2016年02月16日 [08:16]   サガン鳥栖 | スポーツ | その他/2016 

2016年Jリーグ補強 鳥栖

2016年に向けてのオフを確認してきたが、残りもわずか。
今回は、昨季11位だった鳥栖。

昨季の成績
J1 11位 勝点40 34試合 9勝 13分 12敗 得点37 失点54 得失点差-17
NC グループA5位 勝点8 6試合 2勝 2分 2敗 得点3 失点4 得失点差-1
天皇杯 ベスト8敗退


戦術豊田を脱却するために、森下監督を招聘して挑んだシーズンは、開幕直後こそ調子が良かったが、徐々に失速。
それまでの堅守速攻から、ボールを繋ぐ形で全体を上げて戦う事で、リスクが増して、これまでよりも失点が増えてしまった。
その上で、シーズン途中で豊田陽をはじめ、選手が負傷で離脱するなどして、ゴールを奪える形が無くなってしまった。
システムも色々と試しながらも、なかなか結果を出せず、浮上の気配を見出すことは出来なくなっていたが、最終的に3バックにして、それまでのリスクを冒す部分も軽減、現実的に安全策を取るようにした事で、何とか結果を出すことが出来た。
また、幸か不幸か、豊田陽が負傷離脱した事で、戦術豊田の脱却が加速して、豊田陽が復帰してきても無理に使う事を避ける事が出来た。
それが形になったのは、最終的に天皇杯で、その天皇杯ではG大阪に敗れたもののベスト8まで駒を進めた。

補強状況

In
FW
富山貴光 [ 大宮 ]
MF
楠神順平 [ C大阪 ]
中美慶哉 [ 栃木 ]
DF
藤田優人 [ 柏 ]
三丸拡 [ 筑波大学 ]
GK
辻周吾 [ ジェフユナイテッド市原・千葉U-18 ]
牲川歩見 [ 磐田/期限付き移籍 ]

Out
FW
田村亮介 [ 京都/期限付き移籍期間満了 ]
山﨑凌吾 [ 徳島/期限付き移籍 ]
菅沼実 [ 未確定 ]
MF
水沼宏太 [ FC東京 ]
藤田直之 [ 神戸 ]
DF
笹原脩平 [ 未確定 ]
GK
奥田達朗 [ 磐田 ]
藤嶋栄介 [ 千葉/期限付き移籍 ]
(2016年2月13日現在)


評価は70点。
マガト監督騒動があって、その影響か、チームの中心だった水沼宏と藤田直が移籍する事になった。
ただ、それ以外で主力の放出を抑えることが出来た。
フィッカデンティ監督が就任する事になったが、F東京の時と同じサッカーを志向してくるとしたら、昨季は崩壊気味だった守備の立て直しが出来てくる可能性はある。
そこで藤田優を獲得できているが、最終ラインに関しては、弱点だった右SBの確保が出来たと言えるだろう。
中盤で、先に書いたように主力となる水沼宏と藤田直が移籍したが、昨季の栃木で結果を出した中美慶を獲得できた事で水沼宏の穴は埋められたのではないだろうか。
完全に埋められない部分はあるが、それでも楠神順も含めて、中盤に関しては、何とかなるように思える。
そして、前線は、再び戦術豊田となりそうな雰囲気はあるが、昨季、穴埋めをしていた池田圭の出来と同時に、成長著しい鎌田大がいるので、それを活かせれば、そこまでの補強は不要だった。
その意味では、不要戦力を出すことが出来たという事も出来て、良い補強だったように思える。
因みに楽しみと言うか、面白いのは、これからリオ五輪までに、GKは林から牲川歩がポジションを奪えるのか、そして、鎌田大が更なる成長をして、U-23に割り込むことが出来るのかどうか、その辺の成長と言うのも期待したいシーズンとも言える。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。