2016年02月19日 [08:08]   ベガルタ仙台 | スポーツ | その他/2016 

2016年Jリーグ補強 B仙台

2016年のJリーグの補強を見てきましたが、今回も昇格組を外すとしたら、残り2つ。
今回はB仙台。
因みに、ソニー仙台(S仙台)がJFLに上がってきたため、仙台のチームが2チームになり、一部の表記基準に合わせて「B仙台」と今季から表現します。

昨季の成績
J1 14位 勝点35 34試合 9勝 8分 17敗 得点44 失点さ48 得失点差-4
NC グループB7位 勝点5 6試合 1勝 2分 3敗 得点6 失点8 得失点差-2
天皇杯 ベスト8敗退


昨季は、結構積極的に動いた割には、戦力低下したと思っていたのだが、蓋を開けてみれば開幕から快進撃。
序盤は好調な展開の中で、夏場までには上位をうかがえる位置につけていた。
ただ、その好調は夏場以降は一転。
負傷者が出た影響もあるだろうが、連敗をしてしまったりを繰り返してしまって、結果が出てこず、序盤の貯金を使い切る形で、順位を下げて、ただ、その貯金の影響で、残留を決めたという展開になった。
NCに関しても1勝のみでGL敗退となってしまったものの、天皇杯はベスト8まで進出をする事が出来た。
何と言うか、序盤はJリーグの調子が良い分、NCで調子が悪く、後半は、Jリーグの調子が悪い分、天皇杯で結果が出たように見えたが、偶然とはいえ、B仙台の力では二つの大会で全力をつくせるほどではないという事かもしれない。

補強状況

In
MF
三田啓貴 [ FC東京/期限付き移籍 ]
水野晃樹 [ 千葉 ]
佐々木匠 [ ベガルタ仙台ユース ]
椎橋慧也 [ 市立船橋高校 ]
差波優人 [ 明治大学 ]
DF
平岡康裕 [ 清水/期限付き移籍 ]
大岩一貴 [ 千葉 ]
小島雅也 [ ベガルタ仙台ユース ]
常田克人 [ 青森山田高校 ]

Out
FW
山本大貴 [ 松本 ]
MF
武井択也 [ 松本 ]
DF
鎌田次郎 [ 柏 ]
多々良敦斗 [ 千葉 ]
上本大海 [ 長崎 ]
村上和弘 [ 引退 ]
GK
シュミット・ダニエル [ 松本/期限付き移籍 ]
(2016年2月15日現在)


おい、FWの補強はどうした!
という事で、評価は40点という所かな。
確かに、ウイルソンが負傷欠場だったという事があったから、彼が復活すればという事があるのかもしれないし、B仙台の得点力に関して言えば、総得点44点と言うのは決して悪い成績ではない。
それを踏まえて言えば、現状で、残留を目指す為には、補強が不要だという判断もありえるかもしれない。
しかし、これは当たり前の話と言うべきか、全体が前に進んでいる中で、足踏みすれば、それは後退と同義。
他のチームも残留を目指して、力を上げていく事を考えているとすれば、B仙台がそのままであれば後退と同じ、だからこそ、現状維持は評価としては40点としていた。
その上で、三田啓と平岡康の獲得は大きなプラスではあるだろう。
中盤でのパスの繋ぎも出来る三田啓は、F東京で運動量とバランス感覚を身につけてきて、成長してきているだけに、大きなプラスになるし、清水から獲得した平岡康に関して言えば、清水の守備の要でもあって、今季の清水の降格の要因となった失点の多さは、彼の不在も大きかったとしたら、それを獲得した事は意味がある。
とはいえ、鎌田次と上本大が抜けた穴埋めになるかと言えば、評価が分かれる所だろう。
総じて言えるのは、穴埋めの部分が出来ているとしたら、大きなマイナスにはならないが、大きなプラスにもならないという所でしょうかね。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。