2015年12月17日 [08:56]   FIFAクラブワールドカップ | スポーツ | FCWC/2015 

FCWC2015 広島 vs リバープレート

今年は日本で行われるクラブワールドカップも準決勝。
開催国として出場した広島は、準々決勝でマゼンベを倒しての準決勝進出。
対するは、南米王者のアルゼンチンのリバープレート。
リーベル相手には夏場にスルガ銀行杯でG大阪が敗れた相手であり、Jリーグとしてもリベンジしたい相手。
勝って、アジア勢初の決勝進出と行きたい所だ。

FIFA クラブワールドカップ Japan 2015
【M5】準決勝 大阪長居スタジアム/20,133人
広島(開催国) 0-1 リバープレート(CONMEBOL)
(リーベル) ルーカス・アラリオ(72分)
開催国王者、広島のスタメンは、1 林卓人、33 塩谷司、5 千葉和彦、19 佐々木翔、18 柏好文、6 青山敏弘、8 森﨑和幸、27 清水航平、9 ドウグラス、25 茶島雄介、22 皆川佑介の3-4-2-1。
南米王者、リバープレートのスタメンは、1 マルセロ・バロベロ、25 ガブリエル・メルカド、2 ホナタン・マイダナ、3 エデル・バランタ、21 レオネル・バンヒオーニ、5 マティアス・クラネビテル、23 レオナルド・ポンシオ、8 カルロス・サンチェス、15 レオナルド・ピスクリチ、7 ロドリゴ・モラ、13 ルーカス・アラリオの4-2-2-2。

リーベルが競り勝つ
立ち上がり、いきなりリーベルが仕掛けてFKのチャンスを得るが、広島が体を張ってシュートを許さず、その後は、リーベルも広島のカウンターを警戒してリスクを冒さず。
どちらも守備から入ったような展開だったが、26分、広島が狙っていたカウンターから、一気に前線に抜け出した皆川佑がシュートまで行くが、飛び出し間合いを詰めたGKにセーブされる。
30分を過ぎたあたりから、広島が攻勢を仕掛けて、リーベルゴールを脅かすが、ゴールを奪う事が出来ず、リーベルも44分にはオフサイドになったが良い形を作ってくる。
後半も広島はカウンターからチャンスを作り、54分にはドウグラスが上手くスピードで抜け出したが、しかし、そのドウグラスのクロスは精度を欠いてゴール前で皆川佑に合わせられず。
その後も、広島が右サイドの攻めからチャンスを作り出すもののゴールを奪えないと、試合の流れがリーベルに変化してきた所で、72分、FKでゴール前に放り込まれたボールを、林がキャッチに行ったところで、2番マイダナが競り勝って、中に落としたボールを13番アラリオが押し込み、リーベルが先制。
1点を追う広島が攻撃に出たいがリーベルがきっちりと守備をしてきて崩しきれず、結局そのまま試合終了。

精度を欠いた
南米王者のリーベル相手に広島は互角の試合を出来たと言える。
お互いに守備から入ったような試合は、確かに序盤にリーベルにやられるシーンもあったが、それでも危ないシーンはほとんどなく、守備から作り上げた広島がチャンスを作れるようになり、後半の立ち上がりには、右サイドからの攻めで決定機を作り出せるようになった。
リーベルも広島のサッカーを良く研究してきていて、カウンターを仕掛ける隙を与えないような、リスクを排したような守備に切り替えた所では、一旦下がってブロックを作ってくるので、広島もなかなかゴール前でチャンスを作れず、そして、サイドからの攻めではクロスが精度を欠いてしまった。
結局、チャンスの数はお互いに変わらなかったと思えるが、しかし、広島は精度を欠いた所で、リーベルは泥臭くはあったがゴールを奪いきった、その差が、未だに日本と南米との差なのかもしれない。

持ち味を出し切れず
この試合の広島は最前線に佐藤寿ではなく、初戦と同じく皆川佑を起用してきた。
ゴール前で、なかなかスペースが作れなかった事もあって、皆川佑の起用は、狙いとしては正解だったようにも思える。
但し、ボールを持って、サイドから攻めるというのが広島の狙いになっていたが、ゴールまで人数をかける事が出来ず、結果として、皆川佑にボールが入らなかった事もあって、チャンスを作りきる事も出来なかった。
先に書いたように精度を欠いた事もあって、決定機とならなかった。
守備では、リーベルの攻撃を良く集中して守っていて、広島らしく戦えていたとも言えるが、そこから攻撃、得点に結びつける事が出来ず、浅野拓を投入しても、そのスピードを活かすような展開にはなっていなかった。
結果として、なかなか思い通りの自分たちのサッカーに持ち込むことが出来ず、リーベルに対して焦りのようなものを持たせる事はできたが、そこまでだったように思える。
スピードや駆け引きの余地があまり出せなかった事が、結局、広島の持ち味を出し切る事が出来なかったと言えるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。