2016年01月15日 [08:15]   全国高校サッカー選手権大会 | スポーツ | 第94回高校選手権 

第94回選手権決勝 優秀選手発表

東福岡が夏冬の2冠を達成して終えた、今年の高校サッカー。
その優秀選手35名が発表されている。

GK
寺尾凌(市船橋)
坂口璃久(星稜)
広末陸(青森山田)
脇野敦至(東福岡)
DF
古屋誠志郎(市船橋)
杉岡大暉(市船橋)
白井達也(市船橋)
野村京平(国学院久我山)
宮原直央(国学院久我山)
佐藤瑶大(駒大高)
タビナス・ジェファーソン(桐光学園)
常田克人(青森山田)
福地聡太(東福岡)
星キョーワァン(矢板中央)
MF
椎橋慧也(市船橋)
鈴木遥太郎(国学院久我山)
名倉巧(国学院久我山)
イサカ・ゼイン(桐光学園)
鳥海芳樹(桐光学園)
阿部雅志(星稜)
大橋滉平(星稜)
神谷優太(青森山田)
尾ノ上幸生(前橋育英)
金子拓郎(前橋育英)
吉武莉央(大津)
鍬先祐弥(東福岡)
藤川虎太朗(東福岡)
中村健人(東福岡)
三宅海斗(東福岡)
禹滉允(明徳義塾)
FW
矢村健(市船橋)
渋谷雅也(国学院久我山)
深見侑生(駒大高)
小川航基(桐光学園)
柴田丈一朗(富山第一)


Jユースの方もいるから、必ずしもではないが、彼らが2020年の東京五輪の日本代表に近付いたメンバーであると言える。
おそらく、4年後、ここに名前の挙がった内の何人かが五輪のピッチに立っているのかもしれない。
そう考えると感慨深いですね。
高校サッカーの放送の仕組みと時間の都合もあって、全く試合を観た事の無い高校も多くありますので、この中で、そのプレーを観ていない選手もいるが、やはり優勝した東福岡からは多くの選手が選ばれるのは当たり前なのかもしれない。
ただ、ほとんど失点しなかった、その東福岡でGKの脇野敦とDFでは福地聡が選ばれているのではあるが、他は中盤の選手なんですよね。
また、どこからでも点が取れた事が影響したのか、FWが選ばれていないですしね。
何と言うか、面白いなぁ。
また、FWで言えば、35名中5名のみで、逆にGKが4名選ばれている。
確かに、今大会、私が観た試合だけではあるが、良いGKがいるなって印象のあった大会でした。
それだけに、4名も選ばれたという事になるのだろうが・・・
そういえば、先に東福岡が多いと言いましたが、その東福岡に準決勝で敗れた市船の方が、準優勝の国学院久我山よりも多くの選手が選ばれて、人数で言えば東福岡と同じなんですね。
全体的にまた中盤の選手が増えてきた感じではあるが、現在の五輪代表でもそうですが、後ろの選手にスポットが当たったというか、後ろに良い選手が生まれてきている気がしますね。
今の五輪代表がCBの岩波拓と植田直のコンビなどCBの良い選手が生まれてきているが、東京五輪というその次の大会では、もっと専門的なGKにスポットが当たる選手が出てくるのかな?
ブラジルWCでは、ノイアーと言うトンデモナイGKがスポットを浴びたが、その意味では、大分遅れてはいるが、日本でも凄いGKが生まれてきたのかもしれない。
それと同じく中盤の選手も多くいるのだが、やはり、FWが生まれてきていないのが気になる所だ。
所謂プラチナ世代が、FWを多く生んでいるが・・・但し、この下の世代にあの久保くんがいることを考えると、良いのかもしれませんね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。