2016年01月22日 [08:11]   サッカー五輪代表 | スポーツ | カタール2016 

AFC U-23選手権2016 UAE vs ベトナム

今年開催されるリオ五輪出場をかけてのU-23選手権のGSも最終節。
日本が五輪出場をかけるベスト4で当たるのは、このグループDで1位通過してきた国になる可能性がある。
既に2連敗でGS敗退が決まっているベトナムに対して、現在、勝点4で2位のUAE。
ヨルダンとオーストラリアが潰し合う為に、勝つか引き分ければGS突破となるだけにUAEにとっては有利な試合。

AFC U-23選手権 カタール2016
[6] グループD 最終節 カタール グランド・ハマド・スタジアム/623人
アラブ首長国連邦 3-2 ベトナム
(UAE) OG(65分)、MOHAMED ALAKBERI(74分)、AHMED HUSAIN AL HASHMI(78分PK)
(VIE) NGUYEN CONG PHUONG(24分PK)、NGUYEN TUAN ANH(68分)
UAEのスタメンは、22 MOHAMMED BUSANDA ALFALAHI、23 ABDALLA GHANIM ALALAWI、16 SALEM SULTAN、13 AHMED RASHID、21 SAEED MUSABBEH、4 AHMED BARMAN、5 SALIM ALI、12 MOHAMED ALAKBERI、20 SAIF RASHID、2 WALEED AMBAR、9 AHMED HUSAIN AL HASHMIの4-2-3-1。
ベトナムのスタメンは、1 PHAM VAN TIEN、14 VU VAN THANH、15 NGUYEN NAM ANH、5 PHAM HOANG LAM、3 PHAM MANH HUNG、8 LUONG XUAN TRUONG、12 NGUYEN TUAN ANH、16 TRAN HUU DONG TRIEU、21 PHAM DUC HUY、18 HO TUAN TAI、10 NGUYEN CONG PHUONGの4-2-2-2。

UAEが勝利
立ち上がりからUAEよりもベトナムの方が良い攻めを見せていると、23分、左サイドで、21番PHAM DUC HUYがワンツーで抜けてクロスを上げると、それがDFの腕に当たりハンドでPK、これを10番NGUYEN CONG PHUONGが正面に思い切り蹴り込みゴール、ベトナムが24分先制する。
1点リードを許したUAEだが、まさかの前半の35分までに、交代カード3枚を全て負傷交代で使わざるを得ない展開になる。
UAEも攻めるものの、試合のテンポは依然ベトナムの方が良く、ボールが非常に良く動いて、UAEはなかなかボールを奪えないなど、ベトナムの方が良い。
運動量とパス回しで優勢に立っていたベトナムだったが、65分、UAEの12番MOHAMED ALAKBERIが右サイドからのクロスを上げると、そこでベトナムの5番PHAM HOANG LAMがゴールの上か枠の外にクリアしたかったのだろうが、当り損ねたヘディングはゴールに綺麗に決まり、OGでUAEが同点に追いつく。
しかし、すかさずベトナムが反撃、68分、12番NGUYEN TUAN ANHが10番NGUYEN CONG PHUONGからのパスを受けると、細かいフェイントでDFをかわしてミドルシュートを狙いすましたコースに決め、ベトナムが再び突き放す。
74分、UAEは12番MOHAMED ALAKBERIが強引にボールを奪うと、GKの位置が高いのを見て、思い切ったロングシュートを決め、同点に追いつく。
同点に追いついた事で、UAEに勢いが出て、立て続けにセットプレーのチャンスが生まれると、77分、左CKからの競り合いでこぼれ球を23番ABDALLA GHANIM ALALAWIが押し込もうとしたところ、8番LUONG XUAN TRUONGの手に当ってPK、これは決定機阻止としてRCで退場となり、このPKを9番AHMED HUSAIN AL HASHMIが左下隅に決めて、UAEが78分逆転となる。
更にリズムが出てきたUAEに対して、84分、15番NGUYEN NAM ANHが裏に抜けようとした2番WALEED AMBARに対して遅れて足を上げて止めに行った事で、2枚目のYCで退場、更にベトナムは一人少なくなり、9人となる。
結局、そのままUAEが勝利。

不気味なUAE
この試合に勝利した事で、UAEが1位通過、ベスト8でイラクと戦う事になった。
もし、イラクに勝てば、日本と五輪出場をかけて戦う事になる。
但し、この試合を観ていて思ったのは、ベトナムの方が良いサッカーをしていたように思える。
序盤から負傷者が増えて前半の早い段階で交代枠を使い切った事もあって、ベトナムの方が良くなった。
最終的に、ベトナムは二人が退場となって、1点を返しきれなくなったものの、ベトナムの方が勝っていてもおかしくなかった。
しかし、終わってみて勝っていたのはUAEだった。
確かに、ここぞという所で攻める事が出来ていたように思えるが、先日のオーストラリアの方が怖かったし、この試合のベトナムの方が上手かったように思える。
にも関わらず、1位通過をしたのがUAEだった。
これは、本当に油断がならないのかもしれない。もし、日本が対決する事があった時、試合の主導権を握っているが、気が付いたら負けているという事にもなりかねない。
そんな不気味さを感じさせるも、総じて言えるのは、そこまで守備が固いわけでも無く、攻撃もスピード感がある訳でもないので、普通にやれば十二分に勝てる相手だと思える。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。