2016年03月03日 [09:16]   FC町田ゼルビア | スポーツ | Jリーグ/2016 

J2/2016 第1節 町田 vs C大阪

2016年のシーズン開始、J2の第1節。
昨季はJ3で2位、大分との入れ替え戦に勝って、J2に戻ってきた町田。
昨季はJ2で4位ながら、3位福岡に大きく水をあけられ、結果POでも敗れたC大阪。
C大阪は今季こその昇格に向けて、昇格直後の町田相手に勝たないといけない試合。

Jリーグ2016 Division2 第1節
町田市立陸上競技場/10,112人
町田 0-1 C大阪
(C大阪) 山村和也(71分)
ホーム町田のスタメンは、21 髙原寿康、2 星野悟、5 深津康太、3 畠中槙之輔、10 土岐田洸平、6 李漢宰、29 森村昂太、17 鈴木崇文、8 谷澤達也、30 中島裕希、9 鈴木孝司の4-2-2-2。
アウェーC大阪のスタメンは、21 キム・ジンヒョン、15 松田陸、3 茂庭照幸、23 山下達也、14 丸橋祐介、24 山村和也、6 ソウザ、9 杉本健勇、8 柿谷曜一朗、10 ブルーノ・メネゲウ、11 リカルド・サントスの4-2-3-1。

C大阪が勝利
立ち上がりから、C大阪が攻勢を仕掛けると、決定的なシーンを作り出すが、町田のGK高原寿の好セーブに阻まれる。
ただ、C大阪が序盤のチャンスを活かせないと、町田のスピードが上がってきて、中盤から縦のスルーパスが効果的に出てきて、決定機を作り出すが、こちらも、GKのキム・ジンヒョンの好セーブで止める。
前半は完全に町田がペースを握って攻めるも点が取れないと、後半の立ち上がりは再びC大阪が押し返す。
お互いに決定機があったが、ゴールを奪えない中で、71分、C大阪は右CKからブルーノ・メネゲウがピンポイントで入れたボールを、山村和がDFに競り勝ってヘディングシュートを決めて先制点を奪う。
先制した後もC大阪が攻めるものの、しかし、町田も追加点は許さず、更に早いパス回しを活かしてC大阪に対して攻め込んで行く。
結局、町田の攻撃はC大阪からゴールを奪う事は出来ず、試合終了。

互角の戦い
立ち上がりこそC大阪が優勢に試合を進め、何度となくチャンスを作り出したが、決定的なシーンもGKの高原寿の好セーブに阻まれてゴールを奪う事が出来なかった。
しかし、C大阪が攻めきれなかった所で、町田がリズムを掴むと、圧倒的に町田が優勢になった。
何度となくC大阪に攻め込み、惜しいシーンを作り出すが、こちらもGKのキム・ジンヒョンの好セーブに阻まれる。
どちらも、なかなかゴールを奪えない中で、C大阪が後半に入ると何とか立て直して、互角の試合展開。
どちらが勝ってもおかしくない試合ではあったが、最終的にセットプレーからC大阪が勝利を決めた。
ただ、優勝を目指すC大阪相手に、昇格してきた町田が互角以上に戦い抜いたという事は、町田の自信になるだろう。

決め切れなかった鈴木孝司
先に書いたように序盤こそC大阪ペースだったが、途中から完全に町田ペースだった。
ボールをもったら常にゴールを目指す町田のサッカーは、シンプルであるが、非常に面白かった。
そして、そこから裏を狙い続ける鈴木孝にスルーパスを通して、決定機を作り出す。
チームとして、鈴木孝を活かしていくというのは狙い通りであるだろうが、そこで何度となくあった決定機を決め切れなかった事、それが、町田の敗因であったと言えるだろう。
J2、更にはJ1レベルになって勝っていくためには、特に町田のようなチームが勝ち上がって行くためには、どれだけの決定機をものに出来るのかと言うのが鍵になってくる。
だからこそ、鈴木孝の出来は、町田の成績に直結する可能性が高くなってきそうだ。

バラバラ
正直、この試合C大阪は勝ったものの、サッカーとしては町田の方が良かった。
スタメン11人の内、7人、GKとCB、そして左SBの4人以外のメンバーが全員、今季加入したメンバーであり、まだまだ、連動できているとは言えない。
前線の選手の動きが合わず、ボールを持っていても決定機を作り切れなかったのだが、それ以上に不安材料になったのは、やはりCHのコンビだろう。
サッカーにおいて、CHと言うのは前線と最終ラインを繋ぐポイントであり、攻守両面での最も重要なポイントになる。
だからこそ、そこの出来はサッカーの出来を大きく左右する事があるのだが、この試合では、山村和とソウザのコンビであったが、全く噛み合っていなかった。
その結果、町田の攻撃に対して全く守備が機能せず、簡単にスルーパスを許してしまっていた。
優勝を目指す為に、戦力アップと言うのは必要になるが、ここまで大きく入れ替えた弊害は出てきている。ここから先の長丁場となる中で、チームを作り上げていく事になるが、どれだけ早くチームが出来上がるのか。
とはいえ、そういう状態でありながら勝利をおさめる事が出来たのは、良かったと言えるだろう。
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。