中で松本も、何とか攻めに転じて、カウンターを狙って行く事で、何とか流れを変えようとする。
ギリギリで耐えていた松本であり、攻めながら点が取れない仙台と言う所だったが、67分、奥埜博がミドルシュート、これがDFに当り絶妙なコースに飛んだがGK村山智が横っ飛びで触ってコースを変えポスト、しかし、このこぼれ球を梁勇基が拾うと、反転してクロス、この低いボールを金園英が押し込みに行くがミートせず、流れたボールに最後は富田晋が押し込んで、ついに仙台が先制する。
更に82分、左CKから流れたボールを山本大がダイレクトで折り返すと、菅井直がDFと競り合いながら押し込みに行ったボールがゴールに吸い込まれて、仙台が追加点を奪う。
86分、2点を追う松本は、左CKからゴール前に入れたボールを前田直と競り合う形になった山本大の足に当ってゴールに入り、OGで松本が1点を返す。
しかし、そのまま仙台が逃げ切って、ベスト8進出。

内容と狙い
この試合の内容は明らかに仙台が良かった。
完全にボールを支配して、松本陣内で戦い、何度となく松本ゴールを脅かした。
それでも松本の最終ラインとGKの村山智が中心となって、チーム全体が粘り強く守る事で失点をしなかった。
そこからカウンターと言う形を狙っていて、松本としては、ある意味狙い通りの展開だったかもしれない。
元々、仙台も守っておいて相手が出てきた裏をついてカウンターを狙うサッカーをやっており、その意味では、仙台はいつものサッカーが出来なくなっていたと言える。
松本の方が狙い通りであり、自分たちの武器である守ってからのカウンターと言う仕掛けが出来ていた。
内容的には仙台が良かった中で、松本の方が狙い通りの展開であり、自分たちのサッカーも松本が出来ていたとした場合、この試合は、どう考えるか難しい試合ではあるが、結果として、仙台が勝った試合ではあるが、この試合を考えた場合には、ちょっと興味深い試合だったとも言える。

狙いはあるが
最終的にOGで1点を返したものの結局勝てなかった。
先に書いたように狙いがはまったのは松本だろう。
いつも通りの守ってからのカウンターを仕掛けて、チャンスを作り出す事も出来ていた。
内容的に押し込まれた展開だが、今季のJ1ではそういう試合も多く、その中で結果を出すことも出来ていた。
但し、最終的に降格したように、それだけでは結果に繋がらない試合も多かったという事だろう。
粘り強い守りは出来ていたし、カウンターでチャンスを作れた。
ただ、そこで得点と言う結果を出せなかった事、それこそが、降格と言う結果に繋がったのかもしれない。
とにかく点を取る方法を整備する事、J1で結果を出すためには、分かり易い所では、それが必要なんでしょうね。

泥臭い勝利
いや、泥臭いが、これが仙台らしいとも言えるねぇ。
試合内容的には、自分たちが主導権を握って戦えて、優勢に試合を進めていた。
ある種、それが自分たちのサッカーと違って、結果を出せなかったが、後半の得点シーンに関しては本当に泥臭く、それこそ仙台らしかった。
どちらもギリギリで押し込んだという形で、そこで押し込むことが出来たのが勝利に繋がった。
あぁいうゴールを奪える事は、ある種の強さとなりえる。
ベスト8へと駒を進めた仙台は、既にJ1では優勝も降格も無いので、こちらに的を絞って、初の準決勝、決勝を目指す、その際に、格上の相手でもゴールを奪えるかどうかは、こういう泥臭さという所だろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。