2016年01月07日 [08:15]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第94回高校選手権 

第94回選手権準々決勝 結果と感想

高校サッカーもついにベスト8。
ここでの勝利で、日本代表の聖地とも言うべき埼スタでのベスト4へと行ける。
果たして、その4校はどこか。

準々決勝
駒沢陸上競技場
41 星稜(石川) 3-0 明徳義塾(高知)
42 駒澤大高(東京B) 0-1 東福岡(福岡)
ニッパツ三ツ沢球技場
43 青森山田(青森) 1-0 富山第一(富山)
44 國學院久我山(東京A) 1-0 前橋育英(群馬)
(公式サイト準々決勝)


今大会は初戦の方で波乱が起こったかと思っていたが、この準々決勝の結果からしても、ある程度、順当だったようにも思える。
何より、このベスト8の結果は、個人的には国学院久我山が勝った以外は、ある意味順当な結果な気がしますね。
ここで少し間を空いて、9日(土)に準決勝となりますが、そこで、昨年優勝校の星稜とIH王者の東福岡、そして、青森山田と国学院久我山の対決になる訳ですね。
星稜に関しては、昨年よりもと思っていたのだが、今大会、ここまでの試合で力をつけてきていますね。
逆に、東福岡の方が、徐々に苦労する試合が増えてきているように思える。
ただ、どちらもここまで1失点のみ、星稜は2回戦からなので1試合少ないのですが、どちらも守備が良いという面があるだけに、1点の争いになりそうですね。
それに対して、もう一方の青森山田と国学院久我山は、結構失点が多いんですよね。
何と言うか、1点を争う試合と、点の取り合いになりそうな試合が観れそうですが・・・
さて、先に波乱云々という事も書いたが、それと同時に、あんまり今大会はPK戦が無い気がしますね。
ここまでで、44試合で8試合か・・・
昨年が44試合で11試合がPK戦決着ですからねぇ。
ここから先、確か準決勝以降は90分の試合になった筈ですし、さて、それぞれが、ハーフで5分のびる事がどう影響してきますかねぇ。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。