2016年02月03日 [08:36]   徒然なるままに | ブログ | 徒然なるままに 

立場によって批判は異なる

さて、今年に入っては、ベッキーの不倫報道から、SMAP解散報道、そして、先日は甘利大臣(元大臣)の問題などがありました。
雑誌によってのスクープから、今やネット上で色々な情報が拡散、それについて、色々な人が色々な意見を発信できるようになりましたね。
それについて、少々思う事を。
当サイトのサブタイトルにもしている通り、批判と言うのは誰だって出来るし、誰だってしても良いと思っている。
但し、自らの発言には責任を持つべきだとは思いますし、その発言の結果についても責任は持つべきだと思っています。
だからこそ、私は自らと意見の異なる人がいたとしても、それを全面的に否定する事はしない。
人はそれぞれの経験などもあって、見え方と言うのは違うだろうし、それは、正解とか不正解とか言うものではない事でもあるだろう。

だから、今回の各種の問題報道や、その結果炎上したり、仕事が無くなったり、謝罪したり、辞任したり、そしてその行動に対して、色々な人が色々な意見を発信するというのは、別にかまわないと思っています。
その批判に関しての反論をするのも良いと思います。
その諸々が全て、間違いとか正しいとか言うものじゃないと思っている。
しかし、偶々、目にした意見の中で、気になるものがあった。
それは、相手の批判に対して、「じゃ、お前はそれをしないんだな」と言う感じのもの・・・
うーん、伝わらないな。
ぶっちゃけて言いましょう、ベッキーの不倫報道に対して、じゃぁ、批判している人に対して、お前は不倫などの問題を起こさないような人なんだなと言う反論は、果たして良いのだろうか?
確かに、先に書いたように、色々な意見がある。そこには完全に反対方向のものの見方だってあるだろう。
但し、それで相手の意見を封じようとするのはどうだろうか? いや、そもそもその意見はおかしいのではないだろうか?
ようは、批判している人の中で、不倫と言うのは悪い事だと分かっているだろう。自分がもし、不倫をした場合、それは悪い事をしたと考えているのではないだろうか?
その結果、その不倫に対して、批判する人は当たり前だが出てくる。
ただ、ようは、影響力と言うのが異なる。

例を変えてみよう。
例えば、私が万引きしたとしよう。それは犯罪であり、捕まれば、きっちりと法律によって罰せられる。もしかしたら近所の人からの目を逃れて、引っ越しをしたりもするかもしれない。
しかし、言ってしまえば、ただのサラリーマンのオッサンである私の万引き程度であれば、近所付き合いの問題や会社を辞めるとか言った所で終るだろう。
ただ、もしこの万引きをした私が、警察官だったらどうだろうか? おそらく、同じレベルの犯行であれば、法律的な罰則は同じだろう。しかし、世間的な罰と言うのは、サラリーマンのオッサンである場合と大きく異なるだろう。それこそ、新聞やニュースに取り上げられる可能性もある。
でも、それって仕方が無い事だと言える。
サラリーマンのオッサンの犯罪と警察官の犯罪、同じ罪でも、その社会に対する影響力が異なる為に、そこで発生する反響、社会的な罰則の大きさが異なるのは仕方が無いだろう。

つまりは、芸能人と言う目立つ立場にある人が、道徳的な問題を起こした場合、その人に人気があればあるほど、社会的な反響は大きくなる。
だからこそ、批判される事、批判の量などは、一般人の比ではないだろうが、批判する人が同じ間違いを犯さないという事ではなく、そこまで炎上しているのはそれだけの影響力の問題であるって事じゃないかな?
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。