2015年12月18日 [08:14]   FIFAクラブワールドカップ | スポーツ | FCWC/2015 

FCWC2015 バルセロナ vs 広州

今年は日本で行われるクラブワールドカップも準決勝。
ついに欧州王者、スペインのバルセロナが登場。
対するはクラブ・アメリカをやぶって上がってきたアジア王者、中国の広州。
ブラジル人の代表クラスを抱え、アジアでもトップクラスの個の力を持つ広州が、バルサ相手に通用するのか?

FIFA クラブワールドカップ Japan 2015
【M6】準決勝 横浜国際総合競技場/63,870人
バルセロナ 3-0 広州恒大
(バルサ) ルイス・スアレス(39分、50分、67分PK)
欧州王者バルセロナのスタメンは、13 クラウディオ・ブラボ、6 ダニ・アウベス、3 ジェラール・ピケ、14 ハビエル・マスチェラーノ、18 ジョルディ・アルバ、5 セルヒオ・ブスケツ、4 イバン・ラキティッチ、8 アンドレス・イニエスタ、17 ムニル・エルハダディ、9 ルイス・スアレス、20 セルジ・ロベルトの4-1-2-3。
アジア王者広州のスタメンは、22 リー・シュアイ、5 ジャン・リンポン、6 フォン・シャオティン、28 キム・ヨングォン、25 ゾウ・チョン、8 パウリーニョ、10 ジョン・ジー、16 フアン・ボーウェン、11 リカルド・グラル、27 ジョン・ロン、9 エウケソンの4-2-3-1。

バルサ快勝
立ち上がりから、バルサがポゼッションで圧倒して、なかなか広州はボールを奪えないが、しかし、広州の守備も粘り強く決定機を作らせない。
広州が耐え抜いていたような展開だったが、33分、25番ゾウ・チョンが競り合いの中で足を捻るように滑って倒れ、おそらく骨折をしたのか、急遽交代をすると、試合が動き出すように、広州は中盤でパウリーニョが上手くボールを奪ってチャンスを作れば、39分、ラキティッチの強烈なミドルシュートをGKが一旦は止めるが、弾いた所に唯一反応していたスアレスが押し込んで、バルサが先制。
ただ、そのすぐ後に広州もFKのチャンスを得ると、ゴール前に放り込んだボールをエウケソンがヘディングシュート、しかし、これはGKのブラボが素晴らしい反応で止める。
後半開始早々、50分、逆襲をしたい広州の気持ちを折るように、パス回しからイニエスタが縦に入れた浮き球をスアレスが胸トラップからボレーシュートを決めて追加点。
バルサのボール回しに広州は、完全に翻弄され出すと、66分、ダニ・アウベスのスルーパスにサイドから中に飛び込んできたエルハダディを後ろからフアン・ボーウェンが倒してPK、これをスアレスが思い切り、左サイドに蹴り込み、バルサが3点目、スアレスがハットトリックを達成する。
その後も何度もバルサが広州ゴールに迫るが、4点目は生まれず、広州にもチャンスはあったが、こちらもゴールを奪えず、結局試合は、3-0でバルサが勝利。

大きな差
正直言えば、勝てるとは思っていなかったが、それでも、パウリーニョやロビーニョがいて、スコラーリが監督として指揮する広州であれば、バルサ相手にもっと互角の戦いが出来ると思っていた。
アジアにおいて、単純な個の力としてみた場合、圧倒していただけに、その力が世界のトップクラスとどう戦えるかを観たかったが、蓋を開けると、明確に大きく差があった。
バルサの前線で、メッシとネイマールが負傷もあってスタメンを外れていたが、ボール回しと言う点では全く変わらず。
広州はパス回しで翻弄されて、ポゼッションで75:25と圧倒される事にもなった。
パウリーニョは良く中盤で効いてはいたが、ボール回しでかわしていかれて、危なげなくバルサにやられてしまった。
戦略的に差があるのは、ある意味仕方が無いが、それでも、まだまだアジアと欧州でここまで差があるという事なんだろう。

差を詰める
この試合では、バルサにもミスがあった。
それでも広州は、バルサ相手に圧倒されて完敗と言う結果になった。
とはいえ、いつまでも勝てる訳が無いとなっている訳にもいかない。
今回の広州は、いままでの中で最もタレントは揃っていたと言っても良い。
にもかかわらず、ここまでの差はあったという事であり、それは相手がバルサだからと言うわけでも無く、まだまだ、アジアと欧州の差と言う所になるのは、先に書いた通りだろう。
その差をどうやって詰めていくのか。
個の力では、まだまだ及ばないが、中国や中東はその資金力で、良い選手を集めていく事は可能だろう。
そういう相手と戦っていく上で、どう戦うのか、力の底上げをしていく必要はあるが、現状で、Jリーグで、ここ数年の中で最強のチーム力と言うべき広島でも、南米王者に勝つ事が出来なかった。
欧州や南米王者と戦っていく為に、単純な個の力と、その相手とどうやって戦っていくのか、そういう事を試行錯誤していくしか、遠回りに思えて、そうする事が近道なのかもしれない。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。