2015年12月07日 [08:17]   M-1グランプリ | お笑い | 徒然なるままに 

M-1グランプリ2015

漫才日本一を決める大会。
10回で一旦終わったM-1グランプリが復活。
再び年末の風物詩となれるか。
今年復活したM-1グランプリですが、今年の決勝進出者は次のメンバー。

メイプル超合金(サンミュージックプロダクション) 初出場
馬鹿よ貴方は(オフィス北野) 初出場
スーパーマラドーナ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 初出場
和牛(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 初出場
ジャルジャル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 2大会連続2回目
銀シャリ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪) 2大会連続2回目
ハライチ(ワタナベエンターテインメント) 3大会連続3回目
タイムマシーン3号(太田プロダクション[51]) 6大会ぶり2回目
(敗者復活) トレンディエンジェル(よしもとクリエイティブ・エージェンシー) 初出場


初出場と連続出場、そして、復活と結構バラエティーに富んでますね。
個人的には知らない面子もいますしね。
そして、審査員が今回から、今までは先輩芸人と言うか、それなりのキャリアを積んだ芸人が審査員になっていましたが、今回は過去の優勝者が審査員になっていますね。

司会者 今田耕司、上戸彩
審査員 中川礼二、増田英彦、岩尾望、吉田敬、徳井義実、富沢たけし、石田明、佐藤哲夫、哲夫(笑い飯)


この審査員構成は、結果にどう影響してきますかね。

いつも通り、観た上での個人的な評価は()で入れていきたいと思います。

メイプル超合金 796(85)
結構、シンプルと言うか、王道と言うか、見た目と異なり、普通に面白いネタでしたね。
個人的には漫才って、あんまり奇を衒ったものよりも、こういう王道の方が好きなので、好きな方のネタですね。

馬鹿よ貴方は 791(75)
何と言うか独特の世界観ですねぇ。
シュールと言うか、判断に困る様な、どう判断すれば良いのか難しい。
面白くはないけども、笑えるというのとは違うんですよね。

スーパーマラドーナ 813(88)
面白かったねぇ。先のコンビが非常に独特でしたし、そういう意味では2組連続で独特なコンビでしたので、ギャップからも王道の感じが面白く感じましたね。

和牛 806(89)
これも面白かった。スーパーマラドーナとどちらが面白いかは、個人的な好き嫌いかもしれないが、個人的にはこちらかな。
何と言うか、ベテランではないでしょうけども、ベテランの味かな?

ジャルジャル 834(87)
ジャルジャルらしいネタと言うか、これも独特のネタですね。
何と言うか、王道と独特の世界観のギャップが大きくて、ついていけない部分があるなぁ。

銀シャリ 818(92)
流石に面白い。ボケとツッコミがここまではっきりとしている。
何と言うか漫才らしい漫才で、本当に笑った。

ハライチ 788(90)
ハライチらしいネタですが、それだけに新しい感じはなかったかな?
この辺は、ある程度売れている芸人が不利になる点かな?

タイムマシーン3号 816(95)
ネタの運びなんかも含めて、非常に面白かった。
ヘルシーの登場にはやられた。

トレンディエンジェル 825(89)
やり切った感じはありますね。
ただ、少し間があった所為か、ちょっと冷めた所を越える事は出来なかったかな?

最終決戦に駒を進めた3組はこちら。

ジャルジャル 834(87)
トレンディエンジェル 825(89)
銀シャリ 818(92)


9人の審査員からの票が最も入った組が優勝ですから、最後はシンプルに好き嫌いの戦いですね。

銀シャリ 2票
最後のオチが弱かったなぁ。ネタとしては練られていて流石で、面白かったんですが、最後の最後でちょっと盛り上がり切らなかったですね。

トレンディエンジェル 6票(○)
悪くはなかったが、最初のネタの方が勢いがあったかな?
ただ、トレンディエンジェルのネタはこんな感じなんですよね。

ジャルジャル 1票
ネタの内容が、同じ感じだったなぁっと思った後は、個数の部分は面白かったなぁ。
もう少し、そういう新しい部分を出して欲しかったなぁ。

トレンディエンジェル優勝おめでとう!
M-1やTHE MANZAIが全体的に笑い飯の影響か、今までの漫才と異なる方向性に行っているようなネタが多かった。
ただ、今回に関しては、独特の世界観と言う意味ではジャルジャルが勝ち上がったが、銀シャリとトレンディエンジェルと言う、素直にボケとツッコミが分かれているコンビも戻ってきて、漫才らしい漫才になってきた感もありますね。
最終決戦の3組は、ある意味ベテランと言うか、きっちりとネタを用意できるコンビが残った感じがしますね。
個人的には最後の最終決戦は、ちょっと消去法になってしまった感がありますが、それでも、3組とも面白かったのは面白かった。
あれ、そういえばトレンディエンジェルは敗者復活からって、サンドウィッチマンに続いて2組目か。
確かに面白かったし、実際の準決勝のネタの状況が分からないんですが、これが増えると、プロの審査員と言うか、決勝を決めた審査が本当に正しいのかと感じさせてしまうかもしれませんね。
とはいえ、今回は、あんまり審査結果と個人的な感想に乖離が無かったのですが、ネタによっては、やはり評価が大きく違う事もありますからね。
そういう部分で、審査する人によって評価が逆になる事もあるでしょうしね。

本格的に復活するM-1で、その最初が敗者復活からの優勝と言うのもありなんでしょうね。
ネタ番組が減っている中で、これからも漫才を見せる場の最終決戦として、M-1には頑張ってほしいですね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。