2016年02月08日 [08:30]   鹿島アントラーズ | スポーツ | その他/2016 

2016年Jリーグ補強 鹿島

J1の2016年の補強状況を個人的に判断して、totoを当てよう企画(^^
今回は、王者復活の兆しを見せる鹿島。

昨季の成績
J1 5位 勝点59 34試合 18勝 5分 11敗 得点57 失点41 得失点差+16
NC 優勝
天皇杯 3回戦敗退
ACL 勝点6 6試合 2勝 0分 4敗 得点10 失点13 得失点差−3


昨季は開幕から低迷。選手起用も含めて迷走していた感もあり、ACLは強豪が相手だったとはいえ完敗。
夏場までは完全に負け越し、ついに監督交代となって、後任監督は代行を除けば、初代の宮本監督以来の日本人監督となる石井コーチを正式に監督へと昇格。
そこから、今季期限付き移籍で獲得していた金崎夢が前線で活躍をして鹿島を引っ張っていくと、チームも快進撃。
NCでは、決勝で、G大阪に快勝をして久々のタイトルを獲得、Jリーグの方も順位を上げて、流石に3位以内は届かなかったものの、好成績で終えることが出来た。
とはいえ、天皇杯では水戸にPK戦の末敗れてしまうなど、必ずしも良かった訳でもないが、それでも、そのままズルズル行くのではなく、立て直せるのが鹿島の強かさなのかもしれない。

補強状況

In
FW
高崎寛之 [ 山形/期限付き移籍期間満了により復帰 ]
垣田裕暉 [ 鹿島アントラーズユース ]
MF
三竿健斗 [ 東京V ]
永木亮太 [ 湘南 ]
平戸太貴 [ 鹿島アントラーズユース ]
田中稔也 [ 鹿島アントラーズユース ]
DF
ブエノ [ 清水 ]
町田浩樹 [ 鹿島アントラーズユース ]
GK
櫛引政敏 [ 清水/期限付き移籍 ]

Out
FW
金崎夢生 [ ポルティモネンセSC(ポルトガル)/期限付き移籍期間満了 ]
ダヴィ [ 未確定 ]
豊川雄太 [ 岡山/期限付き移籍 ]
本山雅志 [ 北九州 ]
MF
梅鉢貴秀 [ 山形/期限付き移籍 ]
DF
山村和也 [ C大阪 ]
鈴木隆雅 [ 愛媛 ]
GK
佐藤昭大 [ 熊本 ]
(2016年2月7日現在)


評価は20点と言う所、と言うか、現状維持と言う感じかな?
まずは、金崎夢が抜けた穴をどう埋めるかだろう。
昨季の途中からの好成績は、間違いなく金崎夢によってだろう。
その彼が抜ける事で、前線の攻撃力だけでなく、彼の高さによって守備でも貢献していた事もあって、金崎夢の不在は、鹿島にとって大きなマイナスになる。
高崎寛が復帰するが、やはり、金崎夢が抜けた穴を埋めるには、現行の赤崎秀だったり、更に言えば、昨季は負傷で棒に振ったジネイ、更にカイオとか言った残った選手がどこまで活躍できるかにかかってくることになる。
中盤は、既に十分な戦力があるが、やはり小笠原満の後釜を考えていく時に柴崎岳のパートナーをどうするか、梅鉢貴を期限付き移籍で出して出場機会を得ると同時に、湘南の中盤を支えてきていた永木亮を獲得した事で、柴崎岳や小笠原満に割って入る事が出来るか。
最終ラインは、正直、特にCBは今の鹿島にとって弱点とも言える所で、確かにこれからの日本のCBを支えていく植田直がいても、出場機会が無かったりするくらいではあったが、しかし、CBの部分が甘さがあった所で、ブエノを獲得。
山村和の代わりになるかもしれないが、正直、最終ラインの補強も出来たとは言い辛い。
唯一、GKだけは、曽ヶ端準が、絶対的な存在になりえなくなってきた所で、U-23選手権でゴールマウスをビックセーブで守り、優勝に貢献した櫛引政を獲得、もし彼が正GKの座を獲得したら、非常に面白い。
とはいえ、全体的に、現状の戦力で戦えるという判断もあったかもしれないが、しかし、補強と言う観点から言えば、何よりも金崎夢の穴埋めが出来ていない事も考えて、マイナス評価になるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。