2016年01月21日 [08:44]   サッカー五輪代表 | スポーツ | カタール2016 

AFC U-23選手権2016 イラク vs 韓国

今年開催されるリオ五輪出場をかけてのU-23選手権のGSも最終節。
グループCでは、既にイラクと韓国がGS突破を決めている。
勝点は同じだが、得失点差で韓国が上回っている。
イラクが勝てばイラクが1位、それ以外では韓国が1位通過となる試合。
因みに2位のチームが、日本にとってリオ五輪出場をかけてベスト4で戦う可能性の出てくる相手。

AFC U-23選手権 カタール2016
[5] グループC 最終節 カタール グランド・ハマド・スタジアム/2,507人
イラク 1-1 韓国
(IRQ) AMJED WALEED HUSSEIN(92+分)
(KOR) KIM HYUN(22分)
イラクのスタメンは、20 KARAR IBRAHIM SHAKER、17 ALAA ALI MHAWI、2 SUAD NATIQ NAJI、16 MOHAMMED MAAN MAHMOOD、23 AHMED MOHAMMED HUSSEIN、21 ALI QASIM HAMEED、6 SAIF SALMAN HASHIM、14 MAZIN FAYYADH AJEEL、7 AMJED WALEED HUSSEIN、22 BASIM ALI HASSOON、18 AYMEN HUSSEINの4-2-2-2。
韓国のスタメンは、1 KIM DONGJUN、13 PARK DONGJIN、15 JUNG SEUNGHYUN、4 SONG JUHUN、12 KU HYUNJUN、16 HWANG KI WOOK、8 LEE CHANGMIN、17 YU INSOO、11 KIM SEUNG JUN、14 LEE YEONGJAE、9 KIM HYUNの4-2-2-2。

イラク追いつくも2位
どちらも高い位置からプレスを掛けるが、徐々に韓国がテンポ良くパスを回せるようになってきて、試合の主導権を握り出し、セカンドボールも韓国が拾えるようになっていく。
ただ、イラクもきっちりと守っていて危なげない。
22分、韓国は左CKをショートコーナーで初めて、一旦タイミングを外してからのクロスに9番KIM HYUNが下がってヘディングシュートを決めて、韓国が先制。
1点を追うイラクが攻勢に出るものの、韓国の守備を崩しきれず、試合のペースは韓国のまま変わらず。
後半に入るとイラクの出足が良くなってきて、押し返しだすと、試合のペースはイラクの方が奪ったかに見えたが、前掛かっていくイラクに対して韓国もカウンターから決定機を作り出す。
イラクの方が動きが良く、セカンドボールもイラクが拾うようになって、試合の流れはイラクのペースとなるが、最後の部分で精度を欠いて、なかなかゴールを奪えない。
このまま、イラクは追いつけないかと思われたアディショナルタイム、右サイドで8番が仕掛けて、DFをかわしてからのクロスに中央で、7番が何とか触ってゴール、イラクが同点に追いつく。
しかし、時すでに遅しで、結局、試合はドロー、イラクは2位となる。

日本と戦う可能性はイラク
まぁ、勝っても負けても気分の悪い韓国と試合をしなくて済むという事で、イラクが2位となってくれた事は良かった。
ただ、試合の内容的には、前半は韓国だったが、後半はイラクであり、その勢いは非常に脅威になる。
前半から悪くはない流れであったが、後半に入ってからの圧力の入れ方、特に、終盤に入っても走れる足と、スピードは日本にとって非常に脅威となりえるだろう。
また、前半から彼らの守りは前からプレスを仕掛けてきていて、日本にとっては、今大会、なかなかCHの部分が機能していないのだが、こういうプレスを仕掛けられると、日本にとっては、結局、最終ラインからのキックと言う事になりかねない。
それは、日本のサッカーが出来なくなるという事で、本来なら大島僚あたりの調子が良ければいいのだが・・・。
更に言えば、日本がGSで戦った相手は、基本的に体格的に劣っていた分もあって、日本はゴール前でファールが多くても、そこまで危なげなく跳ね返すことが出来た。
それが、イラクであれば、前線に力のある選手がいるだけに、ここまで程余裕で跳ね返せるとは言えない。
今回の代表はCBの強さが特長ではあるが、ここまでのようにファールが多いと苦しい試合になるだけに、ベスト4で戦う事があれば、どこまでファールをせずに止めるかと言う事が重要になるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。