2016年03月07日 [09:08]   R-1ぐらんぷり | お笑い | 徒然なるままに 

R-1ぐらんぷり2016

さて、2016年のお笑い最初の大会となるR-1ぐらんぷり。
ピン芸人No.1、一人芸No.1を決める大会で、それだけに、幅広いジャンルが出てくる。
今年最初の一発芸人は誰か?(^^
今回も昨年と同様に、敗者復活が3人あり。
グループを3つに分けて、上位一人が勝ち上がって、ファイナルステージへと行く。
その出場メンバーとブロックは。

Aブロック
エハラマサヒロ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京) ニクい笑顔のエンターテイナー 2年連続4回目
小島よしお(サンミュージックプロダクション) 進化をやめない肉体派 初
シャンプーハットこいで(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪) 規格外の絵心芸人 初
(復活ステージ3位)

Bブロック
ハリウッドザコシショウ(SMA) ルール無用のお笑い超人 初(ノーシード)
おいでやす小田(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪) 関西発!びっくり劇場 初
横澤夏子(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京) おもしろガールズコレクション 初
(復活ステージ2位)

Cブロック
厚切りジェイソン(ワタナベエンターテインメント) Why! Japanese people! 2年連続2回目
ゆりやんレトリィバァ(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 大阪) リズミカルぽっちゃりクイーン 2年連続2回目
とにかく明るい安村(よしもとクリエイティブ・エージェンシー 東京) 「安心してください、着てますよ」 2年連続2回目
(復活ステージ1位)


偏りましたねぇ。
Cブロックは全員2年連続2回目であれば、Bブロックは全員初出場。
ま、ピン芸の場合は非常に人が多いですからね、そうなるとどうしても、初出場が増えてくるのかもしれませんねぇ。
さて、司会と審査員はこちら。

司会 雨上がり決死隊、加藤綾子
審査員 関根勤、ヒロミ、清水ミチコ、板尾創路、間寛平


司会者は、6年連続同じ。
審査員は、文枝師匠は、ま、色々ありましたからね、外れて代わりが間寛平となったという所か?
また、勝俣から清水ミチコに戻って、キャイーンの天野からヒロミになったが、一人芸は幅が広いから、それぞれの好みに大きく影響される部分があって、それが、勝敗にどう影響しますかね。
個人的に投票した芸人に○をつけていきます。



Aグループ
エハラマサヒロ ○7
最近、見かける歌に合わせてネタをするパターンですが、流石ですね。
しかし、こんなプロデューサーは本当にいるんでしょうかね、3回目、何が変わったんだろう?

小島よしお 11
最後はいつも通りですが、本当に色々考えますねぇ。
しかも、上手くその人形の仕組みを活かしている所とか、頭の良い所を見せていますね。いや、バカですけど。

シャンプーハットこいで 2
正直、ネタについていけなかった。
シュールと言うか、何と言うか・・・分からなかった・・・。

サンシャイン池崎 1
もう年かなぁ、この勢いについていけない。
ま、面白くなかったかと言えば・・・面白かったか?



Bブロック
ハリウッドザコシショウ 15
これも勢いはあるのは分かるが、何だろう、これは評価が出来ないなぁ。
というか、これって、お笑い芸か?

おいでやす小田 2
何か漸く普通にネタが出てきた感じがしますね。
ただ、ネタの中身じゃないけども、直近のネタが連続して、あぁだったから、普通なのが、良いなぁって気がしてしまいますね。

横澤夏子 3
ウザッ。ただ、順番に助けられた感がするなぁ。
ネタらしいネタと言うのが、新鮮に感じるのって、どうなんでしょうねぇ。

ルシファー吉岡 ○1
こういうネタは結構好きかもねぇ。
何と言うか、スタートで場が荒れましたが、最終的に落ち着いた感がありますね。



Cブロック
厚切りジェイソン 5
漢字からことわざに変わったが、結局ネタとしては同じですね。
因みに、蛙の子は蛙なのは、見た目は違っても結局、最後は同じだから選ばれているんだった筈。

ゆりやんレトリィバァ 8
何と言うか、今回、これが初の音楽ネタ? 音楽ネタ?
動けるデブはそれだけで面白いのだが、ネタ的には、昨年の方が面白かったかなぁ。

とにかく明るい安村 4
このネタ、フルバージョンは初めてでしたが、明らかにジャムじゃねぇか。
他にも、かえって文字数が増えているものがあったりと、無茶苦茶ですねぇ。

マツモトクラブ ○4
カラオケ店は出会ってねぇだろ!
しかし、最後良い話で終らせるのかよ。



ファイナルステージ
小島よしお ○4
同じネタ持ってくるかぁ。メンタルが強いねぇ。

ハリウッドザコシショウ 16
やっぱり、ついていけないなぁ。無理矢理持っていこうとするのは分かるが、どちらかと言うと呆気にとられているだけでしたね。

ゆりやんレトリィバァ 1
・・・意味が分からなかった・・・



ハリウッドザコシショウ優勝おめでとう!
ただ、今回ほど、結果についていけなかった大会は初めてですね。
私の判断が正しいとは言わない、実際に、他の視聴者投票との結果とも異なっているので、また、面白ければ良いと言えるかもしれないが・・・
例えば、最近、良く見掛ける永野とかも、個人的には面白いとは思えていないんですよね。
何と言うか、芸じゃないんじゃないかって気がしてしまう。
勢いだけですからね。そうなると、それこそ一発芸で終ってしまう気がする。
何とか、ハリウッドザコシショウには、年末までもって欲しいとは思いますが、今回のファイナルステージの3組の内、未だに粘っている小島よしおを除いて、お笑い芸人として生きていけるのかって疑問が出てきますね。
ま、一花咲かせたという符にも言えますが・・・折角、優勝したのに、そこで終りではね。
これ以上の何かが出てくるかどうかですが、トーク番組とかいけるのか?
関連記事

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 
名無し及び発言のたびにHNを変える(固定名を使わない)、元の記事に関係の無いコメントなど一般的なマナー違反が発覚した場合、もしくは、公衆良俗に反するような記述など、管理人の判断で、記入者の了解を得ず、一方的に削除いたします。

    部下D

    Author:部下D
    「闇を○くもの」「狂える○竜」などの二つ名をもつも、著作け…大人の事情で名前をぼかしている小心者の中間管理職員。
    一応魔王らしく、世の中を斜めに、皮肉に批評します。